Now Loading...
マツログ

会津田島祇園祭の魅力紹介!日本一の花嫁行列に参加できる⁉︎

会津田島祇園祭の魅力紹介!日本一の花嫁行列に参加できる⁉︎

福島県・南会津町で毎年行われている会津田島祇園祭。

意外と知られていない厳かで豪華絢爛な花嫁行列を始めとしたこの希少な祭りを紹介します。

1.会津田島祇園祭を知っていますか?

そもそも祇園祭と聞くと京都・祇園祭を思い出す方が多いでしょう。

しかし、各地に祇園祭というのはあります。

中でも三大祇園祭というのがあり、そのうちの一つが京都、次に博多祇園山笠。

最後の一つにこの会津田島祇園祭が挙げられているのです。

国指定重要無形民俗文化財にも登録されており、800年以上の伝統を誇っている会津田島祇園祭。

毎年7/22・23・24と三日間に渡り開催されています。

今年度(2019年)も開催予定です。

 

2.花嫁行列参加者募集⁉︎

そんな会津田島祇園祭の一番のメインとも言えるのが花嫁行列です。

正式名称は「七行器行列(ななほかいぎょうれつ)」と言い、氏子から神前にお供え物を献上する神聖な行列です。

袴姿の男性と毎年三十人ほどの花嫁姿の女性が列を成して歩く姿は一見の価値があります。

毎年、カメラを持った観光客で境内は埋め尽くされています。

そんな大人気な花嫁行列に参加することが出来ます!

中学生以上の未婚女性だと参加可能で、着物好きな方!花嫁衣装を着たい方!

少しでも興味ある方は、歴史・伝統に触れるいい機会なので是非参加してみてください!

今年の締め切りは6/10と終わってしまいましたが、

毎年募集があるので南会津町観光物産協会Webサイトをチェックしてみて下さい。

外国籍の方も参列しています。☞南会津観光物産協会

(2019年度募集記事)

七行器行列は田出宇賀神社・熊野神社に奉献する儀式です。

この神社に向かって花嫁達は歩いていきます。

拝殿に異なる神社名が2つ掲げられた珍しい所で、花嫁行列が終わればこの通り厳かで神聖な神社へと戻ります。

         

3.至る所で歌舞伎が観れる!

会津田島祇園祭で驚くべきは行事の多さです。

一日いても全く飽きない程のタイムスケジュールなのです。

この他にもステージイベントがあったり、露店がぎっしり軒を連ねていたりと老若男女が楽しめる祭になっています。

722日   例祭

723日 渡御祭

724日 太々御神楽祭

1000~ 例大祭斉行・浦安舞奉奏

1145~ オープニングセレモニー

      太鼓演奏

1300~ 子供歌舞伎通し上演

1600~ 大屋台運行
                  
屋台歌舞伎上演

 

750~ 七行器行列(花嫁)

1030~  神輿渡御出発

1040~  太鼓演奏

1315~   神輿渡御内廻り

1600~  大屋台運行
                    屋台歌舞伎上演

1300~ 太々御神楽奉奏

中でも歌舞伎の上映数は他に類を見ないほどです。

これは2018年度の上映時間及び演目ですがこの数!どう頑張っても全ては見切れない程なのです。

そして、それらすべての演目が無料で見られます。

また、屋台が4台(上屋台、西屋台、中屋台、本屋台)あり、

それぞれ7・8分の歌舞伎を上演しながら

運行する屋台歌舞伎が有名です。

 

さらに会津田島祇園祭で外せないものの一つに子供歌舞伎があります。

演者全員が子供なのです。

初めは「可愛い!」と思うのですが、化粧の効果と堂々とした立ち居振る舞いから迫力を感じるものです。

屋台の上で熱演される希少性の高い歌舞伎は要必見です! 

4.観覧マップ

赤い矢印の所を七行器行列が通ります。

だいたい7:30には場所取りの人で埋め尽くされてしまいますので要注意です。

夏場で暑いことも予想されますが大丈夫です。

至る所に空調が効いた休憩スペースがあるので無理せず参加することができます。

また、御蔵入交流館では歌舞伎上映が、

南会津ふるさと物産館では地域の物産品が売られており一息つきながら楽しめます。

田出宇賀神社・熊野神社隣りの会津田島祇園会館では

祭についての展示を紹介していたり、レストランで郷土料理御膳が頂けるのでオススメです。

5.都心から近い会津田島

そんな魅力が多い会津田島。

実は特急リバティ会津を使えば浅草から会津田島まで一本で行けるのです。

☆浅草ー会津田島間

電車:1日4往復あり、運賃3240円、指定席2110円の計5350円、乗り換えなしです。

時間は3時間15分程かかりますが特急なのでゆったり座れますし、

トイレはもちろんのこと、wifiやコンセントもあるので全く苦にならない快適な列車旅になるでしょう。

© 会津鉄道

もし時間に余裕があり、ゆっくり会津観光をしたい方は会津若松を拠点にするのもオススメです。

☆会津田島ー会津若松間

電車:運賃1660円、所要時間1時間15分ほど(通常)

祇園祭期間は臨時列車が運行していたり、

チラシを持っていたり浴衣を着用している方には料金が3割引になる特典もありましたので是非使ってみてください。 

会津若松へはバスがオススメです。

☆バスタ新宿ー会津若松間

バス:1日10便あり、運賃2500円~、所要時間4時間30分ほど

電車だと乗り換えがでてしまったり時間的にあまり変わらないので

都心から一本で行けるバスが有効かと思います。

是非参考にしてみてください。

いかがだったでしょうか?

地域の方の誇りを感じられる会津田島祇園祭。

他の祭りとは一風違った、格式高く厳粛で希少な祭りを見に行ってみませんか?

他には類を見ない程の文化、伝統、歴史が今なお根付いている事を肌で感じられる事でしょう。

インフォメーション

名称 会津田島祇園祭
開催場所 福島県会津町〒967 - 0004 福島県南会津町田島字中町地内
開催日 2019年7月22日(月)~2019年7月24日(水)
毎年7/22、23、24。
アクセス 会津鉄道会津線会津田島駅から徒歩10分(田出宇賀神社)
関連サイト http://www.minamiaizu.org/gion
https://www.mapple.net/spot/7000478/
written by
あんちゃん

あんちゃん

気ままに全国を旅しています。歴史や文化、昔ながらのモノがとにかく大好き。色鮮やかな写真で感動をシェアしたいです!
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい