Now Loading...

石川県無形文化財【御陣乗太鼓・無料実演】が 2021年6月19日(土)よりリスタート!

石川県無形文化財【御陣乗太鼓・無料実演】が 2021年6月19日(土)よりリスタート!

石川県輪島市の観光施設「輪島キリコ会館」では、石川緊急事態宣言解除により2021年6月19日(土)から「御陣乗太鼓・無料実演」がリスタートする。

石川県無形文化財・御陣乗太鼓とは

◆石川県無形文化財

御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)は、輪島市の名舟町でのみ伝承される陣太鼓である。

◆御陣乗太鼓のいわれ

天正4年(西暦1576年)、現在の珠洲市三崎町に上陸した上杉勢は、各地を平定し天正5年、破竹の勢いで名舟村へ押し寄せて来た。武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌で打ち向かったがさんざんな負け戦だった。そんな時、村の古老の指図に従い、樹の皮をもって仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ちならしつつ、上杉勢に逆襲し、戦いを勝利に導いたといわれている。

この戦勝は舳倉島の奥津姫神の御神威によるものとし、毎年、奥津姫神社の大祭(名舟大祭・7月31日夜から8月1日)に仮面を被り、太鼓を打ち鳴らしながら、神輿渡御の先駆をつとめ、氏神への感謝を捧げる習わしとなって現在に至る。

始めはゆっくり、次にやや早く、最後はもっとも早く、即ち『序・破・急』の三段で打ち切り、各自が自由な形で見えを切り、面に応じ、個性を生かした芸を入れるのが御陣乗太鼓の見どころであり、聞きどころである。

闇夜の中の陣太鼓とその背景のキリコとのコラボレーションを楽しむことができる。

開催概要

会場:輪島キリコ会館 もてなし広場 ※荒天時は輪島キリコ会館内
時間:20時30分~20時50分
期間:2021年10月31日(日)までの土日、7~9月のほぼ毎日
輪島キリコ会館公式サイト:https://wajima-kiriko.com/
※開催日は記事内の画像か、輪島キリコ会館公式サイトで確認

◆感染予防対策

感染症予防対策として、来場者には下記の協力を要請する

・密になるのを避けるため、ござやイスの間隔を空けて鑑賞
・消毒液の使用による手指消毒
・実演終了後の写真撮影サービスの中止
・入退場時など、人と人との距離をとるような配慮
・マスクの着用

◆施設概要

施設名 : 輪島キリコ会館
所在地 : 石川県輪島市マリンタウン6番1
施設内容: 祭りの国、能登。なかでもキリコと呼ばれる大きな奉燈(御神燈)を氏子たちがかつぎ出すキリコ祭りは、能登を代表する華麗でエネルギッシュな祭りである。館内には祭り囃子(まつりばやし)が流れ、いながらにしてキリコ祭りの雰囲気が楽しめる。
営業時間: 9時~17時
アクセス: JR 東京から北陸新幹線金沢 約2時間30分
大阪から金沢 約2時間40分
名古屋から金沢 約3時間
特急バス 金沢から輪島 約2時間20分
飛行機 羽田からのと里山空港 約1時間
車 のと里山空港から輪島 約20分

輪島キリコ会館公式サイト: https://wajima-kiriko.com/

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事