Now Loading...

マック✕ケンタッキー✕モス!月見バーガー対決!味は?コスパは?実食レポ〈2022年まとめ〉

マック✕ケンタッキー✕モス!月見バーガー対決!味は?コスパは?実食レポ〈2022年まとめ〉

月の美しい秋の夜。この時期しか食べられない「月見バーガー」を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?
もはや秋の風物詩となったマクドナルドの「月見バーガー」をはじめ、他のファストフードチェーンからも多くの「月見バーガー」が出ています。この記事では、定番のマクドナルド、人気のケンタッキーフライドチキン、そして今年新規参集してきたモスバーガー、3社の月見バーガーを実食したので、味・コスパを徹底比較します!

【マクドナルド】ボリューム満点!新作「こく旨すきやき月見」

マクドナルド 月見バーガー「こく旨すき焼き月見」440円(税込)

今年は、定番の月見バーガーのほかに、新作「こく旨 すき焼き月見」が登場!卵と甘辛いすき焼きの味は、間違いなく相性がまる◎でしょう!
ちなみにその他のラインアップは、月見バーガー、チーズ月見、月見マフィンの3種。どれも定番メニューとして人気ですね。

■マクドナルド公式サイトはコチラ

マクドナルド 月見バーガー

\「こく旨 すき焼き月見」の味は?/

「こく旨すきやき月見」は、パティの下に、すき焼き風の甘辛タレがたっぷり絡んだ細かいお肉が入っています。このすき焼きタレと、ベーコン、パティ、卵の四段構えでかなりのボリューム!!
甘辛い醤油味とチーズ、マヨネーズがとても合っていて、肉肉しいガツンとした美味しさを味わうことが出来ました。
毎年の月見ファンはもちろん、てりやき系の味が好きな人にもオススメです!

\「こく旨 すき焼き月見」のコスパは?/

100%の牛肉パティは肉感がたっぷり、細かいお肉が含まれた甘辛たれ、ベーコン、3種の肉が味わえるのも特徴!そもそも、それぞれ単品でもバーガーメニューとして成り立つことを考えると、440円というのはかなり安いと思います。
これに卵も付いているんだから、買って損はなし!
定番月見バーガーでは物足りない方はぜひお試しください。

\詳しくはこちらのレビューをチェック/

【ケンタッキー】どんだけとろとろ!?「とろ~りチーズ月見チキンフィレサンド」

ケンタッキー とろ~り月見フィレサンド「とろ~り月見フィレサンド」460円(税込)

とろ~りとろける目玉焼き風オムレツが特徴の「とろ~り月見サンド」。ラインアップは、「とろ~り月見フィレサンド」「とろ~りチーズ月見フィレサンド」「とろ~り月見和風カツサンド」「とろ~りチーズ月見和風カツサンド」の4種類。フィレとカツ、そしてチーズの有り無し、迷ってしまいそうですね。
今回実食した、「とろ~りチーズ月見チキンフィレサンド」は、国内産チキンフィレ、シャキシャキなレタス、マヨネーズソースと目玉焼き風オムレツに加え、チェダースライスチーズを全粒粉バンズで挟んだ秋の人気定番サンドです。

■ケンタッキーフライドチキン公式サイトはコチラ

ケンタッキーの月見フィレサンド

\「とろ~りチーズ月見チキンフィレサンド」味は?/

スパイシーでサクサクとした衣に、ジューシーで柔らかい肉質のチキンフィレ。これぞ、ケンタッキーといった、カーネル・サンダース秘伝の味付で調理された骨なしの柔らかいチキンが、ほんのり甘みのあるバンズに挟まれています。チキンの塩っぱさとパンの甘み、マヨソースの酸味、レタスの食感が絶妙。このバランスこそが美味さの秘訣です。

さらに、目玉焼き風オムレツから滴るとろ~りとした卵黄ソースと、チーズの相性が抜群。美味しさもパワーアップ。ボリューム満点で、お腹もいっぱい。ごちそうさまでした☆彡

\「とろ~りチーズ月見チキンフィレサンド」コスパは?/

ケンタッキーのオリジナルチキンは260円!「とろ~りチーズ月見チキンフィレサンド」に入っているのは、チキンフィレ、目玉焼き風オムレツ、チェダーチーズ、そしてシャキシャキレタス、全噴流のバンズもついて460円といえば、コスパ的には悪くはないでしょう!
また、ボリュームもかなりなるので、ポテトといったサイドメニューがなくても、これ一つで立派な食事になりますし、栄養的にもバランスがよさそうですよね?
今なら(10月4日)までなら、ドリンクがLサイズでも100円!うん、間違いなくコスパ良し!

ケンタッキーの月見バーガー、公式サイトからすでに消えておりました。「 ※数量限定、なくなり次第販売終了」との文言もあったので売り切れてしまった可能性大。来年の月見バーガーを楽しみにしておきましょう!

\詳しくはこちらのレビューをチェック/

【モスバーガー】新規参入!定番化希望の美味しさ「月見フォカッチャ」

モスバーガーの月見フォカッチャ「月見フォカッチャ」520円(税込)

人気が沸騰し一旦販売中止になって話題のモスバーガーの月見フォカッチャ。今年、月見バーガー戦線に初参戦したとは思えない、月見フォカッチャの爆発的人気は、「美少女戦士セーラームーン」を起用したCMの効果もあるでしょう。
他のファストフードとは異なる「フォカッチャ」や「ウィンナー」を使った月見バーガーとは…?

■モスバーガーの公式サイトはコチラ

モスバーガー 月見フォカッチャ

\「月見フォカッチャ」味は?/

月見フォカッチャを包んでいる紙を開けた瞬間に漂うスモーキーな香り。その香りを楽しみながら一口パクリ!
ソーセージがパリッとはじけ、中からでたジューシーな肉汁が口の中にあふれます。優しい甘さのあるモチッとしたフォカッチャの相性も良いです。

もう一口食べてみると、バーベキューソースと半熟たまごのあるゾーンに突入。これはすごい!ソーセージの肉汁と、濃厚で味わい深いバーベキューソース、コクのある味わいの半熟卵、三位一体となって溶け合います。

千切りキャベツとグリーンリーフもシャキシャキした食感が残っていて、モスバーガーの特徴である生野菜の美味しさがしっかりと感じられました。

スモーキーな香りや味わいは、大人向けな味!秋の夜長にビールといっしょにいただくのがおすすめですよ!

\「月見フォカッチャ」コスパは?/

モスバーガーの「月見フォカッチャ」のお値段は、520円(税込)と決して安くはありません。しかし、使われている素材をみてみると納得のお値段!

馬蹄型のパリッとしたソーセージは長さにして20㎝弱、キャベツ・ナス・マッシュルームなどの具材がたっぷりと入ったソース、半熟たまご、新鮮なキャベツとグリーンリーフ。そして、それらの具材を挟むフォカッチャ。物価高騰の中でこれらの素材を揃えるとなると、もっと高くてもおかしくないリッチな素材が存分に使われている「月見フォカッチャ」は、コスパ良し!と言わざるを得ないでしょう。

9月27日からいったん販売中止となっていますが、10月8日(土)の予定で再販すると公式サイトで発表されています。

\詳しくはこちらのレビューをチェック/

名月は十三夜でも見られる!

秋の月

中秋の名月といえば「十五夜」のイメージしますが、十五夜の後にも、収穫に感謝してお月見をする日本独自の風習があります。旧暦の9月13日「十三夜(じゅうさんや)」は、中秋の名月の後にめぐってくる十三夜のことで、2022年の十三夜は、10月8日(土)になります。

十三夜は十五夜に次いで美しい月といわれており、どちらか一方しかお月見をしないと「片見月」「片月見」といって縁起が悪いという説もあります。別名「栗名月」「豆名月」とも呼ばれる十三夜には、団子を13個または3個と栗や豆などの収穫物を供え、ススキを飾ってお月見を楽しみましょう。

もちろん、今回ご紹介した「月見バーガー」をいただきながら名月を眺めてみるのもおすすめですよ!

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事