How to

ひな祭りの意味や由来は?ひな人形はいつまで出すの?ひな祭りを大解説

ひな祭りの意味や由来は?ひな人形はいつまで出すの?ひな祭りを大解説

3月3日はひな祭り。女の子のための行事といわれていますが、その意味や歴史をご存知でしょうか?

ひな祭りってどんなお祭り?もともとは女の子のお祭りではない?

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事。「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形に桜や桃の花、雛あられや菱餅などを飾ったり、ちらし寿司やハマグリの料理を楽しむ節句祭りのひとつです。「ひな人形」を飾るなど日本各地でイベントが開催されています。

この「ひな人形」、おひな様に女の子の穢れを移し厄災を身代わりなってもらうという意味が込められているのですが、実はもともとのひな祭りは「女の子のための行事」ではなかったんです。

ひな祭りの歴史・由来は?

ひな祭りの由来は「五節句」のひとつ「上巳」

ひな祭りの由来は中国から伝わった「五節句」という行事のひとつ「上巳」。季節の節目を意味する「節」のころは、昔から邪気が入りやすいとされていました。五節句のひとつ上巳には、中国では川で身を清める習慣がありましたが、日本では紙などで作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し川に流すことで邪気祓いをする行事として広がっていきました。人形を流して邪気をはらうこの風習が、現在でも残るひな祭りの行事「流し雛」のルーツと言われています。

《五節句》

  • ・1月7日の「人日(七草がゆ)」
  • ・3月3日の「上巳(桃の節句)」
  • ・5月5日の「端午(菖蒲の節句)」
  • ・7月7日の「七夕(星祭)」
  • ・9月9日の「重陽(菊の節句)」

 

子どものままごと遊び「雛あそび」

「上巳」が広まる頃、平安時代の貴族の子どものあいだで「雛あそび」とよばれる現在のままごとに近い人形遊びが流行していました。この「ひな」「雛」とは、小さくてかわいらしいものという意味があるのですが、この人形遊びと「上巳」が結びつき今の「ひな祭り」の原型になったと考えられています。

時代とともに人形作りの技術が発展し立派な人形が作られるようになり、やがて人形は川に流されるものから飾るものに変わっていきました。そして江戸時代に入り女の子のための行事として定着することとなったのです。

ひな祭りはいつからいつまで?

ひな祭りの日は3月3日ですが、ひな人形は2月から出されている光景を見たことはないでしょうか?いったいどのくらいの期間、ひな人形を飾っておくのがよいのでしょうか。

ひな人形はいつから飾り始める?

ひな祭りに雛人形を飾るのは、流し雛の風習の通り、人形に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。厄払いの意味があるので3月3日当日だけではなく長い期間飾られているのです。飾り始めるタイミングは、2月の中旬頃、季節の変わり目である立春を過ぎたあたり、ちょうど節分の豆まきで厄払いをしたあとがよいとされています。ただ、もちろん時期が決まっているわけではないので、だいたいひな祭りの1週間くらい前には飾り始めましょう。

 

ひな人形ははやく片付けたほうがよい?

これも決まりがあるわけではありませんが、厄災の身代わりになった人形のため、いつまでも置いておくのはよくないから早く片付けたと考えられています。

その他にも、ひな人形の婚礼の様子を結婚の象徴と考え、早く片付けることで嫁に早く行くということを表現しているとか、片付けるしつけとして行われているとも言われています。

 

3月3日を過ぎてもひな祭り?

3月3日を過ぎると早めに片付けないといけないとされるひな人形ですが、3月いっぱいひな人形を飾っている行事が数多くあります。

ひな祭りのルーツ「上巳」の節句はもともと旧暦の3月3日、今でいう4月の上旬頃に行われる行事でした。そのため地域によっては4月の上旬や3月末までひな人形を飾っているところがあるのです。

 

ひな人形の種類

各地には様々な形式のひな人形があり、7段飾りのものや、つるす形式の「つるし雛」などがあります。今回は7段飾りのひな人形の種類についてご紹介します。

 

お内裏様とお雛様(おだいりさまとおひなさま)
一番上の豪華な衣装のお二人。実は天皇陛下と皇后さまを表しています。

三人官女(さんにんかんじょ)
お内裏様とお雛様にお仕えする三人のかしこい侍女です。向かって右側から、長柄の杓、三方、銚子を持っています。

五人囃子(ごにんばやし)
能楽のお囃子を奏でる五人の男の子です。向かって右から、謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓を持っています。

隋臣(ずいじん)
お内裏様とお雛様を守る用心棒です。右大臣(向かって左側、若者)、左大臣(右側、おじいちゃん)の二人です。

仕丁(しちょう)
お仕えする三人の雑用係です。向かって右から、ほうき、ちりとり、熊手をもっています。(外出用の付き人として、立傘、くつ台、台傘を持っている場合も)

段数が増えると、他のキャラクターが置かれることもあります。

 

ひな祭りの料理

ひな祭りに飾る「菱餅」はどういう意味があるの?

ひな祭りの料理の中でも特徴的なのは菱形をした三色のお餅「菱餅」。これにはどういう意味があるのでしょうか?

季節の変わり目「節句」には、邪気をはらうことを目的に季節の旬な植物などを食べて生命力をもらう風習があります。ひな祭りのルーツのひとつ「上巳」の節句では、母子草(春の七草の「ごぎょう」のこと)を使った餅が食べられていました。地域によってはヨモギが用いられることもあったのですが、これが「緑」の菱餅のルーツです。

この緑の餅が、現在の菱餅のイメージである「赤」「白」「緑」になるのは江戸時代以降のこと。緑の餅に最初に加わったのは「白」。白い餅には「菱(ひし)の実」が使われており、この菱の実は子孫繁栄や長寿になれる実だと言われています。その後「赤」が加わったのは明治時代に入ってからのこと。昔から魔除けの意味を持つ赤が加わることで三色の菱餅ができあがったのです。

菱餅はなぜ菱形なのか?

菱餅の特徴的な菱形をしている理由は、地域により様々な理由が伝わっています。平安時代の正月の鏡餅も菱形だったと言われているほか、静岡県では三角形の菱餅も残っている地域もあります。

《菱餅の形の由来》

  • ・菱の実の形
  • ・陰陽道で女性を表す形
  • ・大地を表す形
  • ・心臓の形

 

はまぐり、ひなあられ、ちらし寿司の意味

ひな祭りには菱餅以外にも、はまぐり、ひなあられ、ちらし寿司などの料理が有名です。これら「ひな祭りメニュー」についても簡単にご紹介いたします。

はまぐりのお吸い物

はまぐりは対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから夫婦を表し、一生一人の人と仲良く添い遂げるようにという願いが込められているんです。女の子のための行事ならではの料理ですね。

参考レシピはこちら(COOKPAD)

ひなあられ

ひな祭りの代表的なお菓子です。4色でそれぞれ四季を表していると言われています。

  • ・春=緑
  • ・夏=ピンク
  • ・秋=黄色
  • ・冬=白

関東と関西で味が違い、関東は甘く、関西はしょっぱいものになります。

ちらし寿司

ちらし寿司に入っている具が縁起物であり、華やかな彩りがお祝いの雰囲気を醸し出すため、ひな祭りの定番メニューになっています。

《具の一例》

  • ・えび(長生き)
  • ・れんこん(見通しがきく)
  • ・豆(健康でまめに働ける)など

 

参考レシピはこちら(COOKPAD)

白酒(しろざけ)

白酒はみりんに蒸した米や麹を混ぜて1カ月ほど熟成させたアルコール度数9%程度のお酒です。

江戸時代には白酒がひな祭りには欠かせないものでしたが、もともとは桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒に浸した 桃花酒(とうかしゅ)を飲む風習がありました。お酒が飲めない子供さんには甘酒がおすすめですよ。

 

ひな祭りに行ってみよう

日本各地でひな祭りのイベントが開催されていますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

https://omatsurijapan.com/blog/hinamatsuri01/

 

さて、ここまでひな祭り、ひな人形、ひな祭りの料理についてご紹介してきましたが、ひな祭りの起源は古く各地方には今回ご紹介した以外にも様々な風習が残っています。皆様の地域ではどんな風習がありますか?ぜひ教えてくださいね!

あわせて読みたい