Now Loading...

コロナに負けるな!2022年に開催されるお祭りまとめ

コロナに負けるな!2022年に開催されるお祭りまとめ

新型コロナウイルスの影響により、全国各地のお祭りや花火大会の多くが中止・延期される中、国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、今後のイベントの開催可否について改めて検討する主催者や自治体が増えてきています。
オンラインとリアルを織り交ぜながらの祭りの開催、ドライブインでの鑑賞といった人混みを避ける方法で開催を決定した花火大会など、新たなカタチでのお祭りが産み出され始めました。
この記事では、「お祭りで元気になりたい」と思っているみなさんに、さまざまな工夫をしながら開催を予定しているお祭りをご紹介します。

※2022年6月6日現在の情報です。開催情報は変更となる場合があります。

◎最新情報

【青森県】青森ねぶた祭

青森ねぶた祭は毎年200万人以上を動員し、仙台の七夕まつり、秋田竿燈(かんとう)まつりと並んで東北の三大祭りに名を連ねる大人気のお祭り。起源は奈良時代の七夕祭りまで遡ると言われており、明かりを灯した巨大な灯籠(=ねぶた)を山車に乗せて練り歩く。「ハネト」と呼ばれる踊り手がねぶたの周りを取り囲み、お囃子の音に合わせて元気よく飛び跳ねる姿を一目見ようと、全国からの観光客で賑わう。今年度は、国や青森県のイベント開催方針を参考にした新型コロナウイルス感染症対策をしながら開催する。

開催日 :2022年8月2日(火)~8月7日(日)

開催場所:青森市中心部
公式サイト:https://www.nebuta.jp/

【「青森ねぶた祭」紹介記事はコチラ】

【宮城県】仙台七夕まつり

仙台七夕まつりは東北三大まつりの一つにも数えられる東北地方を代表するお祭り。宮城県仙台市で毎年8月6日〜8日の3日間で開催され、全国から200万人の観光客が訪れます。起源は伊達政宗公の時代まで遡ると言われており、伝統行事である「七夕」行事であると共に、田の神様をお迎えしその年の豊作と冷害被害(やませという季節風)からの保護を願う行事として、古くから行われてきた。精巧に和紙から作られた3000本もの七夕飾りが特徴。今年度は、感染ステージの段階に応じた「感染予防ガイドライン」や安全対策マニュアルを策定し、感染症対策を徹底しながら開催する。観覧しながらの飲食を防止のため食料品販売の一部を制限する。

開催日 :2022年8月6日(土)~8月8日(月)

開催場所:仙台市中心部および周辺の地域商店街
公式サイト:https://www.sendaitanabata.com/

【「仙台七夕まつり」紹介記事はコチラ】

【福島県】相馬野馬追

相馬野馬追とは、福島県の相双地方で1000年以上続くお祭り。騎馬武者による勇壮な甲冑競馬や神旗を取り合う騎馬戦が楽しめる。相馬氏の遠祖である平将門が野生馬を放し、敵兵に見立てた軍事演習が起源とされている。3日間の期間中に、宵乗り(1日目)、本祭り(2日目)、野間懸(最終日)が開催される。観光客に人気の本祭りでは、実際に甲冑を着た武者が行進する(御行列)、武具をつけたまま古式競馬を行う(甲冑競馬)、数百騎の騎馬が神旗を取り合う騎馬戦(神旗争奪戦)がくり広げられる。今年度は、3年ぶりに通常開催として行われる予定だが、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえて変更となる場合がある。

開催日 :2022年7月23日(土)~7月25日(月)

開催場所:福島県南相馬市原町区内 雲雀ヶ原祭場地(ひばりがはらさいじょうち)他
公式サイト:https://soma-nomaoi.jp/

【「相馬野馬追」紹介記事はコチラ】

【京都府】祇園祭

祇園祭は7月1日から31日にかけて京都の八坂神社で行われる1000年以上続くお祭り。日本三大祭りにも数えられ、京都の夏の風物詩となってる。古くは祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)と呼ばれ、平安時代前期の869年に、京都各地ではびこる疫病を鎮めるべく行われたのがその始まりとされている。豪華な美術品や装飾が施され、「動く美術館」と言われる山鉾で市内を練り歩く「山鉾巡行」が見どころの一つで現存する33基の山鉾のうち29基が国の重要有形民俗文化財に指定されている。主催者から今年度の山鉾巡行は、新型コロナウイルス感染症に留意しながらもできる限り本来の形で催行するとの発表があった。

開催日 :2022年7月1日(金)~7月31日(火)

開催場所:八坂神社・京都市役所前・四条烏丸・河原町など
公式サイト:http://www.gionmatsuri.or.jp/

【「祇園祭」紹介記事はコチラ】

【秋田県】秋田竿燈まつり

 

秋田竿燈まつりは毎年8月初旬に行われる東北三大祭りの一つ。起源は江戸時代中期とされ、「ねぶり流し」「眠り流し」と呼ばれる睡魔払いのお盆行事だったという説が有力とされている。竿燈とは竹ざおを縦×横の格子状に組んだものに高張提灯を吊ったもので、大きいと高さ10メートル、重さ50kgになるものもある。稲穂に見立てた約280本の竿燈の明かりが会場の大通りを埋め尽くす。今年度は、8月3日から6日の4日間で、3年ぶりに開催されることが決定している。

開催日 :2022年8月3日(水)~8月6日(土)

開催場所:秋田市竿燈大通り周辺
公式サイト:https://www.kantou.gr.jp/

【「秋田竿燈まつり」紹介記事はコチラ】

【石川県】宇出津のあばれ祭

宇出津のあばれ祭は能登のキリコ祭の初陣を飾るキリコ祭を代表するお祭り。この祭では「暴れるほどに魂が甦る」「暴れるほど神様が喜ぶ」とされている。神輿は、海中に投げ込まれるのを皮切りに、道路に叩きつけられ、激しい放水を浴びせられ、橋の上から川に放り込まれと、壮絶な水責めに合う。坂神社への宮入り前には煌煌と燃える松明に投げ込まれ、火責めも受ける。能登のキリコ祭の中でも最も壮烈な祭りの一つで、石川県の無形民俗文化財に指定されている。例年は7月の第1金・土曜日に開催しているが、今年は1週間延期し、7月8日、9日に開催する。

開催日 :2022年7月8日(金)~7月9日(土)

開催場所:能登町宇出津 八坂神社 八坂神社周辺 他
公式サイト:https://notocho.jp/event/310/

【「宇出津のあばれ祭」紹介はコチラ】

【和歌山県】 那智の扇祭り(那智の火祭)

 

那智の扇祭りは、創建1700年を迎える熊野那智大社にて行われる例大祭。約50kgの燃え盛る大松明を担ぎながら急な石段を上り下りし、扇神輿に火の粉を浴びせる様子が特徴の一つ。

開催日 :2022年7月14日

開催場所:和歌山県那智勝浦町那智山 熊野那智大社
公式サイト:http://kumano-sanzan.jp/nachi/himatsuri.html

【「那智の扇祭」紹介はコチラ】

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 みちのくあじさいまつり
開催場所 岩手県一関市舞川原沢111
みちのくあじさい園
開催日 2022年6月25日(土)~2022年7月25日(月)
【開催時間】 8:00~17:00(入園は16:30まで) 【入場料】大人1,000円、小人200円
アクセス 【バス】一ノ関駅からバスで20分
【徒歩】徒歩で15分
関連サイト https://iwatetabi.jp/event/detail/032...
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事