Now Loading...

四国三大祭りとは?いつ開催?徳島・阿波おどり、高知・よさこい祭り、もう一つは何?

四国三大祭りとは?いつ開催?徳島・阿波おどり、高知・よさこい祭り、もう一つは何?

香川、高知、愛媛、徳島。温泉や城などの歴史的建造物、グルメ等、それぞれに異なる魅力を有する四国には、ダイナミックで躍動感あふれる熱いお祭りが多くあります。

その中でも「阿波おどり」、「よさこい祭り」、「新居浜太鼓祭り」は、四国を代表する「四国三大祭り」と称されています。今回はこの3つのお祭りについてご紹介します。

新居浜太鼓祭り【愛媛県新居浜市】

新居浜太鼓祭り

新居浜太鼓祭りは、愛媛県東部にある新居浜市で毎年10月16日~10月18日(一部15日~17日)の3日間にわたって開催されます。
高さ5.4メートル、長さ12メートル、幅3.4メートルの「太鼓台」と呼ばれる山車(だし)が街を練り歩く姿をみようと、毎年約20万人の観衆が訪れる全国的にも人気のお祭りです。

見どころは各会場で行われる「かきくらべ(担ぎ比べ)」。重さ2.5t~3tの太鼓台を、150~200人の男衆が天高く担ぎ上げ、技を競い合う様子は迫力満点です。

新居浜太鼓祭りの様子

西日本には多くの太鼓台があり、地域によって様々な違いがありますが、新居浜の太鼓台は装飾の豪華さが際立ちます。特に、「重」と呼ばれる布団を締めている「布団締め」が、大きくて厚く、外からでは重が隠れて見えないほどです。

布団締めぶ厚く大きく進化した布団締め

また、太く長い「房」も特徴の一つ。太鼓台の躍動感あふれる動きに合わせて様々な表情を見せるこの「房」は、新居浜太鼓祭りを見るうえでぜひ注目したいポイントです。

◎2022年の開催は?

2022年の「新居浜太鼓祭り」は、大生院地区では10月15日(土)~10月17日(月)、それ以外の地区では、10月16日(日)~10月18日(火)に開催されます。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部中止となるものもありますが、8地区全54台の太鼓台が新居浜市内を練り歩く予定となっており、地区ごとにかきくらべも行われます。

マスクの着用、他者と身体的距離の確保、大声禁止などの注意事項が発表されていますので、しっかり守って観覧しましょう。

詳しくは新居浜市公式HPをご確認ください。

\ゴールデンウィークに行われた太鼓台お披露目の様子はコチラから/

よさこい祭り【高知県高知市】

よさこい祭り

高知の「よさこい祭り」は、毎年8月9日(前夜祭)、10日~11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の計4日間にわたって開催されます。

高知市内16か所の競演場・演舞場を会場とし、企業や学生、商店街や地域のチーム、よさこい好きを集めた県外チームなど約190ものチーム、2万人の踊り子が参加する全国的にも人気のお祭りです。

よさこい祭り後ろからみても美しい衣装にも注目

「徳島の阿波踊りに負けない、もっと面白くて商店街が活気づくものを」という思いで始まったよさこい祭り。その見どころは、オリジナリティ溢れる衣装や音楽、振り付けです。そのどれもが踊りのテーマにあわせてチームごとに考えられていて、その違いを楽しむだけでも1日十分に楽しむことができるでしょう。

また、それぞれのチームに既存のファンも多く、踊り子たちの先頭を走るチームの顔ともいえる地方車(じかたしゃ)の登場で会場が一気に盛り上がることもしばしば。
華やかな地方車、彩り豊かで個性溢れる踊り子、音楽とあわせて響く鳴子の音、そしてそれを一緒に楽しむ観覧者、祭り一色に包まれるその様子は、土佐のカーニバルとも称されています。

「よさこい祭り」は各地に普及しており、北海道札幌市の「YOSAKOIソーラン祭り」や長崎県佐世保市の「YOSAKOIさせぼ祭り」も全国的に人気ですが、よさこい発祥の地である高知オリジナルの「よさこい祭り」は一見の価値ありです。

◎2022年の開催は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHIKOKUSCENERY(@shikokuscenery)がシェアした投稿

「第69回よさこい祭り」(2022年)は、新型コロナウイルスの感染状況を考慮して中止となりましたが、 8月10日・11日に単年度特別事業として、「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」として開催されました。

\よさこい祭りを詳しく解説!記事はコチラから/

阿波おどり【徳島県徳島市】

阿波おどり

阿波踊りの本家本元である徳島県徳島市の「阿波おどり」は、江戸時代より約400年続き、徳島が誇る伝統芸能の一つ。
毎年8月12日~15日にかけて行われ、期間中には国内外から100万人以上の観光客が訪れる日本有数のお祭りでもあります。
また、岐阜県の郡上踊り、秋田県の西馬音内の盆踊りとともに「日本三大盆踊り」にも数えられています。

阿波おどりでは、約10万人もの踊り子が徳島市内の会場に繰り出します。踊り手たちは「連」と呼ばれるグループに属して踊りの技を磨き、競い合います。

阿波踊りには基本的に複雑な振り付けはありませんが、それぞれの連で、独自の音・リズム・踊り方・演出があり、チームとしての連帯感が重要となります。

徳島の阿波おどりは、それぞれの連が1年間の集大成を披露する場でもあり、一糸乱れぬ動きはまさに圧巻。それぞれの連のこだわりと工夫が込められており、いくら見ていても飽きることはないでしょう。

阿波おどり

また、ほとんどの連は、腿までからげた浴衣か法被を着た「男踊り」と、浴衣に編み笠を被った「女踊り」で構成されます。

衣装もそれぞれで、華やかな衣装、シックな衣装、帯の結び方も様々、踊りと合わせて衣装も注目したいポイントの一つです。

阿波踊り

◎2022年の開催は?

2022年の「阿波おどり」は、「未来」をテーマに「阿波おどり未来!2022」と称して、新しい形の阿波おどりが開催されました。その様子はぜひ下記のレポートをご覧ください!

\2022年の阿波おどりのレポート記事や、有名連の連長やプロの踊り手へのインタビュー記事はコチラから/


まとめ

今回は、「四国三大祭り」をご紹介しました。
阿波おどりとよさこい祭りは、全国に波及して各地で踊られているため認知度も高く、多くの方が耳にされたり、テレビなどでその様子をご覧になったことがあるかと思います。

しかし、四国三大祭りで最も古い歴史をもつのは「新居浜太鼓祭り」です。阿波おどりやよさこい祭りとは一線を画す、迫力ある「新居浜太鼓祭り」は今週末(10月15日)から開催されるので、ぜひチェックしてみてください。

様々な魅力溢れる四国。2023年は観光と合わせて、四国のお祭りも楽しんでみてはいかがでしょうか?

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 新居浜太鼓祭り
開催場所 愛媛県新居浜市
愛媛県新居浜市 新居浜市内8地区(川西地区・川東地区・川東西部地区・船木地区・角野地区・泉川地区・中萩地区・大生院地区)
開催日 2022年10月15日(土)~2022年10月18日(火)
地区により異なる、詳細は要問合せ
主催者 8地区太鼓台運営委員会(協議会)
アクセス JR予讃線新居浜駅からせとうちバス住友病院前方面行きで4分、市役所前下車すぐ(川西地区・一宮神社)
関連サイト https://www.city.niihama.lg.jp/soshik...
https://www.mapple.net/spot/38000124/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事