Now Loading...

【青山星灯篭】9月20日~23日開催!江戸時代・浮世絵に描かれた風景が150年振りに蘇る

【青山星灯篭】9月20日~23日開催!江戸時代・浮世絵に描かれた風景が150年振りに蘇る

地元有志による実行委員会から始まった「青山星灯篭」蘇生プロジェクト

東京・青山はファッション・トレンドのイメージがあるが、同時に開発の波の中で街が本来もっていた魅力が失われていく危機感を感じている。青山の歴史を遡り、かつてここにあった暮らしを再発見したいと考え、地元の有志は「土地の記憶」を伝えようと2017年、青山星灯篭実行委員会を結成。青山に事務所を構えるアートディレクターの浅葉克己や、明治から続く地域の本屋・山陽堂書店など、青山に縁のある人々によって毎年開催している。

青山星灯篭実行委員メンバー(アイウエオ順)
浅葉克己(アートディレクター)/ 有賀長人 / 市川博一(ICHYS GALLERY)/ 合原紀子(ブレイン)/ 後藤徹(SIG)/遠山秀子(山陽堂書店)/ 水野成美(市街地開発)/ 和多利浩一(ワタリウム美術館)

青山星灯篭の由来

青山星灯篭は二代将軍徳川秀忠の御霊を祀ったことから始まった。
ある日、七代将軍徳川家継が目黒からの帰り道、遠くからこの灯篭を目にし、二代将軍秀忠の菩提を弔っていることを知ると感心させられて報奨金を賜ったとのこと。それ以来年中行事となり、青山百人町は江戸の名所となった。
青山百人町は現在の青山善光寺辺りの旧町名で、これは青山の地名の由来になったと言われる青山忠成がこの一帯に鉄砲百人組の与力・同心を住まわせたことに由来する。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saku Yori(@saku_yori)がシェアした投稿

「青山星灯篭」開催情報

開催日 2021年9月20日(月)~9月23日(木) 午後6時から8時まで
会場 ののあおやま(東京都港区北青山3-4-3)
入場料 無料

公式サイト aoyamalanterns.com

■関連イベント
9/20(月) 「ののもり怪談」 出演:神田山緑
9/21(火) 「五人囃子 中秋の名月」 出演:大倉源次郎ほか
9/22(水) 「もりのダンス」 出演:zer〇
9/23(木)  「星灯篭とゴールドベルク!」 出演:岩瀬龍太ほか

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事