Now Loading...

米川の水かぶり

次回開催日未定
2021年2月3日(水)  【次回開催予測:2022年2月上旬頃】
宮城県登米市東和町米川

800年以上の歴史と伝統を誇る火伏せ行事「米川の水かぶり」は、毎年2月の初午の日に東和町米川地区で開催。
この祭りには、厄年を迎えた人を中心に、東和町米川五日町地区の男性が参加。かまどのすすを顔に塗り、わらで作った水かぶり装束を身にまとい、大慈寺境内にある秋葉大権現に火伏せを祈願。
お神酒を頂いて神の使いとなった一行は、奇声をあげて各家庭の屋根に向かってバケツやおけの水をかけながら町を練り歩きます。わらは火難除けのお守りとされているため、地域の人たちはまとった装束からわらを抜きとり、家の屋根に投げ上げます。
国の重要無形民俗文化財にも指定されているこの祭りには、地域の人はもちろん、毎年多くの観光客が訪れています。

みんなの投稿

祭りの思い出を投稿しよう

このお祭りはまだ投稿はありません。
お祭りの感想や写真、応援メッセージなど、投稿してみませんか?

このお祭りの写真

このお祭りの写真はまだ投稿されていません。
このお祭りの写真をお持ちでしたら、投稿してみませんか?

このお祭りの記事

インフォメーション

名称 米川の水かぶり
開催場所 宮城県登米市東和町米川
五日町地区 大慈寺山門広場
開催日 2021年2月3日(水)
※毎年2月の初午の日。
【次回開催予測:2022年2月上旬頃】
関連サイト https://www.city.tome.miyagi.jp/syoga...
http://miyagi-yonekawa.com/event/mizu...
最終更新日:2020年11月11日(水)12時06分
※日時・場所・出演者・参加に関する条件・料金等が変更や誤記などにより実際と異なる場合がありますのでご留意ください。

こちらもオススメ

このお祭りの特徴