Now Loading...

チーズ饅頭ってどんなお菓子?CAさん御用達の宮崎土産を実食!

更新日:2021/5/18 細山 麻実
チーズ饅頭ってどんなお菓子?CAさん御用達の宮崎土産を実食!

チーズ饅頭とは?

昭和50年代後半に生まれた宮崎県のご当地スイーツ「チーズ饅頭」は、クッキー生地の中にクリームチーズが入っている焼菓子のこと。県菓子組合の勉強会でレシピが生まれたのが始まりで、その後県内全域に広がったそう。お店によって特徴があり、外側の生地がサクサクしたものや、しっとりしたものもありますクッキーの中身はクリームチーズが一般的ですが、クリームチーズにチョコやマンゴーなどの味が加わったものもあり、好みのものが選べます。流行りのきっかけは、某航空会社のCAさんの間で、宮崎市内にある「菓子処 わらべ」のチーズ饅頭が美味しいと話題となり、テレビなどでも取り上げられるほどの人気となったそうです。「わらべ」のチーズ饅頭はクッキー生地がサクサクでほどよい甘さ。中にはクリームチーズぎっしり入っていて、チーズの芳醇な風味にさっぱりとした酸味で絶妙なバランスが特徴。筆者も宮崎に行った際は必ず予約し、購入する一品です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yusuke Watanabe(@doubleninesurf)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

りんりん(@rinrin062300)がシェアした投稿

チーズ饅頭実食レポート!

今回、購入したのは、「新宿みやざき館KONNE」で購入した「高千穂おひさまチーズまんじゅう 140円(税込)」。冷凍された状態で販売されていました。

触った感じ、外側の生地はハードな感じでした。

中には、たっぷりとクリームチーズが入っています。「おひさまチーズまんじゅう」は素材にこだわっていて、九州産の小麦粉とバター、宮崎県えびの産の新鮮な卵を使用した生地で、濃厚なクリームチーズを一つ一つ丁寧に手作りで焼き上げたこだわりの一品です。食べてみると、絶妙な甘さのクッキー生地と、酸味がさっぱりとしていて甘すぎないクリームチーズの相性が抜群! 甘いスイーツが苦手な男性でも一つペロッと食べてしまいます。ついもう一つ食べたくなってしまう魅力的な「チーズまんじゅう」でした。

どこで購入出来る? お取り寄せは?

今回購入した、「高千穂おひさまチーズまんじゅう」は、「新宿みやざき館KONNE」で購入しました。同店では、種類豊富なチーズ饅頭が販売されています。また、ネットショッピングもあるので、ご自宅にお取り寄せも可能です。

冒頭でご紹介した、「わらべ」のチーズ饅頭は、残念ながら品質重視の為、お取り寄せはしていません。ぜひ、実際に宮崎県に足を運んで、お店に立ち寄ってみてくださいね!

宮崎神宮大祭神武さま

みやざき観光情報旬ナビより

宮崎神宮の秋の例大祭(10月26日)後、最初の土日に行われる神幸祭「神武さま」。御鳳輦ごほうれん(神輿)を中心に稚児行列や流鏑馬など荘厳で加齢な行列が宮崎神宮からお旅所までの4kmの道のりを彩るお祭り。翌日は、お旅所から宮崎神宮までを行列が練り歩きます。

まとめ

いかがだったでしょうか?? 県菓子組合の勉強会で生まれた、宮崎ご当地スイーツ「チーズ饅頭」。現在ではたくさんのお店でそれぞれこだわりのチーズ饅頭を販売しているので、食べ比べをしてみるのも楽しいと思います。お取り寄せ可能なものもあるので、ぜひ一度お試しください!

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
神奈川県横須賀市在住のライター細山です!
地元横須賀が大好き!お祭りやイベントも大好きです!
全国のお祭りレポートをしながら旅に行くのが夢です!

あわせて読みたい記事