Now Loading...

こよみのよぶね

次回開催日未定
2021年12月22日(水)  【次回開催予測:2022年12月下旬頃】
岐阜県岐阜市湊町

「こよみのよぶね」は、2006年に岐阜市出身のアーティスト日比野克彦氏の発案・呼びかけではじまりました。冬至の日に、地元の竹と和紙を利用し制作された暦を表す1から12の巨大数字とその年の干支を形取った行灯を屋形船にのせ、金華山の麓の長良川に流します。各数字は地元の小学校や団体が制作しています。
2006年の開催以来、岐阜市の冬の風物詩となっています。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

みんなの投稿

祭りの思い出を投稿しよう

このお祭りはまだ投稿はありません。
お祭りの感想や写真、応援メッセージなど、投稿してみませんか?

このお祭りの写真

このお祭りの写真はまだ投稿されていません。
このお祭りの写真をお持ちでしたら、投稿してみませんか?

このお祭りの記事

インフォメーション

名称 こよみのよぶね
開催場所 岐阜県岐阜市湊町
長良川右岸プロムナード一帯
開催日 2021年12月22日(水)
※冬至の日 点灯時間 16:00〜20:00頃
【次回開催予測:2022年12月下旬頃】
主催 こよみのよぶね実行委員会事務局
アクセス 【バス】
JR「岐阜」駅12番のりばから岐阜バスで約15分、「長良橋」バス停下車し、徒歩で約3分
関連サイト http://www.koyominoyobune.org/
最終更新日:2022年1月3日(月)13時53分
※ 最新の情報ではない可能性があります。お祭りへ行かれる際は、最新の公式情報を必ずご確認下さい。
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。

こちらもオススメ

このお祭りの特徴