Now Loading...

七夕の日に食べたい☆夏のグルメ&スイーツは?カワイイ!映え!おすすめ4選

七夕の日に食べたい☆夏のグルメ&スイーツは?カワイイ!映え!おすすめ4選

7月7日は七夕!笹竹に七夕飾りをつるしたり、短冊に願いごとを書いたり、7月に入ると七夕気分が盛り上がってくるのではないでしょうか。ここでは七夕気分をさらに盛り上げるオシャレでカワイイ七夕グルメをご紹介します!

七夕の行事食といえば素麺

七夕である7月7日が「そうめんの日」と呼ばれているのをご存知ですか?「そうめんを天の川に見立てて食べる日」でもあるんです。
日本古来から伝わる五節句の行事に欠かせない行事食である「そうめん」の認知をめざし、全国乾麺協同組合連合会が制定しました。そのかいもあって、七夕に食べるもの=素麺とイメージする人も多く、SNS上でも七夕の時期になると様々なアレンジレシピの素麺のお写真が多く投稿されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hanuru2がシェアした投稿

ハムや薄焼き玉子を星型にくり抜いたり、最近では、色のついたカラフルな素麺を使うことで、簡単に可愛らしく仕上げることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

karere(@mikaa5nensei)がシェアした投稿

料理が苦手な人や、忙しくて凝った料理を作るヒマがない方でも、気軽に作ることができる素麺。ちょっとした工夫で一気にグレードアップしますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

定番!七夕ちらし寿司

彩り豊かな見た目と、縁起の良い食材を用いて作るちらし寿司は、お祝いの席では欠かすことのできないメニューですよね。七夕グルメの中でも、ちらし寿司は定番のメニューです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sugar Ritsuko(@sugar_y4r_3brothers)がシェアした投稿

材料を揃えるだけで、SNS映えするリッチで可愛いちらし寿司が完成!
エビやレンコンといった縁起物はぜひ入れたいところですが、彩り重視で、いくらやおくらといった材料を使うのもいいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@meeeeets.410がシェアした投稿

映えスイーツ代表!Dean&Delucaの七夕スイーツ

やっぱり手作りはちょっと……という方には、Dean&Delucaのおしゃれな七夕スイーツがおすすめです。
特に昨年も発売された「七條甘春堂 天の川羊羹」は、大人も大満足の可愛さです。

ディーンアンドデルーカの羊羹

夜空を映した濃い青の琥珀羹に散りばめられた銀箔の星、揺らめく星屑をイメージした七夕の世界☆彡
カットした断面は映えしかありません!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうこ(@yu.yanmega)がシェアした投稿

売り切れる前にぜひ手に入れてくださいね!

安定のコスパ!シャトレーゼの七夕スイーツ

シャトレーゼ 七夕スイーツ

7月7日七夕は、織姫と彦星が1年に1度だけ天の川を渡って会える特別な日☆彡 シャトレーゼでは、織姫と彦星をイメージした七夕スイーツ「七夕 かなえぼし」と「七夕 おもいぼし」が発売中。

ハイビスカス&やさしいミルク味の「七夕 かなえぼし」、バタフライピー&爽やかな酸味のあるクリームの「七夕 おもいぼし」。どちらも見た目だけじゃなくて、味もかなり美味!コスパもGOODなシャトレーゼのスイーツは、特にファミリーにおすすめです!

東北の奇祭!?陸前高田の七夕まつりがスゴイ

七夕と言えば短冊を吊るした「笹飾り」や七夕まつりの会場で見られる「吹き流し」をイメージしますが、東北・岩手県の陸前高田市で開催される七夕まつりはこれとは全く異なります。

動く七夕 出典:陸前高田市観光物産協会

けんか七夕 出典:陸前高田市観光物産協会

豪華絢爛にライトアップされた山車が引き回される「うごく七夕」、七夕飾りをあしらった2台の山車が激しくぶつかり合う「けんか七夕」、陸前高田市民はもちろんのこと、知る人ぞ知る奇祭として、心待ちにしている方も多いお祭りです。
「うごく七夕」は高田町の夏の伝統行事で、先祖供養をするために始まったとされ、東日本大震災が発生してからは犠牲となった方々への鎮魂のほか、復興支援に対する感謝の意味も込められています。「けんか七夕」は気仙町今泉地区で行われており、約900年の歴史があると言われていて、岩手県指定無形民俗文化財にも指定されています。

2022年はどちらも開催予定となっているようです。
詳しくは高田旅ナビや公式HPなどをご確認ください。

まとめ

七夕の日にオススメのグルメ&スイーツのご紹介と、陸前高田の七夕まつり2つをご紹介させていただきました!
七夕は、織姫と彦星が天の川を渡って、1年に1度だけ出会える日。関東はここにきて戻り梅雨のような天候ですが、7月7日は晴れて、織姫と彦星が出会えますように☆彡

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事