Now Loading...

ほっともっとのうな重を食べてみた!弁当屋のうなぎの実力は?

ほっともっとのうな重を食べてみた!弁当屋のうなぎの実力は?

2020年は土用の丑の日が2回!7/21の一の丑に続いて8/2の二の丑があります。そして土用の丑の日と言えば欠かせないのがやはり「うなぎ」!
こちらの記事では、ほっともっとの「うな重」にスポットをあててご紹介します。価格は790円(税込)ですが、その実力はいかに?

2021年版はこちら↓↓↓

【2021年版】ほっともっとはご飯も絶品!うなぎもご飯もふっくら・タレだくが好きな人集まれ~!

食感しっかりな肉厚のうなぎ!

ふたを開けると、厚みを感じさせるうなぎが3切れ中央に鎮座しています。食感はしっかり目ですが、小骨もなく食べやすいうなぎでした。ごはんもしっかり一食分が入っていますので、790円(税込)でしっかりとうなぎを堪能できる満足感があります。

ほっともっとのうな重 790円(税込)ほっともっとのうな重 790円(税込)

ほっともっとのうなぎはいちど白焼きしたものを店舗で注文が入ったあとにもう一度焼いているとのことです。

タレが別になっているのも特徴。好みの量をかけて食べることができます。

タレをかける前タレをかける前

タレをかけたあとタレをかけたあと

もっとうなぎを味わいたい方には「Wうな重」 1,380円(税込)も用意されています。

◎SNSでも話題に!

SNSでも土用の丑の日を中心に、ほっともっとのうなぎを食べた投稿が続々。軒並み好評で、「Wうな重」 を食べた方も目立ちます。

まとめ

日本全国に店舗を持つ「ほっともっと」。郊外にもたくさん店舗があり、比較的手に入りやすいのも特徴です。運転の途中や公園でのランチでも気軽に手を出せるお値段のうなぎ。土用の丑の日はもちろんですが、夏のパワーメニューとしてもおすすめです。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事