Now Loading...

お花見といえば桜餅!関東と関西で違うの?葉っぱは食べる派or食べない派?

お花見といえば桜餅!関東と関西で違うの?葉っぱは食べる派or食べない派?

お花見に欠かせないものは、おいしいスイーツですよね。特に三色団子や桜餅は定番です。そんな桜餅ですが、実は2種類あることをご存じでしょうか。それは関東風と関西風です。
この記事では、桜餅とはそもそも何なのか、また関東風と関西風の桜餅の違いについて紹介します。

桜餅ってなに?

さくらもち

桜餅とは、塩漬けした桜の葉っぱでピンク色のお餅を包んだ和菓子の一種。
江戸時代(1717年)に、長命寺の門番であった山本新六が、隅田川の桜の葉が大量に落ちるのを見て「この桜の葉を何かに利用できないか」と考えました。それから、桜の葉を塩漬けにして餅を包んで、それを墓参りに来た人に振舞ったことが、桜餅が世に広まった始まりとされています。

桜餅には関東風と関西風があるって知ってた?

桜餅は、関東と関西で違いがあります。それぞれ発祥のルーツが異なり、その発祥地を中心に徐々に日本全国へと広がっていきました。それでは、「関東風」「関西風」それぞれの特徴について紹介しましょう。

関東風の桜餅とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんこおもい(@ankoomoi)がシェアした投稿


関東風は、小麦粉などを薄く焼いた生地であんこを包んだ、クレープ状のお餅が特徴です。

関東風の桜餅は別名、長命寺餅(ちょうめいじもち)とも呼ばれています。東京の隅田川沿いにある長命寺というお寺が発祥の地で、名前の由来になってます。

関西風の桜餅とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

つるや本舗(@tsuruya.sanuki)がシェアした投稿


関西風の桜餅は、1800年代に江戸で人気のあった関東風の桜餅を参考に発案されました。道明寺粉を蒸してその生地であんこを包んだ、まんじゅう状のお餅です。

また、関西風の桜餅にも別名があり、道明寺餅(どうみょうじもち)とも呼ばれていますが、の由来には諸説あります。大阪の道明寺というお寺で作られた、米を蒸して乾燥させた保存食「糒(ほしい)」を挽いて粉にしたものを、「道明寺粉」と呼ぶようになりました。それを使って作った餅が「道明寺」と呼ばれるようになったそうです。

桜餅の葉っぱは食べる派?食べない派?

「桜餅の葉っぱって食べられるの?」と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、桜餅の葉っぱは食べられるのか解説します。

桜餅の葉っぱは食べられるの?

桜餅の葉っぱは食用であるため、食べることができます。
しかし、桜餅を食べる上で葉っぱを食べるか食べないかは、特に決まりはありません。一緒に食べることで、葉っぱの塩味が餡や餅の甘さを引き立ててくれますが、食べなくてもマナー違反にはならないので、葉っぱを食べない派のみなさんもご安心ください。

食べすぎには注意!?

桜餅の葉っぱには「クマリン」という成分が含まれており、大量摂取すると肝臓障害を起こすといわれています。桜餅の葉っぱを食べる程度では、人体に害を及ぼすことはありませんが、食べすぎには注意しましょう。

桜まつりの紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naomi(@na_na.0327)がシェアした投稿

3月14日、東京の桜は平年より10日も早い開花となりました!数多くある東京の桜スポットの中から、今回ご紹介するのは、江戸時代からお花見の名所として知られ人気のある上野恩賜公園。

ソメイヨシノなど50種、約800本の桜を観賞することができます。また、3月24日~26日の期間で、「うえの桜フェスタ2023」が行われ、秋田竿燈まつりや音楽イベントなどを楽しむこともできます。

今年は数年ぶりの「自粛要請のない」お花見シーズン。ゴザやブルーシートを敷いてのお花見を楽しめそうですね!
詳しくは上野観光連盟公式サイトをご確認ください。

まとめ

春を代表する和菓子「桜餅」について紹介しました。桜餅は知っていたけど、地域で作り方が違うことやルーツ・歴史について知っている方は少ないはずです。桜の木の下で歴史を感じながら食べる桜餅は、あなたの心をより一層豊かにしてくれるでしょう。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事