Now Loading...

すし銚子丸のひな祭り!カラフルな限定「おすしやさんの雛ちらし」が登場!

更新日:2021/2/26 高橋 佑馬
すし銚子丸のひな祭り!カラフルな限定「おすしやさんの雛ちらし」が登場!

すし銚子丸のひな祭り

3月3日はひな祭り!そしてひな祭りと言ったらちらし寿司!と言う事で、首都圏を中心に展開している回転寿司チェーン、「すし銚子丸」へとやってきました!

2021年は、ひな祭りに合わせて期間限定でちらし寿司を提供すると言うすし銚子丸さん。お寿司屋さんが提供すると言うだけに、これは期待が膨らみます!

銚子丸

具だくさんが売りの限定ちらし寿司!

手に入れてきました!その名も「おすしやさんの雛ちらし」です!

銚子丸

蓋を開けてみました!ゴロっと具材が入り、カラフルな一面に食欲がそそられますね!

銚子丸

11種の具材、こだわりのシャリ

こちらの雛ちらしですが、なんと11種もの具材が使用されています!その内容は、オーロラサーモン、いくら、とびっこ、えび、かにかま、しいたけ、おぼろ、きゅうり、錦糸玉子、中具、がりと言うラインナップ。ちなみにオーロラサーモンとは、ノルウェー沖の北極圏の海で育った身が引き締まり、きめ細かい脂ののったサーモンとのことです!

銚子丸

食べて見ると、やはりサーモンの旨みが極めつけ!いくらやえびの味わい、口の中で踊るような錦糸玉子のおいしさも特筆ポイントです!そしてユニークだったのが、シャリに中具(細かく切られたしいたけと干ぴょう)が混ぜ込まれていて、味が変化していく点です。しっかりとした酢飯とも合い、これはおいしい!

銚子丸

なお、すし銚子丸特製の醤油と割り箸も付けてくれました!

銚子丸

事前予約で持ち帰り可

ご紹介した「おすしやさんの雛ちらし」ですが、事前に電話予約しておくことで、お持ち帰りすることもできます!3月3日まで提供されていますので、ぜひお近くの「すし銚子丸」をチェックしてみてください!

【商品名】おすしやさんの雛ちらし

【価格】880円(税抜)

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事