Now Loading...

くら寿司のひな祭り当日限定『祝の極上華ちらし』を実食!何が入ってる?<2022年>

更新日:2022/3/3 大塚 史織
くら寿司のひな祭り当日限定『祝の極上華ちらし』を実食!何が入ってる?<2022年>

いわずと知れた人気回転ずしチェーン「くら寿司」。お店でお寿司を楽しむ以外にも、お持ち帰りメニューも充実していることをご存知ですか?こちらの記事では、2022年ひな祭り当日だけに販売されるお持ち帰り限定メニュー「祝の極上華ちらし」の実食レポートをご紹介します!

2022年くら寿司のひなまつり当日限定『祝の極上華ちらし』の内容は?

購入直後の、まだフタを取っていない状態。きれいですね!

<具材>
サーモン・まぐろ・真鯛・いくら・イタヤ貝柱・かに身・うなぎ・たまご・しめ鯖・きゅうり

10種の具材が美しく散りばめられていて、お祝いにピッタリのビジュアル!価格は、2~3人前で税込み2,022円。この華やかさで2000円台前半なら、コスパもかなり良いと思います◎

色鮮やかな具材たっぷりで、お祝いムード満点◎

参考 くら寿司公式サイト:https://www.kurasushi.co.jp/

くら寿司『祝の極上華ちらし』を実食!

こちらが1人前を取り皿によそった姿。なんとなく盛り付けても、細かく切られたいろいろな具材が入るのでとりわけやすかった上、取り分け後でもとても見た目がキレイです。

受け取った時は細かいカットにみえた具材たちも、けっこう厚切りでゴロゴロとしている印象。食べ応え十分!まぐろ・サーモンが多めなので、食べなれない具材を避けたとしても、お子様にもたっぷり具材が行き届きそうです。いくらが新鮮なのかプチプチはじける食感でおいしい!うなぎも小さく切ってあってもしっかりと存在感のあるおいしさです。

白い酢飯にはしっかりとお酢が聞いていて、ちらし寿司でも満足感がありました。

とても華やかで満足感十分!くら寿司のちらし寿司なら、忙しい平日のひなまつり当日でもしっかりお祝いのムードを出せそうです。

自分がひな人形になれるお祭りがあるらしい・・・!

 

この投稿をInstagramで見る

 

秋山(@akiyama111)がシェアした投稿

日本には「ひな祭り」に関連したお祭りが多くありますが、中でも大分県中津市の「城下町中津 人間雛飾り」はぜひチェックしておきたいお祭りの一つ。

事前に予約をすれば、日本三大水城である中津城をバックに自分がひな人形の装いでひな壇に座り、写真を撮って楽しむことができるイベントが開催されています。なんと楽しいひな祭りなのでしょうか!コロナの影響で現在は中止になっていますが、コロナが落ち着いた折にはぜひ参加してみたいお祭りです。

中津城公式ホームページ:http://www.nakatsujyo.jp/

まとめ

こちらの記事では、ひなまつり当日だけに発売されるくら寿司『祝の極上華ちらし』の実食レポートと、コロナ禍が終わった折にはぜひチャレンジしたい、大分県大津市の「城下町中津 人間雛飾り」をご紹介しました。

今年もおうちで過ごすひな祭りになりそうですが、皆様あたたかく楽しいひな祭りをお迎えください◎

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事