Now Loading...

相馬野馬追ってどんなお祭り?2021年は限定オリジナルTシャツの販売も!

相馬野馬追ってどんなお祭り?2021年は限定オリジナルTシャツの販売も!

毎年7月下旬、福島県南相馬市を中心とした相双地方において騎馬武者による勇壮な甲冑競馬や神旗を取り合う騎馬戦が楽しめる「相馬野馬追」が開催されます。この記事では1000年以上続くこの祭りの魅力や楽しみ方をご紹介します。

相馬野馬追とは?

そもそも相馬野馬追とはどんなオマツリなんでしょうか?
相馬野馬追とは、福島県の相双地方で1000年以上続く由緒正しい祭りです。
その起源は、相馬氏の遠祖である平将門が野生馬を放し、敵兵に見立てた軍事演習が原型なんだとか。
鎌倉幕府成立後、軍事演習は禁止されるのですが「あくまで神事」という形で存続したそうです。

相馬野馬追は3日間の期間中に、宵乗り(1日目)、本祭り(2日目)、野間懸(最終日)が開催されます。

観光客に人気の本祭りでは、実際に甲冑を着た武者が行進する(御行列)、武具をつけたまま古式競馬を行い(甲冑競馬)、数百騎の騎馬が神旗を取り合う騎馬戦(神旗争奪戦)がくり広げられます。

■日程:例年7月最終土曜日、日曜日、月曜日の3日間
■場所:福島県南相馬市原町区内 雲雀ヶ原祭場地(ひばりがはらさいじょうち)他
■交通:東京駅→東北新幹線(やまびこ・はやて約2時間)→仙台駅→常磐線・原ノ町駅
http://soma-nomaoi.jp/

厳選!相馬野馬追の3つの見所!

3日間にわたり開催される相馬野馬追の中でも特に注目したいのは、「御行列」「甲冑競馬」「神旗争奪戦」「野馬懸」です。

「御行列」は、その名の通り、400騎近い騎馬武者と妙見3社の御神輿が威風堂々街中を行列します。

「神旗争奪戦」は、雲雀ヶ原祭場地に集結した数百の騎馬武者が、打ち上げられた御神旗を目指し、我先にと駆けだし、舞い降りてくる旗を空中で掴み取る行事です。

「野馬懸」は、現在伝わる相馬野馬追の中で最も古来の形を残した行事であり、絵馬の起源とも言われています。騎馬武者が荒ぶる裸馬を小高神社の境内へ追い込み、素手で捕らえ、神前に奉納します。

2021年は限定Tシャツが販売!

2021年の相馬野馬追では、面白法人カヤック×オマツリジャパンのスペシャルコラボでオリジナルTシャツが販売されます!デザインは「ポプテピピック」を手がけるクリエイティブ集団「AC部」!限定生産となっていますので、どうぞお早めに!

相馬野馬追Tシャツを購入する!

相馬野馬追Tシャツを購入する!

『着る奇祭(KISAI) 』プロジェクトとは?

全国の祭りをサポートする専門会社 株式会社オマツリジャパン(代表取締役社長:加藤 優子、所在地:東京都渋谷区、以下オマツリジャパン)と、面白くてバズるコンテンツを生み出すクリエイター集団 株式会社カヤック(代表取締役CEO:柳澤大輔、本社:神奈川県鎌倉市、以下カヤック)は共同で、”奇祭” と”奇才”がコラボレーションしたアパレルグッズを制作・販売し、売上の一部を祭り主催者に寄付する『着る奇祭(KISAI) 』プロジェクトをスタートいたします。

第一弾は、数百騎の騎馬がひしめく神旗争奪戦や甲冑競馬など、戦国絵巻さながらの光景をみることができる福島県相双地方の「相馬野馬追(そうまのまおい)」と、クセのあるキャラクターたちによって繰り広げられる独特の世界観で、中毒性の高い作品を世に送り出し続けるクリエイティブユニット「AC部」がコラボレーション。本祭りをテーマにしたTシャツ(税込5,500円)を制作し、本日より販売を開始いたします。

◆『着る奇祭(KISAI) 』プロジェクトの背景・目的・・コロナ禍で苦境に立たされる日本の祭りを次世代へ

本プロジェクトは、「祭りで日本を盛り上げる」をミッションとし、日本全国の祭りをサポートするオマツリジャパンと、地域固有の魅力を資本と捉える「地域資本主義」の考えを発信し、移住支援や地域活性化に取り組むカヤックの初共同事業です。
日本に約30万件あるとされる「祭り」は、その地域ならではの風土や風習が凝縮された文化であり、貴重な観光資源です。また地域の方にとっても地域コミュニティの基盤となっています。しかしながら、コロナ禍で日本全国の祭りは中止や規模縮小に追い込まれ、苦境に立たされています。コロナ禍を生き抜き、日本の祭りを次世代に繋ぐためにも、祭りの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと考え、本プロジェクトがスタートいたしました。
私たちが考える“奇祭”は、風変わりな祭りに限らず、その地域固有の魅力を携えた祭りを指しています。祭り好きや地元の方はもちろん、これまで祭りに触れていなかった若者にも“、 “奇才”アーティストが創り出すユニークなアパレルグッズを通じて、その祭りを知るきっかけになることを期待しています。なお、本アパレルグッズ販売による収益の一部は、祭り主催者に寄付をいたします。

<購入方法>
「着る奇祭」プロジェクトの販売サイトにて販売を行います。
販売サイト:https://omatsurishop.thebase.in/
このほか、東京都中央区にある福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE」などでも販売いたします。

販売期間:2021年7月16日(金)~(※)
(※)日本橋ふくしま館 MIDETTEでの販売は7月22日(木)〜を予定しています。
サイズ:S、M、L、XL(メンズサイズのみ)
価格:税込5,500円
色:ホワイト

<相馬野馬追執行委員会 事務局 花岡高行様 コメント>
このたびは、相馬野馬追の魅力を多くの方に伝えられる機会をいただきありがとうございます。
いま、全国のお祭り関係者の皆さんが苦労されていると思いますが、相馬野馬追もコロナの影響を大きく受けています。様々な工夫や苦労をしながら、伝統を絶やさず繋いでいけるよう、がんばっていきたいと思います。
このTシャツをきっかけに、相馬野馬追に興味を持ったり、現地で見てみたいと思う人が増えてくれたらと思いますので、ぜひ多くの方にTシャツを手に取っていただき、相馬野馬追の応援を宜しくお願いします!

<AC部コメント>
今回の『着る奇祭(KISAI) 』プロジェクトは、AC部にとってチャレンジングで、社会性のある試みでした。
祭りは、老若男女すべての人を受け入れてくれるものだと思います。
そのため、今回のTシャツも、カッコいいけど女性が着られないとか、可愛いけど男性が着られないということが無いように、着る人を選ばないものにしたいと思いました。一方で、AC部らしいインパクトのあるものにもしたい。拒絶されなさとインパクトが両立するデザインを意識して制作しました。
また、「相馬野馬追」のロゴ部分には、馬が並んでいる様子も表現しました。
コロナ禍で相次いで祭りが中止となり、疲弊する場面も多くなっていますが、このTシャツを身に着けて、すこしでも「お祭り感」を感じていただき、皆で一体となってこの困難を乗り越えていきましょう。

相馬野馬追の大迫力フォトギャラリー

ここからは相馬野馬追の魅力が伝わる写真と動画の数々をご紹介します。

出陣式

出陣式

出陣式

出陣式

御行列

甲冑競馬

神旗争奪戦

野馬懸

2021年の相馬野馬追はどのように開催される?

2021年の相馬野馬追は、「省略野馬追」の形式で開催されます。

7月24日(土)の宵乗り競馬や宵乗り軍者会、7月25日(日)のお行列や甲冑競馬、神旗争奪戦などは中止となります。

オンライン配信はこちらから

本年の相馬野馬追はオンライン配信で楽しむことができます。3日間に渡り、「出陣式」「例大祭」「上げ野馬の神事」などを含めた様々な行事をリアルタイムで放送予定です。詳しくは下記のオンライン配信ページをご覧ください。

相馬野馬追オンライン配信ページ

昨年の様子はこちら。

祭り開催情報

名称 【2021年無観客で実施(オンラインあり)】相馬野馬追
開催場所 福島県南相馬市〒975 - 0051 福島県南相馬市原町区牛来字出口206-1
雲雀ヶ原祭場地(ひばりがはらさいじょうち)
開催日 2021年7月24日(土)~2021年7月26日(月)
7月最終土曜日、日曜日、月曜日の3日間
主催者 相馬野馬追執行委員会
アクセス 【車】
常磐道 南相馬ICから車で10分

【電車】
JR「原ノ町」駅からシャトルバスで10分

※2日目のみ、市内周遊のシャトルバス(無料)が運行します。
関連サイト https://soma-nomaoi.jp/
オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事