Now Loading...

【希望の花火プロジェクト】全国の病院・施設に打ち上げ花火を無料で出前!希望者募集中

【希望の花火プロジェクト】全国の病院・施設に打ち上げ花火を無料で出前!希望者募集中

今年、創業から100周年を迎える打ち上げ花火メーカー 高木煙火株式会社(本社:岐阜県大垣市 代表取締役社長 高木政幸)は、6月〜12月末までの期間、「病院・施設への打ち上げ花火無料出前サービス」を実施する。

高木煙火 創業100周年記念イベント実施のきっかけ

新型コロナウイルスの影響で、昨年全国の花火大会は軒並み中止に追い込まれ、 高木煙火は「花火を上げない夏」を創業99年にして初めて経験した。そして今年も大きな花火大会は開催が困難な状況にある。それでも、コロナ禍で創業100年を迎えることになり何かできることはないか、と考えたのが、病院・施設への打ち上げ花火の出前だった。

今年、高木煙火の会長で現役花火師の高木利幸(86歳)が、交通事故に巻き込まれ重傷を負った。昭和、平成、そして令和と、花火を自ら作り、打ち上げること70年以上。それが、もう2度と花火を上げることも、見ることもできないかもしれない。それほど深刻な容態だった。しかも、コロナ禍にあって家族は見舞うこともできず、ならばせめて、病室から見える場所で花火を上げたい。花火を見せることが一番の良薬だと思い、ここであることに気づいた。「花火大会に足を運び、打ち上げ花火を見ることができるのは、健康な人たちだけだった」と。本当は、病気やケガで入院をしている人たちや、障害があり不自由な人たちも、花火を見たいと思っているのではないか。それは、コロナ対策で疲弊している医療従事者の人々も同じではないか。これこそ、コロナ禍で創業100周年を迎えることになったが、これまでの恩返しにできることではないかと。

そこで、6月1日(火)から7月31日(土)まで、「打ち上げ花火の出前」を希望する人を募集することとなった。ひとつでも多くの病院・施設で安全に観覧いただけるよう、万全を期して実施される。

「希望の花火プロジェクト」概要

名  称:「コロナに負けるな!希望の花火プロジェクト全国の病院・施設に打ち上げ花火を無料で出前します!」
実施期間:令和3年6月〜12月
場  所:全国の病院・施設
内  容:現在、病院や施設で治療・療養を行なっている人に、打ち上げ花火を“お見舞いの花”として届ける。
花火の規模は無許可消費数量以内。打ち上げ時間は10分程度。

【募集内容】
・病院や施設に打ち上げ花火を出前希望の人、誰でも応募可。
(例えば、病院関係者、患者の家族、医療従事者を応援したい人)
氏名、年齢、職業、住所、電話番号、花火を出前して欲しい理由をメールにて[email protected]まで送信。
・募集締め切り:7月31日(土)

【応募条件】
・近隣に花火の打ち上げに適した場所があること。
(例:田んぼ、河川敷、駐車場、校庭、公園など、サッカーグラウンド1面程度の広さが必要)
・関係各所への届け出や現場の警備・清掃など、ボランティアの協力が得られること。
(詳細は応募後、個々に説明予定)

【実施回数】
・極力多くの要望に応える予定、条件面等の問題で出前の受付不可の場合有。

【備  考】
・本イベントの「無料」は「打ち上げ花火代金」を指す。
遠方及び無許可消費数量以上を希望の場合は、クラウドファンディング等でご支援を募る予定。
・送付された個人情報は、本イベントに関する連絡以外には使用しない。
本人の同意なしに第三者に個人情報を提供しない。取得した個人情報は管理責任者を定め、紛失や漏洩などが発生しないよう積極的な安全対策を実施する。

高木煙火公式サイト http://www.enka.co.jp/
プロジェクト公式サイトhttp://www.enka.co.jp/hanabistation/post-84/
公式動画 https://www.youtube.com/watch?v=mPclLMpFGVw

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事