Now Loading...

カロリーは気にするな!東京のご当地パン第二弾と、新宿花園神社の「大酉祭」

カロリーは気にするな!東京のご当地パン第二弾と、新宿花園神社の「大酉祭」

こんにちは。食いしん坊ライターのカワグチです。空が澄み清々しい頃となりましたが、読者諸兄姉におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。この記事では、東京のご当地パン第二弾として、新宿中村屋さんの「元祖クリームパン」と「新宿カレーパン」の実食レポートをお届けします。あわせて、東京の新宿にある花園神社で11月に開催予定の「大酉祭(酉の市)」についてご紹介します。

新宿中村屋の「クリームパン」と「カレーパン」

今や全国で販売されている「あんパン」「カレーパン」「クリームパン」は、いずれも東京が発祥の地。給食で大人気の「揚げパン」も、大田区の小学校に勤務していた給食担当の職員が考案したと言われています。これらのパンは、東京のご当地パンと言ってもいいでしょう。

「クリームパン」の起源は、シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者相馬愛蔵・黒光夫妻が、このクリームをあんぱんの餡のかわりに用いたらと考えたのが始まり。明治37年(1904年)に、店に出してみると大好評だったそうです。

「カレーパン」が誕生したのは昭和初期。起源については諸説ありますが、深川常盤町の「名花堂(現・カトレア)」が発売した「洋食パン」が元祖と言われることが多いようです。その他にも、東京都練馬区の「デンマークブロート(現・デンマークベーカリー)」で販売された「カレーサンド」、そして今回ご紹介する新宿中村屋によって発明されたという説も存在します。

\\\ 東京のご当地パン第一弾の記事はこちら ///

元祖クリームパン

●元祖クリームパン:216円(税込・テイクアウト)

現在のクリームパンは写真のようにグローブ型をしていますが、発売当時は柏餅のような型をしていたそうです。グローブ型になった原因は定かではありませんが、あんぱんやジャムパン、クリームパンのような中身に「あん」を詰めたパンは、発酵段階で中に空洞が生じてしまうため、空気抜きとして切れ目をいれたためと言われています。

実際に手に取ってみると、ふわふわでとても柔らかいパン。口に入れると同時に、クリームとパン生地がいっしょに溶けていくような感覚です。クリームに見える黒い粒はバニラ由来のもの。お味の方は、卵と牛乳の優しくて素朴ながらリッチな味わい。洋菓子屋さんのなめらかなプリンを想像していただくとわかりやすいかと思います。

新宿カリーパン

●新宿カリーパン:324円(税込・テイクアウト)

インドの独立運動をしていたラス・ビハリ・ボースにより伝えられた、本場の「純インドカレー」を元に開発されたと言われるカレーパン。表面はカリカリに揚げられており、ほのかに包み込むバニラのような甘い香りが食欲をそそります。

パンは歯ごたえのある食感。ペースト状のカレーには、鶏肉がゴロゴロと入っているため食べ応えあり。辛さは見た目よりもマイルドで、食べたあとにほんのりと舌から辛さが湧いてきます。油で揚げたパンですが、不思議としつこくなく軽い口当たりとなっているところも、中高年の男性には嬉しいところです。オーブントースターで温めると、さらに美味しくいただけますよ。

毎年11月の酉の日に開催。花園神社の酉の市

花園神社酉の市

中村屋さんが店舗を構える新宿の鎮守様といえば花園神社。その花園神社で開催される「酉の市」が始まったのは明治時代。大鳥神社(現在は本殿に合祀)の祭神である日本武尊のご命日である11月の酉の日に行われるようになりました。現在においても商売繁盛の縁起熊手を売る露天商の賑やかな掛け声と威勢よい手締めは、年末を迎える街に欠かせない風物詩となっています。

毎年60万人もの参拝者が訪れる「酉の市」の日は、花園神社名物の見世物小屋(パフォーマンスショー)を観るチャンス。見世物小屋は、前夜祭・本祭ともに開催され、概ね午後4時から深夜の1時過ぎまで公演を行っています。入退場は自由という点から、「酉の市」のスケジュールも融通が利きますね。

もちろん、お好み焼きやバナナチョコなどのお祭りグルメの定番屋台も出店しますよ。

令和4年(2022年)の予定
一の酉 前夜祭・11月3日(木) / 本祭・4日(金)
二の酉 前夜祭・11月15日(火) / 本祭・16日(水)
三の酉 前夜祭・11月27日(日) / 本祭・28日(月)

花園神社
160-0022 東京都新宿区新宿5-17-3
JR線「新宿駅」東口 徒歩7分


まとめ

この記事では、東京のご当地パンとして新宿に店舗を構える中村屋さんの「元祖クリームパン」と「新宿カレーパン」と、同じく新宿に鎮座する花園神社の「大酉祭(酉の市)」についてご紹介しました。食欲の秋、カロリーを気にせず美味しいパンとお祭りグルメに舌鼓を打ちませんか。最後までご覧いただきありがとうございました。

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 花園神社大酉祭
開催場所 東京都新宿区新宿5-17-3
花園神社
開催日 2022年11月3日(木)、2022年11月4日(金)、2022年11月15日(火)、2022年11月16日(水)、2022年11月27日(日) 他
主催者 花園神社
アクセス ・鉄道:東京メトロ又は都営地下鉄「新宿三丁目駅」下車し、徒歩約5分
JR、小田急、京王「新宿駅」下車し東口より徒歩約8分
関連サイト http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/pa...
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/cm...
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事