Now Loading...

今年はおうちクリスマス!家族と一緒に豪華なホームパーティーで楽しもう!

今年はおうちクリスマス!家族と一緒に豪華なホームパーティーで楽しもう!

クリスマスマーケットや煌びやかなイルミネーションなど、ウィンターシーズンは楽しいイベントが目白押し!
ですが、今年はコロナの影響で外出自粛ムードで迎える初めてのクリスマス。

そこで今回はおうちクリスマスを楽しむおすすめのアイディアをご紹介します。

今年は家族で遠出したい気持ちを抑えつつ、さまざまな工夫をしておうちクリスマスを楽しみましょう!

グッズや飾りを買って、自宅をクリスマス仕様に!

まずは、家の中を飾り付けましょう。
定番のクリスマスツリーやガーランド、ウォールステッカーでリビング・廊下・玄関をデコレーション!
壁面をクリスマス風にアレンジすれば、部屋が一気にゴージャスな空間に早変わりします。

また、スノードームやキャンドルを置いたり、金属製のオーナメントを飾ったりするのもおすすめです。

100均などで買えるプチプラ商品でも本格的なアレンジができるので、家族みんなでアイディアを出し合って、自宅をクリスマス一色に染めてみましょう!

ウーバーイーツで子供が喜ぶクリスマスメニューは?

飾りつけの次は、メインのクリスマスディナーをチェックしていきましょう。

ウーバーイーツなどを活用すれば、お家にいながらプレミアムな食事を楽しめます。
ファミリーレストランやマクドナルド、ピザデリバリー、スイーツ専門店などさまざまな料理を注文して、お家にいるからこそできるバリエーションを楽しみましょう。

特にチキンやポテト、ピザやケーキはお子さんにも大人気です!

ファミリー映画で家族の絆を深めよう!

家族みんなで楽しめるコンテンツといえば映画ですよね。最近ではレンタルビデオ店や映画館に足を運ばなくても、インターネットで映画が観れる時代になりました。そこでここからは、動画配信サービスのネットフリックスやアマゾンプライムで配信されている、クリスマスにおすすめのファミリー映画を紹介します!

アナと雪の女王2

ディズニー映画の大ヒット作「アナと雪の女王」のシリーズ第2弾です。第1作で真実の愛によって姉妹の絆を取り戻したエルサとアナ。あれから3年の月日が経ったアレンデール王国では、アナとエルサ、そしてエルサの魔法によって生まれたオラフと共に幸せな日々を過ごしていました。

ところがある時、エルサにしか聞こえない不思議な「歌声」に導かれます。エルサはなぜ不思議な力を得たのか?
エルサは魔法の力の秘密を解き明かすため、アナとオラフと共に未知なる世界へと旅立ちます。

パディントン2

ブラウン家の一員として、幸せな生活を送っていたパディントン。
もうすぐ100歳を迎えるルーシーおばさんへの誕生日プレゼントを探していたパディントンは、骨董品屋で素敵な絵本を見つけます。

絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるものの、洗剤を頭からかぶるなど失敗しては騒動ばかり起こすパディントン。

そんな中、絵本が盗まれて一家と共に絵本の行方を追っていったパディントンはひょんなことから刑務所に収監されてしまいます。ユーモラスなクマのパディントンが主役の、英国コメディ要素満載の笑って泣ける映画です。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

物語の舞台は死者の町「ハロウィン・タウン」。その町の住人達は怖いことや人を驚かせることが大好きです。
年に一度のハロウィンを中心に回っているこの町の住人達ですが、主人公のジャックは代わり映えのしないハロウィンに少し飽き飽きしていました。

そんな中、ジャックはとあることからハロウィンとは真逆のキラキラとしてクリスマスを知ります。
ジャックは町でクリスマスを開くべく計画を練りますが、その結末は……
楽しくも少し切ない、クリスマスの物語です。

zoomで家族や友達とも楽しめる!

「友達や遠く離れた親戚とクリスマス会を開きたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。
今年はコロナの影響もあってzoomなどのオンラインビデオ電話ツールを使ってのクリスマス会が主流となるでしょう。

自分の家のクリスマスデコレーションを披露し合ったり、コスプレをして楽しむのもおすすめです。
3密になる自宅でのクリスマス会の開催をグッと堪えて、シャンパンやプレミアムなチキンを片手に、パソコン越しのホームパーティーを開催してみてはいかがでしょうか?

まとめ

コロナ禍で迎える初めてのクリスマス。従来のクリスマスのように、行きたいところに行けなかったり、友達と集まったりできなくなってしまいそうです。

ですが、アイデア次第で自宅でのクリスマスを盛り上げられます。

ぜひ新しい生活様式を心掛けた過ごし方で、ワクワクとドキドキのおうちクリスマスを楽しんでみてくださいね。

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事