Now Loading...

増やせ!DIYで仮面の神々。一万円の材料費で神様を何柱作れるか試してみた!

更新日:2021/11/26 寺川 芳雄
増やせ!DIYで仮面の神々。一万円の材料費で神様を何柱作れるか試してみた!

オマツリジャパンというオマツリのポータルサイトで記事を書いてもう何年か経つが、他のライターが立派な旅行レポートや綺麗な神輿や花火の記事を掲載していくなか、

こんな中二病患者みたいな記事とか、こんな謎のレビュー記事を書いていたら、どうやら編集部に「サブカル的な記事ならこいつ書かせときゃいいだろ」という雰囲気ができてしまったらしい。

自分でオリジナルの来訪神を作ったこともある(https://omatsurijapan.com/blog/raiho2/

昔からモノ作りは好きだし、舞台美術に明け暮れた時代もある。

大学の演劇サークルで、今でいう「MMORPG」の舞台セットを作ったときの写真(クライマックスで背景の民家が左右に割れる)。もう十年以上前だけど、この経験は今も生きている。(最前列中央が筆者。当時は痩せていた。)

オマツリも、ちょっとデザインが面白かったり、民俗風習や地域性が不思議な方向で出力される、いわゆる「奇祭」の方に興味を惹かれてしまう。

メインストリームから離れた存在が輝く場所としてのオマツリにパワーとか可能性を感じていた中、2018年に「来訪神:仮面・仮装の神々」がユネスコ文化遺産に登録された時は、ほんとにうれしかった。

2018年に行われた「来訪神:仮面・仮装の神々 ユネスコ無形文化遺産登録記者会見」の様子。男鹿のナマハゲ(後列左右)、米川の水かぶり(後列中央)、あまめはぎ(前列)

来訪神は「年に一度、決まった時期に人間の世界に来訪するとされる神様(またはその使い)」のことで、実は日本各地に存在している。

ボゼ…

 

この投稿をInstagramで見る

 

鹿児島県立博物館(@kagohaku)がシェアした投稿

メンドン…

https://omatsurijapan.com/blog/mendon/

ナマハゲ…

https://omatsurijapan.com/blog/namahage-report/

みなミステリアスで興味深い存在だ。

さあここで本題だ。

谷は超えたものの、やはりこのコロナ禍でオマツリ自体も中止が相次ぎ、深刻なネタ不足、

先日ふと「仮面の神々でサミットとか地獄ハロウィンしたいね」とつぶやいてしまったのが運の尽き、企画に飢えた編集部も「いいねそれ!」とあれよあれよと乗ってきて、

仮面の神々のコスプレ衣装をたくさん用意することになってしまった。

編集部から提示された条件は下記。

1.総額予算¥10,000
2.ミッションは「できるだけたくさんの神々をつくる」
3.原稿料は出来高制、1柱¥○○(編集部検閲済み)
4.予算使い切った時点で原稿料清算

…というわけで不定期連載

『何柱できる?総額一万円で作る仮面の神々~一万円使い切るまで原稿料もらえません!』

記念すべき第一回の題材は、鹿児島トカラ列島に伝わる、ボゼ!

増やせ!DIYで仮面の神々。一万円の材料費で神様を何柱作れるか試してみた!第1柱「ポータブルなボゼ」 を読む

是非最後の1円を使い切るまで、お付き合いくださいませ。

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
伊豆生まれ伊豆育ち、お酒もオマツリも基本雑食ですが生魚だけは食べられません。

あわせて読みたい記事