Now Loading...
お祭りニュース

ユネスコ登録から阿波踊り問題まで!2018年に世間がザワついたお祭りニュースまとめ

ユネスコ登録から阿波踊り問題まで!2018年に世間がザワついたお祭りニュースまとめ

冬季五輪に米朝首脳会談、築地移転に安室奈美恵引退。平成最後の2018年も色んな事件、ニュースがありましたね!もちろん、お祭り界隈でも様々なニュースが目白押しでした。

そこで、誰トクの情報かわかりませんが、年末らしく今年のお祭りニュースをいくつか振り返ってみたいと思います。

その1:「来訪神」ユネスコ無形文化遺産に登録決定

秋田県「男鹿のナマハゲ」、沖縄県「宮古島のパーントゥ」、鹿児島県「悪石島のボゼ」など、各地の行事として伝わっている年に一度節目の時期に訪れる神「来訪神」が、『来訪神:仮面・仮装の神々』としてユネスコ無形文化遺産に登録されたことが11月に発表されました。

なまはげ、アマメハギ、水かぶり記者会見の様子。なまはげ、アマメハギ、水かぶりのみなさん、ありがとうございました。

2009年に鹿児島県の「甑島のトシドン」が無形文化遺産に登録されたのですが、今回はこれを拡張する形で8県10行事が登録されることになりました。日本のユネスコ無形文化遺産は、2016年「山・鉾・屋台行事」に続き2年ぶりでした。

男鹿のなまはげ(なまはげ館)

無形文化遺産に登録され、国内外を問わず注目度が高まっていくことでしょう。日本の伝統が後世まで伝承され続いていくことを願っています。

【今すぐ会いに行ける?オマツリジャパン注目の来訪神をご紹介】
(オマツリジャパン)祝・世界デビュー! 推しメンを探せ! 会いたかったYES!神に。総選挙

【ユネスコ無形文化遺産登録記者会見の様子をご紹介】
(オマツリジャパン)「来訪神:仮面・仮装の神々」ユネスコ無形文化遺産登録記者会見潜入レポート!

その2:集中豪雨・台風襲来で各地に被害 多くのお祭りも開催中止に

2018年は台風の発生数が平年よりも多く29個。そのうち5つもの台風が日本列島に上陸し、各地に大きな被害をもたらしました。7月には西日本の広い範囲での豪雨災害があり、その爪痕は非常に大きいものでした。年に一度のお祭りも、災害の影響により中止、順延になってしまったものが多く見られました。

(朝日新聞デジタル)厳島神社の「管絃祭」106年ぶり中止 日本三大船神事

写真提供:広島県

【豪雨被害で順延された三原やっさ祭りにオマツリジャパンも参加!】
(オマツリジャパン)三原やっさ祭りをレポート!2018年は「復興祈願祭~がんばろう!三原~」として11月に開催!

お祭りは地域のエネルギーの中心と言えます。被災された地域が復興し、来年また活気あるお祭りが開催されることを祈っています。

その3:盆踊りブーム到来!ボンジョビ、EZ BON DANCEにダンシング・ヒーロー

愛知県一宮市で開催された「一宮七夕まつり」では、荻野目洋子さん本人が「ダンシング・ヒーロー」を熱唱した盆踊り大会が開かれ、話題となりました。

昨年、登美ケ丘高校ダンス部のおどる荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」にのせた「バブリーダンス」が流行。実はこの曲、東海地方では30年前近くから「盆踊り」の定番曲として親しまれてきていたのだそうです。

また、8月14日のTBSテレビ「マツコの知らない世界」では盆踊りがテーマに取り上げられ、放送当日の夜に開催された中野駅前大盆踊り大会では、盆踊りの曲にBon JoviのLivin’ On A Prayerがかかり、その後Bon Jovi本人が反応を示したことでTwitter上で大変な話題となりました。

中野駅前大盆踊り大会はTRFのDJ KOOさんもステージにあがりTRFの名曲によるオリジナル盆踊り「EZ BON DANCE」を披露したことでも大変話題となりました。

EZ BON DANCE!!

(オマツリジャパン)DJ KOOさんと盆踊り!?中野駅前の【EZ BON DANCE】はお盆にぴったりの初心者向け盆踊りだ!

2018年は盆踊りに関する話題がとても多い1年だったと思います。来年は盆踊りをテーマとした映画「盆唄」も公開を控えており、ますます盆踊りブームが過熱していくような気がします。

【盆踊りの進化の仕掛け人にインタビュー】
(オマツリジャパン)「2020の夏は盆踊りでおもてなし!」 加熱と進化を続ける盆踊りの仕掛け人 鳳蝶美成氏・矢島友幸氏インタビュー(前編)

その4:イッテQ騒動 お祭り男 宮川大輔さんの企画休止へ

今年最も多くの人の話題となったお祭りニュースといえば、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の人気企画、お祭り男「宮川大輔」さんが世界のお祭りを体当たりで挑戦する企画で発覚したでっちあげ騒動だったかもしれません。企画内で、現地で伝統的に行われているものではない作られた「お祭り」が紹介されていたことが批判され、同企画は休止となり、日テレ社長が謝罪する事態となりました。

(朝日新聞デジタル)イッテQ、日テレ社長が謝罪 祭り企画を休止・調査へ

実際に伝統あるお祭りにも挑戦しており、世界のお祭りを知ることができる企画だっただけに少し残念ですが、ザ・お祭り男の宮川大輔さんの法被姿が見れなくなるのは寂しいですね。

トマト祭りの様子

【宮川大輔も挑戦した スペイン トマト祭り】
(オマツリジャパン)スペインでトマト祭り-Tomatina 2018-に参加できる!世界の奇祭を体感できる「みゅう」のトマト祭りツアーをご紹介!

その5:新・屋台グルメ チーズハットグ大流行

電球ソーダ、点滴ドリンクなど、インスタ映えするお祭り屋台グルメが毎年話題になっていますが、今年各地のお祭りに多く出店していたのは「チーズハットグ」ではないでしょうか?

電球ソーダと同じく韓国発のグルメで、チーズを衣で包み揚げた、アメリカンドッグの中身がソーセージではなくチーズになっているような食べ物です。「チーズ+ホットドッグ」を韓国の発音で「チーズハットグ」 中のチーズを伸ばしながら食べる様子がInstagramでも大流行でした。

2019年はどんな屋台グルメが流行し、instagramを賑わせてくれるのでしょうか?!

その6:2018年に久しぶりに開催されたお祭り

お祭りは1年に1回とは限りません。数年に一度しか開催されないものや、しばらく開催されていなかったお祭りが復活するといったこともあります。今年、久々に開催されたもののなかでも特に盛り上がったもののひとつが、「長崎くんち」の出し物(奉納踊り)のひとつ「コッコデショ」をご紹介します。

コッコデショの見所「太鼓山」

7年に一度だけ見ることのできる「コッコデショ」の最大の見どころは、人を乗せた大きな「太鼓山」を宙に放り上げる場面。1トンを超える太鼓山を放り上げ、それを片手でキャッチする様子はかなり盛り上がります。次に見ることができるのは7年後の2025年!

 

2018年になって復活したお祭りもあります。特に東北地方では東日本大震災で被災し中断せざるを得なかったお祭りが、8年ぶりに開催されることとなったというニュースが数多く届きました。
(朝日新聞デジタル)大槌の曳き船まつり、8年ぶり復活 13隻が大漁旗掲げ
(朝日新聞デジタル)宮城)閖上で盆踊り 8年ぶり復活

2019年はどんなお祭りが見られるようになるでしょうか。久々に開催されるお祭り、復活するお祭り情報をお持ちでしたら、ぜひオマツリジャパンまでお知らせください。

その7:徳島 阿波おどりをめぐる混乱

2018年最も報道の数が多かったお祭りニュースは阿波踊りをめぐる一連の混乱ではなかったでしょうか。

日本を代表する有名なお祭りのひとつ徳島市で開催されている「阿波おどり」。その主催者のひとりである徳島市観光協会が、4億円を超える阿波おどりの累積赤字により破産。一時は開催も危ぶまれましたが、徳島市が主催に加わり無事に開催されることとなりました。

Shutterstock.com

中止と公式発表されていた祭のフィナーレを飾る「総踊り」が当日ゲリラ的に開催されたことも話題となり、問題の発覚から当日に至るまで多くの報道が繰り返されてきました。

(オマツリジャパン)阿波おどりの総踊りが中止?2018年版、徳島阿波おどりの日程や見所をまとめました!
(朝日新聞デジタル)中止求めた実行委に反発 阿波踊り「総踊り」場外で強行

最終的にはイメージ悪化等により2900万円の赤字。有識者会議からは2年後に運営を民間委託することまで提言されており、まだしばらくは話題にのぼりそうです。

(朝日新聞デジタル)阿波踊り、イメージ悪化で客離れ 2900万円赤字へ

 

今年話題となったお祭りニュースをまとめてみましたが、ここで取り上げたのはほんの少しだけ。日本全国各地域地域で色々なお祭りが開催され、毎年様々なニュースあり、アツい人間ドラマが繰り広げられているものだと思います。

2019年のお祭りにはいったいどんなドラマが待っているでしょうか。日本のお祭りが盛り上がるような素敵な話題がたくさんのメディアで取り上げられればいいですね。来年もお祭りを楽しみましょう!ワッショイ!

お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい