Now Loading...

今がちょうど見頃!2022年も藤まつりは開催?関東で人気の藤の名所5選

今がちょうど見頃!2022年も藤まつりは開催?関東で人気の藤の名所5選

大きく広がった藤棚から優美な花の房を枝垂れさせ、爽やかな甘い香りを漂わせる藤。いにしえから日本人の心をとらえて離さない人気の花ですね。

例年は、有名で人気のある藤の名所では「藤まつり」が開かれ、イベントやライトアップもあって多くの人が鑑賞を楽しみますが、コロナ禍が続く今年はどうなのでしょうか?
この記事では関東で人気の藤が美しいスポット5か所を、過去の現地レポートをまじえながら、今年の開催情報と合わせてお伝えします。

1.亀戸天神社(東京都)

歌川広重の『名所江戸百景』にも『亀戸天神境内』などで描かれている亀戸天神社の藤の花。「亀戸の五尺藤」や「亀戸の藤浪」という呼称をもつ亀戸天神社の藤は、例年4月中旬から5月上旬にかけて薄紫色の花を咲かせ境内を彩り、「亀戸天神社藤まつり」が開催されます。

今年も4月16日~5月5日まで藤まつりを開催中。日没から21時まではライトアップも行われています。詳しくは公式サイトの案内ページからご確認ください。Instagramの開花情報によると、今月いっぱいは見頃が続くようですよ。

2.國領神社(東京都)

境内で御神木が大切に育てられている神社は数多くありますが、東京都調布市にある國領神社の御神木は「千年乃藤」です。樹齢400年を超える藤の木は例年4月中旬から4月末にかけて開花し、開花期の土・日には「国領千年乃藤まつり」が開催されます。

2022年は4月16日と23日の土曜日が11:00~17:00まで、4月17日と24日の日曜日が10:00~16:00までの開催となっています。境内のステージではフラダンスやジャズなどのプログラムが行われ、お花見屋台も登場。子ども縁日や自分で作れる綿菓子、浜食の漬物、草遊びなどが楽しめます。また、青色のイルミネーションや藤のライトアップも実施。詳しくは公式サイトの案内ページからご確認ください。

3.藤岡市「ふじの咲く丘」(群馬県)

群馬県南西部の藤岡市は、藤を市の花とし、市街地の南西部の庚申山総合公園の中に「ふじの咲く丘」が整備されています。小高い丘は例年4月下旬から5月上旬にかけて藤の花で覆われ「藤岡ふじまつり」が開催されます。

今年も4月16日~5月5日まで藤まつりが開催中です。園内では藤岡の物産市や藤の即売会、野外コンサートなどのイベントが行われ、日没後は藤棚のライトアップやイルミネーションが行われ、幻想的な藤を楽しむこともできます。詳しくは藤岡市公式サイトの案内ページからご確認ください。

4.玉敷公園(埼玉県)

埼玉県加須市の玉敷公園には、樹齢400年を超えるノダフジが元気に育っています。例年ゴールデンウィーク前後に花を咲かせ、「騎西藤まつり」が開催されます。

2022年は4月29日~5月5日に、ステージイベントの規模を縮小して開催予定。来場者は感染防止対策の徹底と静かにイベントを楽しむよう呼びかけられています。ふじアリーナから玉敷公園間のシャトルバスの運行、公園内の露店の出店もなしとのことでご注意ください。詳しくは加須市公式サイトの案内ページなどからご確認ください。

5.高圓寺(千葉県)

藤は、つる状の枝から長い穂のような花序を地面に向かって吊り下げます。中には花序の長さが2メートルを超えるものも。千葉県市川市の宮久保山高圓寺の境内にも大きな藤棚が設けられていて、樹齢200年を超える「長寿ふじ」などが、1メートル以上も長く美しい房をしだれさせているのが鑑賞できます。

例年4月下旬から5月上旬にかけて開花し「宮久保山高圓寺藤まつり」が開催されますが、2022年は昨年に引き続き新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。藤の鑑賞も控えるように呼びかけられていますのでご注意ください。詳しくは市川市観光協会の案内ページなどからご確認ください。

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 亀戸天神社 藤まつり
開催場所 東京都江東区亀戸3丁目6番1号
亀戸天神社
開催日 2022年4月16日(土)~2022年5月5日(木)
アクセス 【電車】
・総武線「亀戸」駅北口より徒歩15分
・総武線・地下鉄半蔵門線「錦糸町」駅北口より徒歩15分

【バス】
・都バス「亀戸天神前」下車すぐ
関連サイト http://kameidotenjin.or.jp/
https://www.gotokyo.org/jp/spot/ev197...
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事