Now Loading...
マツログ

オマツリジャパンが選ぶ2018年のお祭り総集編ベスト5!海外編

オマツリジャパンが選ぶ2018年のお祭り総集編ベスト5!海外編

2018年、オマツリジャパンのスタッフが勝手に選ぶお祭り総集編ベスト5!オマツリジャパン、世界中を飛び回り各地のお祭りに参加させていただいております!今回はスタッフが足を運んだお祭りの中から印象深かったものを勝手にベスト5にまとめました!

1.スペイン「トマト祭り」

トマト祭り

ラ・トマティーナと呼ばれ、スペインのバレンシア州・ブニョールという街で開催されるのが「トマト祭り」。毎年8月の最後の水曜日に行われる収穫祭ですが、その内容は誰かれかまわず手当たり次第にトマトをぶつけ合うというとっても激しいお祭り。普段は人口9720人のブニョールが約4万人の人で溢れかえり、約100トンものトマトが一日で街中にぶちまけられます。

「トマト祭り」は1940年代から行われているようですが、一部ではもともとケンカにトマトを投げあったのが始まりという説も・・・。トマトをぶつけられると普通に痛く、参加したオマツリジャパン共同代表のカメラはぶっ壊れました。軽い気持ちでの参加はおすすめできません。

祭りの雰囲気を楽しむなら前夜祭に参加してみるのも良いでしょう。こちらは街をイルミネーションで飾り付けたり、屋台や移動遊園地がやってきたりと和やかな雰囲気。熱いお祭りの前夜、お酒を飲みながらダンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2.メキシコ「死者の日」

「死者の日」はもともとラテンアメリカ諸国の祝日のひとつです。その中でもメキシコでは毎年盛大に祝祭が行われることで有名で、死者を迎え、死者を称え、死者を送ります。日本で言うところのお盆のようなものでしょうか。日本と違うのは祭壇がとってもカラフルで華やかなこと。祭壇の場所も、お墓はもちろん各家庭や教会、公共の広場など実に様々です。そして、死者を弔う祭典であるにもかかわらずとても明るいお祭りなのです。これは、アステカ時代からの死への考え方が影響しているとも言われています。

その中で目を惹くのは無造作に置かれたたくさんの頭蓋骨。そして、参加者は全員ドクロのコスプレであることが習わしです。服装は普段着でも、顔だけは必ずドクロのペイントを施します。誰でも自由に歩き回ることができるし、大都市ではバスツアーが組まれる程の人気振り。骸骨だらけのメキシコのお盆、一度は見てみても良いかも知れませんね。

「死者の日」現地レポートはこちら

3.アメリカ「アルバカーキ・インターナショナル・バルーンフィエスタ」

アルバカーキバルーンフィエスタ

ニューメキシコ州のアルバカーキで毎年開催されているのがこの気球の祭典。カラフルでオリジナリティにあふれる気球が700個以上も空にあがる、世界最大の気球の祭典です。1972年から開催されており、その歴史は40年以上にもなるのだそう。毎年10月の第一土曜日から9日間にわたって会場の空が気球だらけになる風景は実にフォトジェニック。気球の数も年々増えているのだそうですよ。

そして、夜になると風景は一変して「ナイト・グロー」へ。気球を固定して火をつけるので、気球のカラフルな模様がライトアップされたように、一気に幻想的な様子へと変化します。夜明け前から暗くなるまで一日中楽しめるバルーンフェスティバルで、ぜひお気に入りの一枚を。

「アルバカーキ・インターナショナル・バルーンフィエスタ」現地レポートはこちら

4.タイ「コムローイ祭り」

コムローイとはランタンのこと。毎年11月にタイのチェンマイで行われるもので、仏陀への感謝と、幸福の祈りを込めて天にある仏塔へとコムローイを捧げるのです。何万ものコムローイが夜空を埋め尽くす光景があまりに美しく、その場で涙する人も多いのだとか。チェンマイのいくつかの場所で行われるものの、現地の情勢により開催の決定がギリギリにならないとわからないこともあるという難点もあるようです。

ですが、各旅行代理店などでもコムローイ祭りをメインとした旅行ツアーなども販売しており、少しずつ手に届きやすくもなってきているようです。ディズニー作品のワンシーンのモデルになったとも言われている幻想的な風景、一生に一度は訪れてみたいお祭りですね。

「コムローイ」現地レポートはこちら

5.タイ「ソンクラーン祭り」

タイを代表する水掛け祭りがこのソンクラーン祭り。タイの旧正月である4月に毎年開催され、もともとは仏像や仏塔、年長者の手などに水を掛けてお清めをするという伝統的な風習です。また、タイの4月は一年で一番暑い時期ということもあり、暑気払いとしても親しまれているお祭りです。

昨今ではバンコクの中心地などでソンクラーンにまつわるイベントが大規模に催されるようになり、若者が中心に参加。外国人観光客も交えた、なんでもありの水掛け戦争となっています。アユタヤでは象と水掛け合戦ができるなど、多種多様なソンクラーン祭りがタイ各地で体験できるようですよ。ぜひお好みのソンクラーンに参加してみてくださいね。

 

その国々の魅力に溢れた世界のお祭り、いかがでしたか?せっかく旅行をするのなら、現地の方々とともにお祭りを体験して、その土地の風習に触れてみるのも良いですね。

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい