Now Loading...

おまっと牛乳に世界一濃い抹茶!?中部地方の人気ジェラート5選

おまっと牛乳に世界一濃い抹茶!?中部地方の人気ジェラート5選

\8月27日はジェラートの日!/
記念日になった由来は、オードリー・ヘプバーンが美味しそうにジェラートを食べていた映画「ローマの休日」の公開日が8月27日だったからだそうです。

ちょうど残暑厳しいこの時期は、冷たいスイーツが欠かせませんよね。
そこでジェラートの日に向けて、日本各地でご当地素材を使って人気になっている美味しいジェラートとその地域のお祭りをご紹介していきます。

こちらの記事では中部地方から5つの人気ジェラートをピックアップしました。ぜひご覧ください!

No.7の濃さは世界一!濃い抹茶ジェラート

まず紹介するのは、お茶どころ静岡県にある「ななや」の「濃い抹茶ジェラート」。藤枝の高級抹茶をふんだんに使用した豊かな香りと、その名の通り濃い味わいが特徴です。

美味しさの秘密は、自家製ジェラート工房の隣に併設された、本格石臼挽き抹茶工場です。毎日挽きたての抹茶が生産され、挽きたての香り豊かな原料を、すぐに製品化。フレッシュな抹茶の香りをジェラートの中に閉じ込めています。

抹茶ジェラートの濃さはNo.1~7まで全部で7段階に分かれており、好みに合わせたフレーバーを楽しめます。No.1で市販のリッチタイプの抹茶と同等の濃さで、No.7は「ここまで抹茶が入ったジェラートは世界中どこにもない!」というほどの究極の濃い味だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

のぞみん(@naganonozomi)がシェアした投稿

生乳が濃くて甘~い「おまっと牛乳」ジェラート

「おまっと牛乳」は丹精こめて育てた乳牛の生乳から、良質のものだけを厳選して届けるこだわりの牛乳です。
低温殺菌の処理を施すことで、カルシウムやたんぱく質の熱による変化を最小限に抑えつつ、牛乳本来の風味を活かしています。

おまっと牛乳ジェラートは、そんなおまっと牛乳を使った、甘くて濃い味わいが特徴です。石川県白山市の松任地域の酪農家らでつくる乳製品加工販売所「牛乳村夢番地」が作っていて、地元産のとうがらし「剣崎なんば」やブルーベリーなどを使った10種類ほどのフレーバーが楽しめます。

春などには期間限定のさくらフレーバーも販売され、口に入れるとほんのりと桜の香りが広がります。また、夏には市内産のトマトやトウモロコシを使った限定フレーバーが登場することも。石川を訪れたときには、ぜひ立ち寄って味わってみたいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

金沢ラボ!(@kanazawalabo)がシェアした投稿

果樹園のもぎたて果実を惜しみなくジェラートに

長野県中野市で13代続く果樹園「マサノリ園」。軽井沢のジェラート店「ジェラテリアフルッティ」は、そんなマサノリ園が完熟果実を使って、日本の季節感を伝えるために開いたお店だそうです。

土壌からこだわり、手間ひまかけて育てられた果実を惜しみなく使ったジェラートは、素材本来の味わいを楽しめます。フレーバーには余分な甘みを加えない、桃やシャインマスカットなどの旬のフレーバーは、想像をはるかに超えるほどフルーティー。一度食べるとやみつきになること間違いナシです。

他にもりんごやアンズ、巨峰を使ったラムレーズンやイチゴなど店内で作られるジェラートのフレーバーは10~18種類ほど。ジェラートが専用の保冷ケースでテイクアウトできることも嬉しいポイントです。お出かけの際はもちろん、お土産にもぴったりですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitomi(@hitominmin81)がシェアした投稿

特産の自然薯を使ったヘルシージェラート

陰陽師・安倍晴明の子孫が暮らしたゆかりの地としても有名な福井県おおい町の名田庄。道の駅名田庄では、地元のとれたて野菜や名田庄漬をはじめ、福井県内の特産品を購入することができます。

中でも特産の自然薯(じねんじょ)は、高品質で栄養価がとても高く滋養強壮にも効果的。お出汁でひいて丼物にしたり、すり下ろしてふわふわなメレンゲのようにたっぷりお蕎麦にのせたりして親しまれています。そんな自然薯を使ったここにしかないユニークなメニューが「自然薯ジェラート」です。

ミルクたっぷりのジェラートに自然薯パウダーを練り込み、少し控えめな甘さが特徴。この土地ならではのレアジェラートは、夏バテも吹き飛ばしてくれそうです。

富山の恵みを凝縮したフレッシュジェラート

富山市にある「ジェラテリアVoce」では、富山県産牛乳を100%使用したジェラートを提供しています。

果物などの素材も地産地消と安心安全にこだわり、店主さん自ら農家さんへ出向き、自分で食べてみて本当に良いと思ったものだけを選んでいるのだそうです。信頼できる生産者さんから仕入れた素材は、輸送時間もかからず、新鮮なうちにジェラートに使用できます。

ラインナップも豊富で、その数はなんと10種類以上。マルセイユメロン、桃、梨、トマトのほか、富山棒茶や富山の地酒の酒粕ジェラートなども!一番人気のフレッシュミルクは、牛乳本来の深い味わいが楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

コレドコ TOYAMA(@freenavitoyama)がシェアした投稿

富山といえば幻想的な美しい祭り「おわら風の盆」

今回ご紹介した「ジェラテリアVoce」がある富山県といえば、言わずと知れた伝統の祭り「おわら風の盆」の開催地です。

三味線と胡弓が鳴らすわびさびのある音色に、編笠を深く被った踊り手の姿、そして日本情緒あふれる歴史ある街並みが相まって、幻想的な風景を生み出します。

毎年9月1日~9月3日にかけて開催されているこのお祭りですが、2021年は新型コロナウイルス蔓延の影響で残念ながら中止が決定されてしまいました。
来年は無事に開催されることを願いつつ、コロナウイルスの終息のために感染予防を心がけていきましょう。

おわら風の盆ってどんなお祭り?詳しくはこちら!

祭り開催情報

名称 【2021年開催中止】おわら風の盆
開催場所 富山県富山市八尾町
開催日 2020年9月1日(火)~2020年9月3日(木)
アクセス JR高山本線越中八尾駅から徒歩40分(八尾小学校グラウンド演舞場)
関連サイト http://www.yatsuo.net/kazenobon/guide...
https://www.mapple.net/spot/16000359/
オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事