Now Loading...

スターバックスの2021年バレンタインフード3選!ドリンクとの相性は?

更新日:2021/2/12 大塚 史織
スターバックスの2021年バレンタインフード3選!ドリンクとの相性は?

2021年1月20日(水)より、スターバックスで始まったバレンタインシーズン。毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?今回は、2021年スターバックスのバレンタインシーズンのおすすめフードを3つ、実食レポートいたします!

スターバックスの2021年バレンタインドリンク3選&おすすめカスタム紹介

「タリーズコーヒーのバレンタインドリンク&フードは?3種実食レポ<2021年>」記事はコチラ

バレンタインデーを楽しむもう!由来となった伝説や世界のバレンタインを紹介!

新鮮なカラー&定番のおいしさ『ルビーチョコレートケーキ』

ペストリーホイップ(¥30)追加でリッチに。

まずは、華やかなピンク色がバレンタインらしい『ルビーチョコレートケーキ』(税別¥540)。かつてスターバックスでは「ザッハトルテ」という、丸くてしっとりとしたチョコレートケーキが人気でしたが、今年はスターバックス史上初のルビーチョコレートを使って新登場!ルビーチョコレートとは、ルビーカカオという種類の豆から生まれ、そのきれいな見た目からは意外にも、着色料もフルーツのフレーバーも入っていない、シンプルな味わいのチョコレート。

実際に食べてみたところ、味は本当にいわゆるチョコレートケーキ!第一印象はホワイトチョコレートに近い強めの甘み、後味では、どこかかぼちゃやサツマイモを思わせるほっこりとしたナチュラルな甘みを感じました。

食べた時のボリュームは十分で、上のつぶつぶとした甘酸っぱいドライフルーツが、味のアクセントになっていて美味しかったです。

深煎りのドリップコーヒーと合わせると、チョコレートの香りが引き立って美味しいです。

中にも滑らかなチョコレートがぎっしり。

フワフワ派にはこちら!『クラシックチョコレートケーキ』

テイクアウトした際は、はがしたフィルムについたクリームまで食べたい。

次にご紹介するのは、チョコレートの層がきれいなこちらの『クラシックチョコレートケーキ』(税別¥440)。全体的にクリームのなめらかな舌触りが印象的で、ムースのようにフワフワとした食感です。
甘味はしっかり感じられますが、軽い食感からペロリと食べられます。
1番下の層は、クッキーのような少しクリスピーな生地になっていて、食感のアクセントになっています。

このケーキはスターバックスの定番コーヒーの中で、チョコレートとの相性がいいとされる、「カフェ ベロナ」とのマリアージュを考えて作られたそうなので、コーヒー好きの方はぜひ、組み合わせてみてはいかがでしょうか。

どこを食べてもチョコレート!『チョコレートクリームドーナツ』

最後にご紹介するのが『チョコレートクリームドーナツ』(税別¥250)。ややほろ苦さを感じるブラックココアのドーナツ生地に、チョココーティング・チョコスプレーがかかっていて、中にはチョコレートクリームまで入っている、チョコレートづくしの最強ドーナツ!

生地がもちもちしていて、あえて他社の商品に例えるならば、ミスタードーナツのハニーディップの密度をもっと上げたような感じでおいしい!
生地は全体的にそこまで甘すぎないので、中のクリーム、上のチョコレートと合わさってちょうどいい印象。
甘くないコーヒー、甘いドリンクどちらとの相性もよさそうです。

ほどよい量のクリーム

スターバックスのバレンタインは、フードも見逃せない!

2021年、スターバックスのバレンタインシーズンおすすめのフードを3点ご紹介いたしました。スターバックスのフードはテイクアウトもできるので(ペストリーホイップの追加は店内利用時のみ可能)今年のバレンタインはお家で過ごす方にもぜひ試してみていただきたいです。

大塚 史織
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事