Now Loading...
お祭りニュース

クレージー・ジャーニー必見! 奇祭列島ニッポン 6月の奇祭

クレージー・ジャーニー必見! 奇祭列島ニッポン 6月の奇祭

奇祭。それは、まさに日本文化のダイバシティ(多様性)。
今回もクレージー・ジャーニー必見、死ぬまでに行きたい(?)奇祭を、
北は青森から南は鹿児島まで、バラエティー豊かに紹介します。
6月の奇祭は春の祭り(五穀豊穣)と夏の祭り(疫病退散)の間で挟まれ、なかなかのシュール派ぞろいです。

➀キリスト祭【青森】


©2015 APTINET Aomori Pref. All rights reserved.

1935年にキリストの墓が発見された新郷村で、
この地で一生を終えたとされるキリストの御霊を慰めるため、
1964年から開催されている祭りです。

祝詞奏上の後、この地方に伝わる盆踊り「ナニャドヤラ」
(歌詞の意味は不明!!!)が行われます。全90分。
キリストを慰める祭りなのに神道式というのも何ともシュール。

■日時:6月3日(6月の第一日曜)/10:00~(慰霊祭 )
■場所:キリストの里公園(三戸郡新郷村戸来字野月33-1)
■交通:「八戸駅」から車で60分
http://www.vill.shingo.aomori.jp/

 

②蛇も蚊も(じゃもかも)【神奈川】

「悪疫退散」と「豊年大漁」を祈願し、長さ27メートルの蛇体を担いで「蛇も蚊も出たけ 日よりの雨け ワッショイ ワッショイ」とかけ声をかけて廻る祭り。町内各家の門口に蛇頭を差し入れて家の悪疫を追い出します。例え民家だろうとマンションだろうと蕎麦屋だろうと関係なし! 悪病を払う蛇に頭を噛んでもらうと、一年風邪ひかないという御利益も。本宮の道念稲荷社と原の神明社の2ヶ所で行われます。

■日時:6月3日(6月の第一日曜)
■場所:神明社/道念稲荷神社
■交通:横浜市鶴見区生麦3の13/4の27の21
http://www.city.yokohama.lg.jp/

 

➂チャグチャグ馬コ【岩手】


Copyright © City of Morioka, All Rights Reserved.

200年以上続く農耕馬に感謝する祭り。鮮やかに着飾った約100頭の馬と馬主が滝沢市鬼越蒼前神社で参拝した後、盛岡八幡宮までの約13キロの道のりを約4時間かけて行進します。みちのく岩手の初夏の風物詩でもあります。

■日時:6月9日(土)
■場所:滝沢市鬼越蒼前神社~盛岡駅前~中津川~盛岡八幡宮
■交通:「盛岡駅」
http://www.odette.or.jp/?p=1351

 

④加治木くも合戦【鹿児島】


Copyright © The Official Website of the City of Aira. All Rights Reserved.

キャッチコピーは「400年続く、蜘蛛愛——」。鹿児島県姶良市加治木町で毎年6月の第3日曜日に開催されるコガネグモ同士を戦わせる昆虫相撲の競技。①相手の尻に糸をかける、②相手の尻にかみつく、③相手の糸を切るのどれかの技をキメた蜘蛛が勝者となります。

■日時:6月10日(日)
■場所:加治木福祉センター(姶良市加治木町本町393番地)
■交通:「加治木駅」
http://www.city.aira.lg.jp/koho/miryokukanko/spider.html

 

➄一人角力(ひとりずもう)【愛媛】


Copyright © (一社)しまなみジャパン All Rights Reserved.

豊作を祈って、一人の力士が目に見えない稲の精霊と相撲を取る神事。まさに文字通りの「一人相撲」。また、16名の早乙女が白衣に赤襷、手甲脚絆という装いで田植えを奉仕する御田植祭も行なわれます。

■日時:6月18日(日)
■場所:大山祇神社(今治市大三島町宮浦3327)
■交通:「今治駅前」よりバスで約60分 → 大山祇神社前下車 → 徒歩・約1分、最寄サイクリングターミナル:しまなみの駅
http://www.go-shimanami.jp/spot/?a=226

 

 

 

あわせて読みたい