Now Loading...

【千葉ポートタワー・クリスマスファンタジー】ギネスに掲載されるツリー

更新日:2020/12/22 obaq
【千葉ポートタワー・クリスマスファンタジー】ギネスに掲載されるツリー

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して建設された千葉ポートタワー

東京を中心とする首都圏に日本の人口が集中する中、千葉県は1983年に500万人を突破しました。これを記念し1986年、千葉ポートパークの一画に千葉ポートタワーが建設されました。千葉市のシンボルとなったタワーは例年、クリスマスシーズンにはイルミネーションで彩られます。2020年には11月21日~12月25日に、「千葉ポートタワー・クリスマスファンタジー」が開催されています。

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して建設された千葉ポートタワー

国内最大の電飾ツリーとしてギネスブック1989「日本の記録」に掲載されるジャンボツリー

千葉ポートタワーのクリスマスイルミネーションでは約3,500個の電球が、タワーの壁面全体にクリスマスツリーを描き出します。高さ約100メートル、幅約30メートルのジャンボツリーは国内で最大の電飾ツリーとして、ギネスブック1989「日本の記録」に掲載されました。

千葉ポートタワーのクリスマスイルミネーション

千葉ポートタワーのクリスマスイルミネーション

タワーの点灯時間は17:00~21:00(12月24、25日は22:00まで)ですが、ショップやレストランを備えた館内の開館時間は、10月~5月の平日9:00~19:00、休日9:00~20:00なので注意が必要です。

閉館後の千葉ポートタワー前の広場

千葉ポートタワーのクリスマスイルミネーションは陸上ばかりでなく、海上から眺めることができます。期間中の土曜日と12月24、25日の17:00に、千葉みなと港湾緑地から観光船「タワークリスマスツリーと工場夜景の特別ナイトクルーズ」が出航しているのです。

千葉みなと港湾緑地に設置される錨のモニュメント

千葉みなと港湾緑地に接岸する観光船

様々なイルミネーションで装飾される千葉みなと港湾緑地

観光船が発着する千葉みなと港湾緑地も、様々なイルミネーションで装飾され、各所にフォトスポットが設置されます。

千葉みなと港湾緑地

千葉みなと港湾緑地のイルミネーション

千葉みなと港湾緑地のフォトスポット

千葉みなと港湾緑地のフォトスポット

千葉みなと港湾緑地に面するマリーナテラス

千葉ポートタワーへのアクセス

千葉ポートタワーに公共交通機関を利用して訪れる場合の最寄り駅は、千葉みなと駅です。千葉みなと駅にはJR京葉線と千葉都市モノレールが乗り入れています。駅から南に約1キロの道中にも、ベイサイドパーク迎賓館など、数多くの建物がイルミネーションで装飾されています。

千葉都市モノレールの千葉みなと駅

千葉市内を運行する千葉都市モノレール

千葉みなと駅の駅前

千葉みなと駅の駅前

ベイサイドパーク迎賓館

千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して建設された千葉ポートタワーの外壁には、例年クリスマスシーズンにジャンボツリーが描き出されます。高さ約100メートル、幅約30メートルの規模は国内で最大で、ギネスブック1989「日本の記録」に掲載されています。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事