Now Loading...

温泉、神楽、おいしいグルメ…安芸高田「神楽門前湯治村」の魅力3選

更新日:2022/4/26 安芸高田市商工観光課
温泉、神楽、おいしいグルメ…安芸高田「神楽門前湯治村」の魅力3選

一歩足を踏み入れれば、懐かしい町並みが広がる広島県安芸高田市の「神楽門前湯治村」。非日常感あふれる空間には、おいしいグルメに、ワクワクする神楽、癒やしの温泉……と、1日たっぷり楽しめるエンタメがギュッと詰まっています。

この記事では、たくさんある「神楽門前湯治村」の見どころの中から、推しポイント3つをご紹介します。

商工観光課なかむら
ゆっくり温泉に入って名物の夜叉うどんを食べて、宿泊用の浴衣を着て門前通りを歩けば、下駄のコツコツという音がなんともレトロな雰囲気にマッチして、これぞまさしく超エモい!!

全国的に珍しい神楽施設が常設!神楽を楽しむ究極の場所

せっかく安芸高田市を訪れたなら、派手な演出やスピード感ある展開、現代でも楽しめるストーリー性にあふれた「ひろしま安芸高田神楽」を楽しみたい! そんな気持ちに応えるのが、全国的にも珍しい神楽観劇専用の「神楽ドーム」や寄席の雰囲気が楽しめる「かむくら座」といった施設です。

神楽は「神様を楽しませる」ことが本来の目的ですが、今や安芸高田市の人々にとって、祭事やお祝い事に欠かせません。安芸高田市の人々が愛してやまない郷土芸能を、温泉やお食事と一緒に楽しめます。

神楽ドーム

しかも神楽ドームは、千畳敷もの広さ!約2,000人を収容できます。毎週末の定期公演をはじめ、神楽大会も行われており、施設を通じて地域の神楽愛を感じることができるんです。

演目の解説などもしっかり行っているので、初心者でも安心。お風呂上がりに寝転がりながら、食後のお酒を楽しみながら、畳の上でのんびり楽しめます。まさに、非日常の極み!至福のひとときになること、間違いなしです。

ほかにも、ミニ体験舞台や神楽面の絵付け体験施設などもあり、より深く神楽を知ることができますよ。

神楽にちなんだグルメなら…鬼より辛い「夜叉うどん」を!

夜叉うどん

神楽をたっぷり楽しんだあとは、やっぱりおいしいグルメで腹ごしらえ。いくつか飲食店があるなかで、神楽にちなんだグルメを求めるなら、うどん屋の権兵衛さんへ。

こちらのご先祖は、平安時代の神楽「紅葉狩」に登場する道化役の木の又権兵衛さん。茶店を営む又権兵衛さんの悩みは、毎日鬼がおりてきて、タダでうどんを食べられることでした。「鬼においしいうどんを食べさせるのはもったいない」ということで、おかみさんの発案で、激辛うどんを鬼に出したところ、鬼はこなくなったそうです。

そんなお話から生まれたのが、鬼より辛い「夜叉うどん」。鬼が逃げ帰ったうどんも、人間には大好評なんです!

唐辛子がきいた旨辛スープは、辛いもの好きなら癖になる味。昭和レトロな店内で、ゆったり味わってくださいね。

ロマンたっぷり!ヤマタノオロチが傷を癒やしたと伝わる湯

昔から隠れた湯場として人気だった安芸高田市の温泉。しかも、この場所は、スサノオノミコトに成敗されたヤマタノオロチが傷を癒やしたと伝えられています。

古代ロマンあふれる源泉からお湯をくみ上げて使っているのが「岩戸屋」の天然ラドン温泉です。

温泉のある地は「岩倉」と名前がつくほど、岩の多い場所。露天風呂は、その山々にあった岩で作られています。

大浴場や寝湯、水風呂やサウナなど、種類も豊富! 施設内には宿泊施設もあるので、昔ながらの湯治宿スタイルで長逗留も楽しめます。

お湯で体を癒やし、神楽で心を癒やし。さらに夜叉うどんで、エネルギーもチャージ! ほかにも魅力的な施設がいっぱいある神楽門前湯治村で、非日常をたっぷり満喫してくださいね。

神楽門前湯治村

住所:広島県安芸高田市美土里町本郷4627
電話番号:0826-54-0888(代)
定休日:毎月第3水曜日、木曜日
※2022年4月現在の情報です。必ず最新情報をご確認ください。

神楽門前湯治村の公式ホームページはこちら

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
ブンカジャパン
ココロ舞う。それはきっと神楽のせい 広島県安芸高田市の魅力をご紹介!

あわせて読みたい記事