Now Loading...

コロナが終息したら祭りに行こう!元気がもらえる最高の祭り5選!

更新日:2020/7/8 イケちゃん
コロナが終息したら祭りに行こう!元気がもらえる最高の祭り5選!

楽しみにしていた春がコロナに水を差されてなんだか気分が沈みますが、人類の歴史上「疫病」は必ず終息してきました。

この記事では、これまでに筆者が足を運んだ祭りの中から「元気がもらえる祭り」をピックアップしてご紹介!コロナ終息後の楽しみを思い浮かべて、前向きに過ごしましょう!

新居浜太鼓祭り(愛媛県新居浜市)

毎年10月に愛媛県新居浜市で行われるこの秋祭りでは、重さ3tの「太鼓台」が150人の「かき夫」と呼ばれる男たちによって勇壮に担がれます。

期間中は「川東地区」「上部地区」「川西地区」などを中心に54台の太鼓台が町にくりだし、市内の各所で「かきくらべ」と呼ばれる技の競演が行われます。
※地区の表記に誤りがありましたので訂正いたしました。お詫び申し上げます。

「ドンデンドン!ドンデンドン!」と鼓動する太鼓に掛け声を合わせ、太鼓台を差し上げたり、放り投げたり。(本当にブワッと浮くんです!)

肩と腰が爆発しそうな思いをしながら懸命に太鼓台を担ぐかき夫たち…その姿から「力を合わせて何でもできる」人間の強さを感じられること間違いありません。

この町の人々の祭りにかける愛と情熱は本当にすごい!元気と感動をもらえる、絶対にオススメの祭りです!

新居浜太鼓祭り

開催時期:毎年10月16日(金曜日)から10月18日(日曜日)(大生院地区は10月15日(木曜日)から10月17日(土曜日))
開催場所:愛媛県新居浜市

新居浜太鼓祭りの詳細はこちら

けんか七夕(岩手県陸前高田市)

2011年に東日本大震災の津波で壊滅的なダメージを受けた岩手県陸前高田市に伝わる七夕行事。その名のごとく、豪華絢爛な2台の山車が激しくぶつかり合います。

苦難の中であっても、2011年も途絶えさせることなく祭りを開催。津波で家を失い、散り散りになった人々も、この祭りに合わせて再び集まりました。

そんな不屈の精神を体現するこの祭りの見どころは、一般参加も可能な綱引き合戦!200人近くの参加者が山車を引っ張り合う白熱の力比べには、観客も大興奮です。

同日には市内の別の場所にて「うごく七夕」が開催され、こちらも賑やかなお囃子に合わせて豪華な山車が練り歩きます。

いまも復興へ歩みを進める陸前高田のように力強く!祭りの楽しさが力になることを教えてくれるはずです!

※2020年のうごく七夕は中止となりました。2021年には必ずリベンジを!

けんか七夕

開催時期:毎年8月7日
開催場所:岩手県陸前高田市気仙町

宇出津のあばれ祭(石川県鳳珠郡能登町)

炎の中で乱舞する「キリコ」と「あばれ神輿」の激しさは一見の価値あり!

この「宇出津のあばれ祭」が始まったきっかけは、江戸時代の疫病の流行です。その際に京都の祇園社から牛頭天王を招請して盛大な祭礼を行なったところ、大きな蜂が人々を刺して疫病を鎮めたという伝承があるそうで、祗園祭のひとつとしてこの地に受け継がれています。

祗園祭と疫病について詳しく知りたい方はこちら!

燃え盛る炎の中で揺すられるキリコ。川に投げ込み、地面に叩きつけ、炎の中に放り込んで大暴れの神輿。その景気の良さに大満足間違いなしです。

暴れるほどに魂が甦るのがこの祭り。炎でコロナを焼き尽くし、初夏の能登半島で会いましょう!

宇出津のあばれ祭

開催時期:毎年7月第1金・土曜日
開催場所:石川県鳳珠郡能登町

宇出津のあばれ祭の詳細はこちら

悪態まつり(茨城県笠間市)

ストレス溜まりまくりのみなさん、「バカヤロー!」と大きな声で叫びたい気分ですよね?僕はそんな気分です。

毎年12月に茨城県笠間市にて行われる「悪態まつり」はオマツリジャパン一押しの奇祭。愛宕山のてっぺんを目指して歩きながら、大声で不満を叫んで日々のうっぷんを晴らします。

物騒な名前とは裏腹に、人の悪態を聞いてゲラゲラ笑いながらウォーキングするのがこの祭りの楽しみ方。今年の祭りで槍玉にあげられるのは…コロナ、テメーだ。たっぷり罵倒してやるからな!

悪態まつり

開催時期:毎年12月中旬
開催場所:茨城県笠間市

悪態まつりの詳細はこちら

青森ねぶた祭(青森県青森市)

誰もが知る夏の青森の風物詩ですが、いまこの祭りを推すのにはちゃんと理由が…

実はオマツリジャパンは、代表の加藤が東日本大震災直後の2011年に青森ねぶた祭に足を運び、そのパワーに圧倒されたことが発足のきっかけになっています。

2020年のコロナウイルス騒動渦中のムードも、当時の状況と似ていると思いませんか?あの時、たくさんの人々が祭りに元気をもらったように、今年も祭りで日本を盛り上げましょう!

さらに、この祭りは「勝利の凱旋」を表現しています。祭りを盛り上げる「ハネト」には一般参加も可能ですので、私たちもコロナに打ち勝って青森ねぶた祭で凱旋し、元気いっぱい飛び跳ねましょう!

※2020年の青森ねぶた祭は中止となりました。悔しいですが、2021年の本祭で2年分楽しみましょう!

青森ねぶた祭

開催時期:毎年8月2日〜7日
開催場所:青森県青森市

青森ねぶた祭の詳細はこちら

祭りを思い出しながらこの記事を書いていたら、楽しくなってきましたよ!やっぱり祭りは元気の源だ!

こちらもぜひ!

コロナが終息したら行ってみたい花火大会!投票結果発表!!

トップ画像:akiyoko / Shutterstock.com

イケちゃん
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
フジロックと阿波踊りが好きな2児の父親です

あわせて読みたい記事