Now Loading...

お花見とは?どうやって始まったの?花見の歴史や由来を解説!

お花見とは?どうやって始まったの?花見の歴史や由来を解説!

一気に広まるお花見文化

以前は貴族の行事だったお花見ですが、鎌倉・奈良時代に入ると武士階級にも広がっていきました。有名なのは、豊臣秀吉の「吉野の花見」や「醍醐の花見」ではないでしょうか。

「吉野の花見」は、徳川家康や前田利家、伊達政宗などの名だたる武将や茶人・連歌師など、参加者総勢5千人にも及ぶお花見だったといわれています。

「醍醐の花見」は、お花見のために700本の桜が醍醐寺に植えられ、豪華絢爛に茶会や歌会などが催されたとか。お花見とセットで親しまれる「三色団子」も、この時振舞われたのが最初だと言われています。

お花見文化が貴族外に広まったのは、江戸時代を待たねばなりませんでした。桜の品種改良も盛んに行われるようになり、現在、全国各地で鑑賞できる最もポピュラーな品種「ソメイヨシノ」も、この時代に作られたそうです。この頃から、桜の名所として名高かった「上野の山」は現在も、上野恩賜公園として毎年多くの花見客を楽しませてくれます。

豊作祈願の神事としての「お花見」

貴族が花を愛でるお花見を楽しんでいた時代、農民の間にも、お花見は行われてきました。しかし、貴族のお花見とは異なり、豊作祈願の神事として行われていたようです。

桜には、春に山から降りてくる「田」の神様が宿ると信じられており、桜の花の咲き方で農作物の収穫を占ったり、開花時期に合わせて稲の種まき準備を行ったりと、農民にとって桜はとても大切なものでした。

春に、緑の葉より先に桃色の花を一斉に咲かせる桜は、人々にとって、神秘的で神々しく見えたのかも知れませんね。

日本の桜「トップ3」をご存じですか?

全国の桜の中には、「日本三大桜」と言われるものがあります。

日本全国、桜を観賞できる場所は数あれど、せっかくですから、その頂点と言われる桜を見に行ってみたいと思いませんか?

日本三大桜

三春滝桜(福島県) 樹齢1000年超
山高神代桜(山梨県) 樹齢約1800〜2000年
根尾谷淡墨桜(岐阜県) 樹齢1500年超

日本三大桜は、1本の桜の木に与えられる称号ですが、以下のように、桜の美しい場所にもトップ3がありますよ!

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事