Now Loading...
<お知らせ>週刊エコノミストに弊社代表加藤のインタビューが掲載されました!

2020年1月20日に発売されたビジネス誌、週刊エコノミストに弊社代表加藤のインタビューが掲載されました!
掲載されたのは「挑戦者2020」と題したインタビュー記事。祭りの「助太刀」で日本を元気にという掲題で、見開き2ページにて掲載!インタビューではオマツリジャパン創業時の想いを始め、祭りを「助太刀」するための具体的な取り組みについてお話しさせていただきました。
掲載された弊社の取り組み事例は下記の通りです。

(1)自治体向けの祭り運営サポート

オマツリジャパンでは観光客を増やしたい自治体からお金を貰い、祭りを取材して自社サイトやSNSでの発信をしている他、外国人観光客向けの参加型体験ツアーを企画することで、集客を行っています。

①外国人観光客向けの祭り体験ツアー造成

モニターツアーにて「やっさ踊り」を楽しむ外国人観光客


外国人観光客向けの祭り参加体験ツアーの事例として、三原やっさ祭りでの取り組みが取り上げられました。
オマツリジャパンが企画したモニターツアーでは、約7000人が「やっさ、やっさ」の掛け声と共に踊る「やっさ踊り」を、地元の方から外国人観光客向にレクチャー。祭り本番では地元の方と共に踊って楽しむことが出来、参加者から好評でした。

【実績紹介】三原市|祭り体験型コンテンツ造成支援の記事はコチラ

②全国の祭り団体招致

万博記念公園で演舞を行う「秋田竿灯まつり」

2019年の秋に大阪の万博記念公園で行われた“JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA ~祭りの祭り~”は、全国の祭りを万博記念公園に集結させるという大阪府主催のイベント。オマツリジャパンが主催者との連絡調整を行うことで、全国の名だたる祭りを集結させることが出来ました。

JAPAN FESTIVAL COLLECTION IN OSAKA ~祭りの祭り~のレポート記事はコチラ

(2)企業協賛マッチング

祭り会場に出店した永谷園のキッチンカー


オマツリジャパンでは祭り会場に来ている人を対象に、PRをしたい企業と、協賛金を集めたい祭り主催者とのマッチングも多数手がけています。具体的な事例として、永谷園の事例が掲載されました。目黒のさんま祭り、江戸東京夜市にて「冷やし茶づけ」の販売とアンケートを実施し、「冷たい」お茶づけという新しい食べ方の提案を行いました。

【実績紹介】永谷園|祭りにおける商品プロモーションについてはコチラ

(3)祭り主催者向け会員サービス「オマツリジャパンリーダーズ」

オマツリジャパンリーダーズとは、祭り主催者向けの会員サービス。WEB上で登録をすると、祭りの情報を無料で掲載出来る他、屋台向けの食材発注、警備スタッフの手配なども可能に。
今後も更に機能を拡充する予定です!

「オマツリジャパンリーダーズ」詳細はコチラ

【掲載紙について】

週刊エコノミスト 2020年1月28日号
毎日新聞出版より、2020年1月20日に発行
※自動車の表紙が目印です!
https://www.weekly-economist.com/

オマツリジャパンは今後も規模によらず全ての祭りを大切にし、祭りを観光資源として活用を進めて行く他、祭り会場ならではのメリットを活かした商品PRなどのコーディネートを通して、「祭りで日本を盛り上げる!」ミッションの実現に向けて日々取り組んで参ります!わっしょい!

お問い合わせフォームはこちら

written by
株式会社オマツリジャパン

株式会社オマツリジャパン

お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい