Now Loading...

1月15日は苺の日♪ローソンの新作いちごスイーツがスゴイ!おすすめ3品を実食レポ

1月15日は苺の日♪ローソンの新作いちごスイーツがスゴイ!おすすめ3品を実食レポ

寒さもいちだんと厳しくなりましたが、読者諸兄姉の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。1月15日はいちごの日。この記事では、いちごの日に食べたいローソンの苺スイーツをご紹介します。

「ローソンでいちご狩り」ってなに?

1月15日は「いちごの日」。「いい(1)いち(1)ご(5)」(いい苺)と読む語呂合わせから、「全国いちご消費拡大協議会」が制定しました。これにちなんでローソンでも、「ローソンでいちご狩り」を開催。1月4日(火)と11日(火)の2週に渡っていちごを使ったスイーツ商品が登場します。
そのラインナップはなんと14品!
「台湾カステラ いちご&みるく」、「とろ生わらび餅 いちご、いちごぼうしパン」、「いちごみるくロールケーキ」、「いちご大福 しろあん」、「苺カスタードサンド」、「いちごメロンパン」といった、和スイーツから洋スイーツまで、味も見た目もさまざま!どれか一つなんて選べないですね!

ローソン2品+ヤマザキ1品・ひと足はやい春のお味は?

今回は、「ローソンでいちご狩り」のポップが貼ってあるコーナーにあったローソンオリジナル商品2点と、ヤマザキのコンビニ限定苺スイーツ1点実食レポをお送り増します。

台湾カステラ いちご&みるく

台湾カステラ いちご&みるく

はじめに、「台湾カステラ いちご&みるく」から。

台湾カステラ いちご&みるく

封を切ると、ほのかに漂うふわっとした優しい香り。そして、たっぷりのホイップクリーム。これは期待が高まります。

台湾カステラ いちご&みるく

カステラ生地は、ふわふわでしっとりとした食感。ミルクのコクを感じる軽やかな舌触りのホイップクリームと、苺の果肉感を楽しめる練乳クリームが挟まった片手でも食べられるスイーツです。休憩時間のおやつや、残業で遅くなったときのお夜食にいかかですか。

とろ生わらび餅 いちご

とろ生わらび餅 いちご

次は、「とろ生わらび餅 いちご」。わらび餅といえば、透明で柔らかい和菓子。きな粉と黒蜜をかけて食べるのが一般的ですが……。

とろ生わらび餅 いちご

こちらは、わらび餅を覆い隠すようにホイップクリームでとじこめ、苺のソースをトッピング。こちらのホイップクリームもミルクのコクを感じる軽やかな舌触りで、甘酸っぱい苺のソースと相性は抜群です。

とろ生わらび餅 いちご

底に隠れていたわらび餅はきれいなピンク色。とろとろ食感で、噛むと中からじゅわ〜っと苺ソースが染み出てきます。春が待ち遠しいこの季節。ひと足早い春色のスイーツを手に取ってみませんか。

雪苺娘(ヤマザキ)

雪苺娘

最後に、コンビニ限定の赤い「雪苺娘」。こちらは山崎製パンの製品のため、ローソン以外でも入手可能かと思います。「だれか私を手に取って」と言わんばかりに、ぽつんと1つだけ「ローソンでいちご狩り」コーナに置いてあったので購入!

雪苺娘

見た目は、かわいいピンク色をしたやや大振りの大福。

雪苺娘

表面はもちもち食感のほんのり甘い求肥で覆われています。

雪苺娘

中はスポンジケーキの土台にほどよい甘さのホイップクリーム。みずみずしく、適度な酸味のある甘い苺がまるごと1つ入っています。雪見だいふくのショートケーキ版を想像するとわかりやすいかもしれません。苺のショートケーキが大好きな方にオススメです。

ヨコハマストロベリーフェスティバルに行こう!

昨年はコロナ禍の影響で中止となりましたが(4月に「ヨコハマストロベリーフェスティバル プチ」として代替開催)、毎年2月に横浜赤レンガ倉庫にて「ヨコハマストロベリーフェスティバル」が開催されています。苺好きさんにはたまらない、スイーツ・ドリンク・雑貨など、会場全てが苺づくしのイベント。横浜赤レンガ倉庫は電車でもバスでもアクセスは抜群。現在のところ2022年の公式な開催発表はありませんが、苺好きさんは要チェックです!

横浜赤レンガ倉庫:https://www.yokohama-akarenga.jp

まとめ

この記事では、「いちごの日」に食べたいローソンの苺スイーツと、横浜赤レンガ倉庫にて開催される「ヨコハマストロベリーフェスティバル」をご紹介しました。ハウス栽培で一年中手に入るようになった苺ですが、1月中旬はいちごの収穫・出荷が本格化する季節。ピンク色の甘酸っぱいローソンの苺スイーツで春の訪れを感じてみませんか。

ローソン研究所:https://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1445194_4659.html

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事