Now Loading...

土用の丑の日、一足お先に!吉野家の鰻重を実食レポ♪<2022年>

土用の丑の日、一足お先に!吉野家の鰻重を実食レポ♪<2022年>

こんにちは。食いしん坊ライターのカワグチです。本格的な猛暑の到来ですが、読者諸兄姉におかれましては毎日どのようにお過ごしでしょうか。猛暑と言えば、今年も土用の丑の日が近づいてきました。コンビニやスーパー、デパートはもちろん、牛丼チェーン店でも様々な鰻メニューが販売されていますね。この記事では、吉野家さんの鰻重にスポットをあててご紹介します。ご自宅やオフィスの近くに吉野家さんがある方は、必見ですよ!

吉野家の鰻メニューの特徴は?

●鰻重・一枚盛:1,097円(税込)

吉野家では店舗や販売時期により異なるようですが、「鰻重」「鰻皿」の2種類の鰻メニューがあります。「鰻重」が一枚盛と二枚盛、「鰻皿」では一枚盛から三枚盛と鰻の枚数を自分で選ぶことが可能。また、「鰻重」では、みそ汁やお新香などのセットメニューも用意されています。今回、筆者は「鰻重一枚盛」をテイクアウトしました。

吉野家の鰻重を実食レポ☆彡

では、実食レポを開始します。まず、はじめは重量から……。容器混みとなりますが、385g。昨年の記事では三枚盛が530gでしたので、単純に計算すると鰻一枚あたり143gになります。仮にご飯が200gとすると、容器は42gくらいかな?知らんけど。

付属の山椒。舌がピリピリと痺れるほど辛くありませんがお好みで……。

蓋を開くと、香ばしい鰻のタレの香りが食卓を包み込みます。これぞ、幸せの一時です。

気なるお味は……。とろみのあるタレは、甘めのこってりとした味わい。サラサラとしたサッパリ系のタレも良いのですが、甘いタレも食欲をそそられますね。撮影中に冷めてしまったご飯との相性も◎

一方、主役の鰻は、肉厚でふっくらジューシー。脂ののりもよく、柔らかな食感で小骨も気になりません。また、臭みやクセもないため、お子様にもおすすめです。タレがやや少ない気もしますが、鰻に味が染みこんでいるため、最後まで美味しくいただくことができました。これで、1000円ちょっとで食べられるとはさすが吉野家さんです。

郷土料理がテーマ!「成田うなぎ祭り」とは?

千葉県成田市は、江戸時代からうなぎ料理がご当地グルメとして人気を集めてきました。毎年、土用の丑の日の前後には「成田うなぎ祭り」が行われています。今年は、7月15日(金)~8月28日(日)の45日間にわたり、成田市内外の店舗が参加するスタンプラリーを開催します。

成田山新勝寺では一年を通して様々なお祭りが執り行われていますが、「成田うなぎ祭り」のメイン会場となるのは成田山新勝寺と成田駅を繋ぐ参道。約1キロにわたる参道には、150を超える飲食店や土産物店が軒を連ねています。その中でも最も目を引くのはうなぎ店。参道沿いに並ぶ店舗の3分の1程がうなぎの看板を掲げています。鰻好きさんは足を運んでみたくなる街ですね。今年の夏は、成田で観光とグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

成田うなぎ祭り
期間:2022年7月15日(金)~8月28日(日)
開催場所:成田山表参道周辺や印旛沼周辺を中心に成田市内外の参加店店舗にて
成田観光協会:http://www.nrtk.jp/enjoy/shikisaisai/eel-festival.html

まとめ

この記事では吉野家さんの鰻重と、成田うなぎ祭りをご紹介しました。今年(2022年)の土用の丑の日は、7月23日(土)と8月4日(木)の2回。一の丑は土曜日。休日出勤のご褒美に、鰻重を食べながらランチミーティングを開くのもいいかもしれませんね。日本全国の社長さん、かわいい従業員に鰻重の差し入れよろしくお願いいたします。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
一通り準備を終えたお祭りの前日の夜,ラフな恰好でゆったりとした時間を過ごすのが好きです。

あわせて読みたい記事