Now Loading...
マツログ

入間万燈まつりは山車・屋台が見どころ!市民がつくるお祭りは見どころ満載で一日楽しめる

入間万燈まつりは山車・屋台が見どころ!市民がつくるお祭りは見どころ満載で一日楽しめる

お祭りの舞台は入間市

埼玉県入間市。西武池袋線に乗り池袋から約40分で来れるこの街が、今回のお祭り「入間万燈まつり」の舞台です!

入間市駅を出てお祭り会場へ向かうと、お囃子や太鼓の音が大きくなってきます。さらに進むと山車が登場していました!

たくさんの山車・屋台がお祭りへ出ています。こちらは屋台で演武を行う翁です!

白狐もいました!独特な動きで歩行者の目を惹きつけます!

山車の背面には各々絵や飾りが施されているのですが、こちらのように攻めている山車もありました笑

山車の周りは多くの人で埋め尽くされています!お祭り一日目の土曜日(今年は10月26日)と言うことで暗くなるにつれて盛り上がってくるそうですが、明るいうちからすでに良い熱気です!

入間名物が勢ぞろい!

お祭りに合わせて入間名物が勢ぞろいしています!ですが入間と言って、何を思い浮かべるでしょうか?

実は近年入間は「相撲のまち いるま」として注目されています。1995年にわんぱく相撲入間大会がはじまったそうなのですが、最初は埼玉県下でも相撲の最弱地域でした。そんな中、地元の方の奮闘で入間少年相撲クラブが1998年に発足し、その後相撲に挑戦する少年が増え、大相撲の幕下力士を輩出するまでになったんだとか!

今ではこちらの写真のようにたくさんの少年力士が存在し、全国大会で数多くの優秀な成績を収めているそうです!

土俵入りの型を披露してくれました!四股に合わせて観客から「ヨイショー!」の声が響きます!

次は「いるま太鼓」です。入間市は太鼓が盛んな地域で、たくさんの太鼓団体があります。1995年からは市内の各太鼓団体が一堂に会して一つの曲を演奏するいるま「太鼓」セッションが行われるなど団体間の交流も盛んです。入間万燈まつりでは、毎年複数個所で太鼓の演奏が披露されるので注目です!

続いては航空自衛隊入間基地がある関係から、自衛隊グッズが販売されている出店もあります。毎年文化の日(11月3日)に開催される航空祭は有名ですね!

そして狭山茶です!あれっ、入間なのに狭山なの?と思った方もいるかもしれませんが、実は狭山茶を一番多く生産している市町村は入間市です!狭山茶の名称の由来は狭山丘陵。なので狭山丘陵に位置する入間市も狭山茶の名産地なのですね。無料で配布を行っていますので、ぜひお試しください!

最後は番外編の天覧山です!埼玉の地酒の天覧山ですが、その酒造地は入間市のお隣飯能市。入間市から一番近くの造り酒屋と言うことで、お祭り会場で販売されています。入間名物ではないので番外編にしましたが、この時期ならではの秋あがりが飲めるのは嬉しいですね!

入間市と佐渡島のつながり

入間市駅の改札を出ると、目の前にこの看板が掲げられています。なんで佐渡?と思うかもしれませんが、昭和61年(1986年)から入間市と佐渡市(当時は両津市)は姉妹都市を結んでいるんだとか。そして入間万燈まつりでもお祭りの交流が行われていました!

荒々しい赤鬼がパフォーマンスをしています。手を見ると持っているのはバチ。佐渡名物の鬼太鼓が行われていました!

パフォーマンスが終わると記念撮影タイム!凛とした顔がカッコいいですね!

そしてもう一つの佐渡名物「佐渡おけさ」です。佐渡に伝わる民謡「おけさ節」の生歌唱に合わせ、踊りが披露されていました。

山車・屋台の装飾がきれい

すでに登場していますが、入間万燈まつりで見れる山車・屋台は本当にきれいなものが多いです!一つ一つ装飾の工夫が違うのも注目ポイントです!

また山車・屋台に乗って行われるパフォーマンスもユニークなものが多く見ていて楽しくなります!

子どもが来ると飴を渡している所もありました。

市民が楽しむお祭りと言うことで、青少年も活躍しています!こちらは地元少年野球チームのお神輿です。

暗くなるにつれて盛り上がるお祭り!

さあ暗くなってくると、昼間とは違った活気が出てきます。17時15分からはじまる入間行列では踊りの後からたくさんの山車・屋台・お神輿が続き会場を盛り上げます!

山車・屋台が続々と入ってきました。万燈の名の通り、暗くなってからは数多くの提灯に光が灯り美しいです!

お神輿もやってきました。活気があります!

お神輿の渡御が終わり山車・屋台が揃った18時15分、本日最大の見せ場「ひっかわせ」が行われます!ひっかわせとは、山車・屋台が互いに競い合うようにお囃子や踊りを見せ合うもので見ごたえがあります!

おかめのパフォーマンスもお囃子に合わせ荒々しくなってきました!

ひっかわせが最高潮に盛り上がったところで、入間万燈まつり一日目の中締めです。入間独特リズムの手締めによって締まりました!

入間万燈まつり、いかがでしたでしょうか?見どころ盛りだくさんで市民が活躍するお祭り。毎年10月末の土日に行われていますので、来年はぜひお越しください!

インフォメーション

名称 【2020年開催中止】入間万燈まつり
開催場所 埼玉県入間市向陽台1-1-7
産業文化センター周辺
開催日 2019年10月26日(土)~2019年10月27日(日)
【1日目】13:00~20:15  【2日目】9:30~16:45
主催 入間万燈まつり実行委員会
アクセス 西武池袋線「入間市駅」から徒歩10分
関連サイト http://iruma-mandoumatsuri.com/
written by
高橋 佑馬

高橋 佑馬

1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい