Now Loading...

お花見とは?どうやって始まったの?花見の歴史や由来を解説!

お花見とは?どうやって始まったの?花見の歴史や由来を解説!

桜の代表「ソメイヨシノ」

桜と聞いて思い浮かべることが多いのは、ソメイヨシノという品種の桜ではないでしょうか。

ソメイヨシノは、江戸時代に「オオシマザクラ」と「エドヒガン」から品種改良された交雑種で、その寿命は約60年と言われています。

全国の桜の約8割を占めるソメイヨシノですが、実はそのすべてが1本、あるいはごく少数の桜から作られたクローンだということをご存じですか?もともとは同じ原木から接ぎ木や挿し木で増やされていったので、開花時期に一斉に咲いて一斉に散るのだそうです。

クローン桜は交配しても発芽せず、種からどんどん増やすことができません。

お花見は、奥が深い

奈良時代から人々に親しまれてきたお花見。その歴史や由来など、知れば知るほど奥が深いですね。

近所で可憐に咲く桜を見るもよし、日本三大桜の雄大な姿を見るもよしのお花見を、ぜひ楽しんでください。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事