Now Loading...

熊本ラーメンをお家で作ろう!昭和30年創業の名店「桂花ラーメン」の味再現

更新日:2021/4/27 高橋 佑馬
熊本ラーメンをお家で作ろう!昭和30年創業の名店「桂花ラーメン」の味再現

熊本県ってこんなとこ

九州中央部にある熊本県。西には有明海、東には世界最大規模のカルデラを持つ阿蘇山があるなど、自然豊かな県です!観光地としては、阿蘇一帯や熊本市内をはじめ、北部の山鹿温泉、南部の人吉温泉を含む球磨地方などが知られています。また2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の一つとして、荒尾市の三池炭鉱施設と宇城市の三角西港世界遺産として登録されました!

阿蘇山熊本のシンボルの一つ「阿蘇山」と手前に広がる「草千里ヶ浜」

この熊本の名物と言えば、いきなり団子や馬刺し、からし蓮根などがありますが、熊本ラーメンもご当地名物として知られています!

豚骨ベースの「熊本ラーメン」

九州のラーメンは福岡の長浜ラーメンを筆頭に、豚骨スープが主流。その中で熊本ラーメンは、他地域と比べ太い麺を使用し、揚げニンニクやマー油などを用いてスープにアクセントを付けているのが特徴的です!県内各地に熊本ラーメンの名店がありますが、今回はその中から熊本市内の繁華街にお店を構える「桂花ラーメン」さんのお家で楽しめる商品をご紹介します!

桂花ラーメンさんは高度経済成長のはじまる1955年(昭和30年)創業のお店で、65年以上に渡り熊本の方の胃袋を満たしてきた名店です。熊本ラーメンの特徴の一つであるマー油発祥のお店としても知られています!

桂花ラーメン熊本市内の桂花ラーメン本店で筆者が食べた、ラーメンとチャーハンのセット。

この名店の味が、なんとお家でも作れちゃうんです!お土産品になっていたので、早速手に入れてきました!

桂花ラーメン

つくってみましょう!

さあ、あのお店の味を再現できるのか?つくってみましょう!

箱を開けると登場したのがこちら!麺、スープの素、マー油が2人前入っていました!

桂花ラーメン

作り方はこんな感じ!インスタントラーメンを作る要領で、簡単に作れちゃいます!

桂花ラーメン

スープの素とマー油を出してみました。良いお味のスープとなりそうです。

桂花ラーメン

2分で完成!

麺を茹でること1分半、そしてどんぶりに盛り付ければあっという間に完成です!お好みでチャーシューやメンマ、煮卵などを入れれば、より一層お店の味に近づきます!なお麺は、やや固めに茹であげるのがコツとのこと!

食べて見ると、マー油の効いたコクのあるスープがうまい!マー油の効果で香ばしさもあり、良いアクセントとなっています!太めの麺とスープの絡みも抜群です!こんなお手軽においしい熊本ラーメンが食べられるのは、お土産にも最適な商品ですね!

桂花ラーメン

■ご紹介した商品

【商品名】桂花ラーメン2食入

【価格】579円(税込)※下記店舗価格

【購入店舗】銀座熊本館

銀座熊本館

玉名大俵まつり

熊本市の西北にあり、有明海に面する玉名市。こちらで発展してきた玉名ラーメンが、熊本ラーメンのルーツとも言われています!玉名市は海苔養殖が盛んな漁師町で、海仕事で冷えた身体を温めようと、ラーメン文化が育まれてきました。その特徴は精がつく焦がしにんにく。この味に感銘を受けた料理人たちが、熊本市でラーメン店を始めたのが熊本ラーメンの発祥なのですね!

この玉名市に、大きな俵を転がし競う奇祭「玉名大俵まつり」があります!玉名の繁栄と五穀豊穣の感謝を込めて行われるお祭りとのことですが、その勇姿が市のYoutubeに上がっていましたので、ぜひご覧ください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事