Now Loading...

埼玉の酉の市は12月!日程が違うからハシゴもOK!2023年おすすめ10選

埼玉の酉の市は12月!日程が違うからハシゴもOK!2023年おすすめ10選

東京や神奈川ではほとんどが11月の酉の日に開催されている「酉の市」。埼玉県では「酉の市」以外に「おかめ市」や「十日市」「大酉祭」とも呼ばれ、12月上旬から下旬にかけて開催されます。酉の日に限らず1日だけ行うという神社が多く、開催日をずらして順番に行われていることもあり、いくつかの酉の市をハシゴするという楽しみ方もできます。

この記事は、埼玉で開催される2023年酉の市の情報と合わせて、過去の酉の市の様子も紹介します。ぜひ参考になさってください。

12月開催の埼玉の酉の市!いつ?どこの酉の市へ行く?

埼玉県の酉の市は、11月の酉の日に開催される都内や神奈川とは違い、12月に県内各地で日をずらしリレー形式で行われています。
12月3日の秩父の妙見さまの大祭である「秩父夜祭」を起点に山から野に降り、主な開催場所を挙げると12月3日の川越、4日の鴻巣、5日の深谷、6日の行田、8日の熊谷、10日の大宮、12日の浦和、14日の春日部、15日の川口、17日の蕨、24日(12月第4日曜)の鳩ヶ谷といった順番で、例年日付固定で酉の市が続いていきます。

12日の浦和「調(つき)神社」の市は「十二日市(じゅうにんちまち)」といいますが、別名を「大歳の市」といい、酉の市の名物である商売繁盛を願う熊手の販売以外にも、新年の飾りや正月用品も同時に売られています。
また、埼玉県内の酉の市の中には「おかめ市」という名で行われている地域もあり、県南東部の川口市周辺が特に有名です。この地域では熊手に「おかめ」の飾りを付けるお店が多かったため、「おかめ市」と呼ぶようになったようです。

12月上旬から年末にかけて開催される埼玉の酉の市。各地の酉の市をはしごしてみるのもおもしろいかもしれません。ここからは、日にちが早い神社の酉の市から、順番に紹介させていただきます。

12月3日 川越熊野神社 酉の市【川越市】

川越市に鎮座する川越熊野神社は、川越駅と蔵造りの町並みのちょうど間にある神社です。ここで毎年12月3日に開催される「川越酉の市」は、川越熊野神社境内社である大鷲神社の例祭日に合わせて行われているため、酉の市の開始を前に神事が執り行われます。

厳かな神事が終わると、熊手の販売がスタート。露店は拝殿の周りや参道横に並び、午前中からライトにも火が灯り、酉の市の派手で賑やかなお祭りモードへシフトします。熊手には七福神や鯛、米俵や大判といった縁起物が付けられることが多いですが、こちらの酉の市で目立っていたのは干支の縁起物が多いんだとか。来年の干支は辰!どんな辰の飾りが付けられるか楽しみですね。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月3日(日)17:00~22:00

【アクセス】
・西武新宿線「本川越駅」より徒歩6分
・東武東上線「川越市駅」より徒歩12分
・喜多院より徒歩9分
・時の鐘より徒歩7分

詳しくは、川越熊野神社公式サイトをご確認ください。

12月4日 鴻神社 酉の市【鴻巣市】

埼玉県の中央部に位置する鴻巣市で、毎年12月4日に開催される「鴻神社酉の市」。開催場所である鴻神社境内には、大イチョウがそびえ、賑やかな熊手の露店ともに素晴らしい黄葉も楽しむことができます。

また、熊手の販売だけでなく、屋台グルメも充実!美味しいグルメを頬張りながら、境内を散策するのもおすすめです。そのほか、夕方からもちつきや富くじといった催しもあり、家族で訪れるのもよいでしょう。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月4日(月)

【アクセス】
・JR高崎線「鴻巣駅」東口より徒歩8分

詳しくは、鴻神社公式サイトをご確認ください。

12月5日 瀧宮神社 酉の市【深谷市】

幕末から明治にかけて活躍した渋沢栄一の出身地としても知られる埼玉県北部にある深谷市。この深谷で毎年12月5日に開催されるのが「瀧宮神社酉の市」です。

瀧宮神社の酉の市は、午後3時の新穀感謝の新嘗祭にあわせ、13時頃から20時頃にかけ、縁起物の熊手の露店のほか、お祭りの定番グルメの露店も多く出ているようです。

また、会場である瀧宮神社は、最寄の深谷駅南口から徒歩1分とアクセスも抜群。早い時間から開場しているので、酉の市とあわせて、歴史ある宿場町を歩いてみてはいかがでしょうか。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月5日(火)

【アクセス】
・JR高崎線「深谷駅」南口より徒歩1分

詳しくは、瀧宮神社公式サイトをご確認ください。

12月6日 愛宕神社 行田酉の市【行田市】

埼玉県名発祥の地とされる「埼玉(さきたま)地区」がある埼玉県北部の行田市で、毎年12月6日に行われる「行田酉の市」は、秩父鉄道「行田市駅」から東へ5分程歩いた先にある愛宕神社を中心に開催されています。

熊手などの縁起物を売る露店が並ぶほか、さまざまなお祭りグルメも露店も数多くあります。今年は枚数限定で「御朱印」の販売も予定しているようなので、手に入れたい方はお早目に!

2023年の開催は?

【開催日時】
12月6日(水)15時から21時

【アクセス】
・秩父鉄道「行田市駅」より徒歩5分

詳しくは、行田市観光Naviをご確認ください。

12月8日 熊谷高城神社 酉の市【熊谷市】

日本一暑いまちとしても有名な埼玉県北部にある熊谷市で、毎年12月8日に開催される「熊谷高城神社酉の市」は、「八日市(ようかまち)」とも称される熊谷の酉の市です。

午前10時に神社で祭典が行われ、祭典執行後に神社奉製の熊手御守の授与が始まります。高城神社の熊手御守は、「かきこめ」といわれ、福運や財をかきこむという縁起があり、開運・開拓・殖産・商売繁盛・家内安全の御守です。これ以外にも、露店での熊手の販売もありますので、用途や予算に合わせて選ぶのがよいでしょう。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月8日(金)午前10時~

【アクセス】
・JR上越・北陸新幹線、高崎線、秩父鉄道「熊谷駅」正面口(北口)より徒歩15分

詳しくは、熊谷高城神社公式サイトをご確認ください。

12月10日 大宮氷川神社 十日市/熊手市(大湯祭)【さいたま市大宮区】

武蔵一宮としてさいたま市大宮区に鎮座する氷川神社。毎年11月30日から12月11日までの12日間は「大湯祭(だいとうさい)」が開かれます。「大湯」の名は釜で沸かした湯で清めの儀式を行ったことに由来していて、11月30日~12月9日までは毎日境内に篝火をたき「前斎」を、10日に「本祭」を、11日には「後斎」の儀式が行われ大湯祭は終了します。

12月10日の本祭に立つのがいわゆる酉の市で、十日の市なので「十日市」と書き「とおかまち」と読みます。三の鳥居内にひしめく熊手市は朝から晩まで賑わい、「福熊手」「福財布」「福種銭」など十日町ならではの授与品も大人気です。グルメ屋台も立ち並び、今年は全部で250店もの露天商が出店する予定だそうです。


2023年の開催は?

【開催日時】
12月10日(日)

・楼門の開門時間:午前1時ころ閉門/午前6時開門~午後10時ころ閉門
※午前1時から午前6時までは、三の鳥居及び大宮公園口、裏参道を閉鎖致しますので境内には入れません。熊手露店商の営業もその時間は行いません。

・授与所の開設時間:午前0時開設~午前1時ころ閉鎖/午前7時半開設~午後10時ころ閉鎖

【アクセス】
・JR「大宮駅」東口から徒歩約15分
・東武アーバンパークライン(東武野田線)「北大宮駅」から西駐車場まで徒歩約10分

詳しくは、武蔵一宮氷川神社公式サイトをご確認ください。

12月12日 調神社 十二日まち【さいたま市浦和区】

さいたま市浦和区にある「調神社(つき じんじゃ)」で、毎年12月12日に開催される「十二日まち」は、明治時代から続くお祭り。

「大歳の市」とも呼ばれ、「年の暮れに、新年の飾り物や正月用品を売る市」として、熊手・縁起物・神棚を中心に、お祭りグルメや子どもたちも楽しめるゲームの露店などが1,000店ほど立ち並び、多くの人で賑わいます。調神社では、福をかっ込む「かっこめ(ミニ竹熊手)」の授与もあります。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月12日(火)10:00~21:30

【アクセス】
・JR「浦和駅」西口より徒歩10分 ※調神社まで

詳しくは、さいたま観光国際協会 公式サイトをご確認ください。

12月15日 川口神社 おかめ市【川口市】

埼玉県南東部に位置する川口市は、県内で2番目の人口を誇る自治体です。ここで毎年12月15日に行われるお祭りが「川口神社おかめ市」です。

埼玉県の中でも特に川口市周辺や、蕨市の一部の神社では酉の市が「おかめ市」と呼ばれています。おかめ市当日は、川口駅から川口神社までの道が歩行者天国になり、約300もの露店が軒を連ねます。熊手はもちろん、たこ焼きやチョコバナナといった定番から焼き魚や七味まで、あらゆるお祭りグルメも楽しむことができます。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月15日(金)10:00~21:00

【アクセス】
・JR京浜東北線「川口駅」より徒歩7分
・埼玉高速鉄道線「川口元郷駅」より徒歩11分

詳しくは、川口神社公式サイトをご確認ください。

12月17日 和樂備神社 おかめ市【蕨市】

近年は「日本一面積の小さな市」として知られる埼玉県南東部の蕨(わらび)市。この蕨市に鎮座する和樂備(わらび)神社の境内で毎年12月17日に開催されるのが「和樂備神社おかめ市」です。

境内と南参道に熊手店や露店などが出て、大勢の方で賑わいます。例年、「おかめ市限定御朱印」が数量限定で頒布されています。今年はまだ発表されていないようですが、数に限りがあるので授与を希望される方は早い時間に行くのがよさそうです。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月17日(日)※例年は13時~21時の間で開催

【アクセス】
・JR京浜東北線「蕨駅」より徒歩15分

詳しくは、和樂備神社 公式サイトをご確認ください。

12月24日 鳩ヶ谷氷川神社 おかめ市【川口市鳩ヶ谷地区】

埼玉県南東部に位置する川口市鳩ヶ谷地区の「鳩ヶ谷氷川神社おかめ市」は、12月の第4日曜に開催されます。埼玉県内では12月に熊手市が多く立ちますが、鳩ヶ谷氷川神社のおかめ市は、その中でも年末に行われるので、埼玉県内最後の熊手市と呼ばれているようです。

境内や神社周辺の通りが歩行者天国になり、熊手店だけでなくお祭りグルメなどが購入できる露店が約220も出店します。また神社でも、縁起物の「かっこめ」という熊手や数量限定の小形しゃもじも頒布されます。

2023年の開催は?

【開催日時】
12月24日(日)14時~22時

【アクセス】
・埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷駅」より徒歩約5分

詳しくは、鳩ケ谷氷川神社 公式サイトをご確認ください。

埼玉の酉の市は「年末の風物詩」!新年の福迎えとしても

この記事では、埼玉の酉の市のおすすめ10選を紹介させていただきました。今回紹介した酉の市以外にも、埼玉では各地で12月に酉の市が開催されています。
何かと忙しい年末ですが、近所で開催されている酉の市を探して、空いてる時間をみつけて足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

オマツリジャパン オフィシャルSNS

あわせて読みたい記事