Now Loading...

タリーズコーヒーのバレンタインドリンク&フードは?3種実食レポ<2021年>

更新日:2021/2/12 大塚 史織
タリーズコーヒーのバレンタインドリンク&フードは?3種実食レポ<2021年>

シアトル生まれのコーヒーチェーン「タリーズコーヒー」。全国的に展開されており、利用したことがある方も多いのでは?こちらの記事では、タリーズコーヒーの2021年バレンタイン注目ドリンク&フードを3点ご紹介します!

スターバックスの2021年バレンタインドリンク3選&おすすめカスタム紹介

スターバックスの2021年バレンタインフード3選!ドリンクとの相性は?

バレンタインデーを楽しむもう!由来となった伝説や世界のバレンタインを紹介!

期間限定「ルビーチョコ&苺ロイヤルミルクティー」

写真はショートサイズ。イチゴトッピングの酸味がアクセント!

まずは、「ルビーチョコ&苺ロイヤルミルクティー」。(Tallサイズ 520円+税)

第一印象は、優しい甘さのミルクティー。ホワイトチョコのコクが紅茶と合わさり、まろやかでほっこりする味でした。ドリンクのベースにはストロベリーの味はついておらず、上のトッピングと底にあるソースにストロベリーを使用しています。
初めは混ぜずに飲み、あとからソースを全体に混ぜ込むことで、変化をつけながら楽しむことができました。
また、上のストロベリートッピングが時間が経つと柔らかくなり、果実感が増しておいしいと思いました。

注目のリニューアル商品をソイミルクで!「ソイモカマキアート」

ミルクを泡立てたときにできる、フワフワのミルクの泡がたくさん乗っている。

続いては「ソイモカマキアート」(Tallサイズ 510円+税)。

タリーズコーヒーは、2021年1月8日(金)より、従来の「カフェモカ」を「モカマキアート」へとリニューアル。このバレンタイン期間にも、大きくオススメされていました。これまでとの違いは、ホイップクリームを抜き、代わりにチョコレートチップをトッピングして、よりコーヒーとチョコレートの調和を目指しているそうです。

飲んでみると、温めた豆乳ならではの、コクと苦味がコーヒーと合っています。チョコレート感は前に出過ぎず、ラテの風味を支えるような形でうまくマッチしていると感じました。「マキアート」にリニューアルしていることで、フワフワのミルクの泡がこれまでより多めに入っていて、この泡を別売りのクッキーにつけて食べても美味しそうだと思いました。

限定フードを見逃すな!「ショコラ ア ラ トリュフ」

レジ横で発見!ちょっとしたプレゼントにも。

続いてはフードのご紹介。ショーケースの中の食べ物は定番のものが並んでおり「タリーズにはバレンタイン限定フードはないのかな?」と思ったところ、レジ横で限定チョコレートのセット、「ショコラ ア ラ トリュフ」( 880円+税)を発見!

“スイート×フランボワーズ“、”ミルク×ラムレーズン“の2種類が入ったチョコレートのセットなのですが、食べてみると、コーヒーの味を引き立ててくれるような、主張しすぎず、甘すぎないバランスのいい味がしました。タリーズの”タリーズロマンスロースト“という豆との相性がいいとのことで、次回はペアリングも試してみたいと思います!

タリーズコーヒーのバレンタイン商品で心地よいひとときを!

タリーズコーヒーの2021年バレンタインについては、人それぞれにある「いつもの味」に、ちょっとだけ変化をもたらすような、さりげなくバレンタイン気分を味わえるドリンクやフードが印象的でした。日常的にタリーズを利用している人も、そうでない人も、ぜひお店で、ちょっとした気持ちの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?

大塚 史織
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事