Now Loading...
【葛飾菖蒲まつり】江戸の歴史を感じる堀切菖蒲園の菖翁花

梅雨の時期に「堀切菖蒲園」を彩る花菖蒲

梅の実が青から黄に変色する梅雨の時期に、水辺を彩るのが花菖蒲です。どことなく儚げに見えなくもありませんが、湿った空気の中に、和の情緒を感じとることができます。東京都葛飾区の「堀切菖蒲園」は、例年5月下旬から中旬には、園内に花菖蒲の花が咲き乱れ、「葛飾菖蒲まつり」が開催されます。2020年は5月26日から6月21日が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。例年のように、パレード、縁日、歌謡ショー、バザーなどを楽しむことはできませんが、マスクを着用してソーシャル・ディスタンスをキープしながら、季節感を感じることができます。

「堀切菖蒲園」に咲く江戸古花の花菖蒲「大江戸」

「堀切菖蒲園」に咲く江戸系花菖蒲「堀切の夢」

江戸時代には「江戸百景」に数えられた堀切に整備された「堀切菖蒲園」

堀切の花菖蒲は、江戸時代には「江戸百景」に数えられ、安藤広重をはじめ歌川豊国、清親などの絵師が錦絵に描いています。湿潤な土壌を活かし戦前の堀切には、いくつもの菖蒲園がありましたが、「堀切菖蒲園」が1959年に、京成電鉄「堀切菖蒲園」駅から徒歩約10分の荒川河川敷に都立の菖蒲園として開園しました。

「堀切菖蒲園」のパンフレット

「堀切菖蒲園」の園内マップ

「堀切菖蒲園」の入口

「堀切菖蒲園」の北側の入口から園内に入ると東正面に中央広場があり、その周囲を「花菖蒲園場」が取り囲んでいます。

「堀切菖蒲園」の入口

「堀切菖蒲園」の入口の東

「堀切菖蒲園」の中央広場

「堀切菖蒲園」の中央広場

約200種、約6000株の花菖蒲が絶妙のバランスで彩る「花菖蒲園場」

「堀切菖蒲園」には約200種、約6000株の花菖蒲が栽培されています。広々とした「花菖蒲園場」は、色彩や形の異なる花菖蒲がバランスよく彩られます。まるで万華鏡の中に入りこんだかのようです。

「堀切菖蒲園」の西部から眺める「花菖蒲園場」

「堀切菖蒲園」の東部から眺める「花菖蒲園場」

「堀切菖蒲園」の東部から眺める「花菖蒲園場」

「堀切菖蒲園」の南部から眺める「花菖蒲園場」

「花菖蒲園場」を縫うように水路が廻らされ、園内の花菖蒲を潤しています。

「花菖蒲園場」を縫う水路

「花菖蒲園場」を縫う水路

「花菖蒲園場」を縫う水路

水路に沿う園路を歩くと、花園の中に迷い込んだようにも感じられます。

水路に沿って設けられた園路

水路に沿って設けられた園路

水路の上に架けられた小さな橋も、景観にアクセントをつけてくれます。

「花菖蒲園場」の東部に架かる小さな橋

「花菖蒲園場」の南部に架かる小さな橋

「花菖蒲園場」の東部には、屋根つきの休憩所が設けられているので、休みながら花菖蒲の花を鑑賞することができます。

「花菖蒲園場」の東部の休憩所

睡蓮池の周囲で大切に栽培される「菖翁花」

「花菖蒲園場」では溢れんばかりの花菖蒲を楽しむことができるのですが、見落としたくないのは休憩所の東の睡蓮池の周囲です。池を囲むように花菖蒲の品種の中でも、特別に位置づけられる「菖翁花」が大切に栽培されているのです。「菖翁花」は、江戸時代後期の天保から弘化、嘉永の約60年の期間に、「菖翁」と賞される松平左金吾定朝が作出した品種です。

休憩所の東の睡蓮池の周囲で大切に栽培される「菖翁花」

休憩所の東の睡蓮池の周囲で大切に栽培される「菖翁花」

「堀切菖蒲園」の「菖翁花」10選

「堀切菖蒲園」で栽培され続ける「菖翁花」の中から、10品種をご紹介します。

「菖翁花」の一種「蛇籠の波」

「菖翁花」の一種「雲衣裳」

「菖翁花」の一種「王昭君」

「菖翁花」の一種「五湖の遊」

「菖翁花」の一種「霓裳羽衣」

「菖翁花」の一種「立田川」

「菖翁花」の一種「和田津海」

「菖翁花」の一種「仙女の洞」

「菖翁花」の一種「昇竜」

「菖翁花」の一種「連城の璧」

「堀切菖蒲園」は、例年5月下旬から中旬には花菖蒲の花に包まれ、「葛飾菖蒲まつり」が開催されています。堀切の花菖蒲は、江戸時代には「江戸百景」に数えられていました。「堀切菖蒲園」に広がる「花菖蒲園場」からは花菖蒲の豊かな彩りが溢れ出さんばかりですが、園内では、花菖蒲の品種改良の歴史を物語る「菖翁花」が大切に栽培されています。

written by
obaq

obaq

2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい