Now Loading...

なか卯のうなぎを食べてみた!ボリューム大満足の豪快盛、味とコスパは?

なか卯のうなぎを食べてみた!ボリューム大満足の豪快盛、味とコスパは?

2021年夏、今年も土用の丑の日が近づいてきました。コンビニ、デパート、スーパーはもちろん牛丼チェーン店でも、様々な「うなぎ」が販売されています。
こちらの記事では、「なか卯」にスポットをあててご紹介します。オマツリジャパンのメンバーで実食も行いましたので、ぜひ参考になさってください!

松屋のうなぎ!コスパも味も最高のうな丼を実食!2021年版

すき家のうな丼はとろける美味しさ!鰻好きも納得の味の秘密は…

吉野家の鰻重は鰻はもちろんタレまで美味!味は?値段は?実食レポ

なか卯のうなぎの特徴は?

香ばしくふっくらとした食感のうなぎの蒲焼が美味しいなか卯の「うなぎ」。この味の秘密は、うなぎをじっくりと焼いて蒸し上げたあとに、こだわりのタレでつけ焼きを3度繰り返すというひと手間によるもの!彩りをそえるこだわり卵で作った錦糸卵も絶妙にマッチします!

うなぎをたらふく食べたい方には「うな丼 豪快盛」がオススメ!1,650円(税込み)で一本分のうなぎが豪快に盛り付けられ、存分にうなぎを味わうことができます!

なか卯のうな丼 豪快盛をテイクアウトして食べてみた!

土用の丑の日が近づきつつある7月某日、オフィスの最寄りの「なか卯」にてテイクアウト。持ち帰る手にズッシリと重みを感じます。

豪快盛り

豪快盛り581gありました!(容器込み)

豪快盛りふたを開けると、甘くて香ばしい香りがふわっと広がります

【次ページ】実食した感想は…

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事