Now Loading...

福島県のご当地グルメ3選と祭りをご紹介!

福島県のご当地グルメ3選と祭りをご紹介!

この記事では福島県ならではのグルメを実際に食べてみた感想と、合わせて楽しみたい福島県のお祭りをご紹介します!

福島土産の定番!「ままどおる」

ままどおる

「ままどおる」って?

福島県郡山市の菓子メーカー・である三万石が製造している「ままどおる」。

福島県へ旅行へ行った人や、地元である福島県から帰省した人から、お土産でもらったことがある人も多いのではないでしょうか?

バターを使用した皮でミルク味のあんを包み込んだ焼き菓子は、ずっと変わらない優しい味わいで、福島土産の定番となっています。

「ままどおる」は、スペイン語で「お乳を飲む子」というイメージで付けられているといいます。
食べるとちょっと懐かしい気持ちにさせてくれるのは、そんな名前の由来もあるのかもしれませんね。

■ままどおる 6個入り 540円(税込)
■ままどおる 公式サイト:http://www.sanmangoku.co.jp/Goods/mamadoru.html

実食!味の感想は?

ままどおるぎっしりつまったミルク餡


「濃厚なミルク餡の甘みとまったり食感がたまらない!ずっしりとした重量感があるけど、しつこくないから次々に食べたくなってしまう!」(30代男性・編集長)

今回購入したのは5個入り!下手したら一人で食べてしまう恐れあり!?

「福島県のお土産の定番「ままどおる」は、10回以上は食べていますが、いつ食べても美味しい!ミルク風味の白あんは小さな子供にも食べさせたい味」(40代女性・編集)

ママのお眼鏡にもかなった「ままどおる」!お子様にもオススメなのが嬉しい!

「ミルク風味の白あんが優しい甘さ!外側の皮もバターの風味がしてミルク感がしっかりしている」(30代女性・広報)

甘さだけでなくバターの風味もしっかりあり!大人も好きな味です!

福島土産の定番「ままどおる」はママの味!実食レポ〈ご当地グルメ×祭〉

ままどおるのふるさと「郡山」のお祭りは?

郡山市最大の夏祭り「郡山うねめまつり」は、奈良時代のうねめ(宮中の女官)伝説にちなんだお祭りです。

昭和40年に安積郡9カ町村が郡山と合併し、市民が一体となれるまつりをおこしたいという想いからスタートしました。
それ以降、例年8月上旬に開催され、夏の風物詩として郡山市民に親しまれています。

まつりのメインは、日本最大級の「うねめ太鼓」の響きが街を揺らすうねめ踊り流しです。
趣向を凝らした衣装に身をつつんだ約6,000人の市民が参加し、大変な賑わいとなります。

「郡山うねめまつり」開催情報はこちら

世界No.1の称号受賞!二本松の日本酒「奥の松」

「奥の松」って?

続いてご紹介するのは、福島県二本松市の日本酒「奥の松」。
二本松市の酒蔵「奥の松酒造」が作っている日本酒です。

「奥の松酒造」は、享保元年(1716年)創業の老舗酒蔵!
地元はもちろん、国内外にもその名を知られている酒蔵で、なんとインターナショナル・ワインチャレンジ2018では、奥の松酒造が手掛ける「あだたら吟醸」が世界No.1の称号である”チャンピオン・サケ”を獲得したこともあるんだとか。

今回はそんな「奥の松酒造」が手掛ける奥の松 純米大吟醸 スパークリングを購入しレビューすることにしました!

■奥の松 純米大吟醸 スパークリング 290ml 610円(税込)
■奥の松酒造HP:http://okunomatsu.co.jp/

実飲!味の感想は?

器に注いでみると、しゅわしゅわとした泡がとっても爽やかで、色はカルピスのようなうすにごり。
一体どんなお味なのでしょうか??

さすが純米大吟醸!スッキリとした甘さで上品な味。口の中でシュワっと弾けて、グイグイ飲めてしまう(笑)この味は女子ウケしそう!飲みすぎは注意しましょう!(40代女子 編集部)

スイスイ飲めてしまう危険な味?!

アルコール臭さが全くなくて、甘くて飲みやすい!普段ほとんどお酒は飲まないけど、これは買って楽しみたくなります!(30代男子 編集長)

お酒が苦手なメンバーも絶賛!

少し濁った白色に、しゅわしゅわとした炭酸!ほんのり甘くて口当たりがいいので、スイスイ飲めてしまう!めちゃくちゃ美味しい…ついつい飲み過ぎてしまいそうです(30代女子 広報部)

日本酒好きも納得の味!

福島の日本酒「奥の松」ってどんな味?実食レポ<ご当地グルメ×祭>

奥の松のふるさと「二本松」のお祭りは?

今回ご紹介した「奥の松」が作られている福島県二本松市のお祭りと言えば…二本松の提灯祭り!

キンモクセイが香り始める10月上旬に行われるお祭りで、宵祭り、本祭り、後祭りの3日間にて開催。
7台の太鼓台と呼ばれる山車に、約300個の鈴なり提灯を灯し市内を練り歩く勇壮なお祭りです!

中でも宵祭り(1日目)の最後に、市内を練り歩いてきた7台の太鼓台が、二本松駅前に横一列に整列する姿は圧巻の一言!
秋の闇夜の中に浮かび上がる2千個以上の紅提灯は、言葉に表せないほど幻想的な光景です。

「二本松の提灯祭り」コラム記事はこちら

二本松のちょうちん祭りで味わう!情緒溢れる秋夜に浮かぶ紅提灯

会津のヨーグルトリキュール「スノードロップ」

「スノードロップ」って?

「スノードロップ」は、福島県会津坂下町の酒蔵「曙酒造」と同じく福島県会津坂下町にある「会津中央乳業」とのコラボ商品!

曙酒造を代表する日本酒である「天明」の純米酒と、会津中央乳業の「飲むヨーグルト」を調合した日本酒ベースのリキュールです。

リキュールのベースとなる純米酒は、なんとこの「スノードロップ」のために仕込んでいるんだとか。

会津坂下町で品種登録された「瑞穂黄金」というお米と、会津中央乳業さんの敷地内の井戸水を使用し、更にバランスよく仕上げる為、甘味酸味を調整しているという徹底ぶり。

果たしてどんな味なのか…期待が高まります!

■スノードロップ 360ml 935円(税込)
■曙酒造HP:https://akebono-syuzou.com/

実飲!味の感想は?

まんまヨーグルト!トロリとした舌ざわりながらも、スッキリ爽やかな甘みでグイグイいけます!美味~(40代女子 編集部)

甘みがしつこくないのが嬉しい!

濃厚でしっかりコクのあるヨーグルトリキュール!まさに飲むヨーグルトそのまんまの味。口当たりが良くて飲みやすいので、ついつい飲み過ぎてしまいそうで危険!(30代女子 広報部)

飲みすぎ注意です!

このままストレートで飲んでも美味しいけど、これはソーダ水とかで割ってみてもいいかも!(30代女子 編集部)

このまま飲んでも美味しいし、アレンジしても楽しそう♪とのコメントが寄せられました!

スノードロップのふるさと「会津地方」のお祭りは?


今回ご紹介した「スノードロップ」が作られている会津地方のお祭りと言えば…会津田島祗園祭!

会津田島祇園祭は、毎年7月2日~24日に行われる伝統あるお祭り。
古式ゆかしく、華やかな夏祭りです。

祭り2日目の7月23日には七行器(ななほかい)行列が行われ、女性は花嫁姿、男性は袴姿で登場。

神様にお供えする七つのお供え物とともに花嫁行列が続く様子は、とても華やか!

ぜひ会津地方を訪れる際には、会津田島祇園祭の開催時期に合わせて足を運んで見て下さい!

「会津田島祇園祭の魅力紹介!日本一の花嫁行列に参加できる⁉︎」レポート記事はこちら

まとめ

この記事では、福島県のグルメを実際に味わってみた感想と、おすすめのお祭りをご紹介しました。

ぜひ福島の美味しいグルメやお酒をお取り寄せして、福島ならではの味覚を楽しんでください!

そしてコロナ終息後は、福島のお祭りにも足を運んで見て下さいね~!

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事