Now Loading...

吉野家・すき家・松屋の“うなぎ”を食べ比べ!牛丼チェーンの底力は?実食レポまとめ-2022年版

吉野家・すき家・松屋の“うなぎ”を食べ比べ!牛丼チェーンの底力は?実食レポまとめ-2022年版

2022年は土用の丑の日が2回!一の丑が7月23日(土)、二の丑は8月4日(木)です。こちらの記事では、吉野家、すき家、松屋、3店の牛丼チェーン店の「うな丼・うな重」を食べ比べてレポート。味は?お値段は?コスパは?牛丼チェーンのうなぎを購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

2022年土用の丑の日、吉野家、すき家、松屋のおすすめは?

定番メニューとしてうなぎメニューがあった吉野家、すき家。一方で、土用の丑の日にあわせて発売された松屋のうなぎは、ひつまぶし風のメニューがあったりと他の2点よりうなぎメニューにバリエーションがありました。

今回、吉野家、すき家、松屋で実食用に購入した商品はコチラ!

吉野家「鰻重・一枚盛」

吉野家「鰻重・一枚盛」1,097円(税込)

すき家「うな丼」

すき家「うな丼」850円(税込)

松屋「うなぎコンボ牛めし」

松屋のうなぎ松屋「うなぎコンボ牛めし」980円(税込)

3店舗ともに、1,000円前後で購入できるお値段設定がありがたい!!
松屋の「うなぎコンボ牛めし」では別パックのお新香がありポイントアップ!山椒は、吉野家やすき家でも付いていました。

ここからは、それぞれのレビューをお届けします!

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事