Now Loading...

「長瀞桜まつり」月日を変え長瀞の隅々を移動する桜の園

更新日:2020/6/9 obaq
「長瀞桜まつり」月日を変え長瀞の隅々を移動する桜の園

例年3月下旬から4月下旬の長期間にわたって桜の花が絶えない長瀞

埼玉県北西部の長瀞は、荒川や宝登山の豊かな自然に恵まれる県内屈指の観光スポットです。中でも3月下旬~4月下旬の時期には街全体が桜の花の彩りに包まれ、まるで桜の園のような光景が広がります。秩父鉄道の長瀞駅を囲むエリアが薄紅色一色となるのです。毎年、桜の開花に合わせて「長瀞桜まつり」が開催され、2019年は3月23日~4月28日に行われました。

桜の花に囲まれる秩父鉄道の長瀞駅

エリアを変えて約3,000本の桜の花が街の隅々までを彩る長瀞

長瀞全体では約3,000本の桜が育ち、場所と時を変えて花を咲かせる光景は「日本さくら名所100選」に数えられています。「長瀞桜まつり」は、毎年1ケ月を超える長期間にわたる実施されています。エリアごとに見頃の時期が異なるのです。最も早く開花を始めるのは街の北東部で、道光寺の岩田桜、大手の桜、法善寺のしだれ桜などは、例年3月下旬頃に見頃を迎えます。

秩父鉄道樋口駅が最寄り駅となる道光寺

秩父鉄道樋口駅が最寄り駅となる道光寺

秩父鉄道樋口駅が最寄り駅となる道光寺

秩父鉄道野上駅が最寄り駅となる大手の桜

秩父鉄道野上駅が最寄り駅となる大手の桜

秩父鉄道野上駅が最寄り駅となる法善寺

秩父鉄道野上駅が最寄り駅となる法善寺

秩父鉄道野上駅が最寄り駅となる法善寺

約4キロの桜のトンネルに変身する桜通り

長瀞の北東部に続き、例年4月上旬に桜のピークとなるのが、秩父鉄道長瀞駅周辺のエリアです。駅から北の北桜通りは約2.5キロ、南の南桜通りは約1.5キロにわたって隙間なく、ソメイヨシノを中心に桜並木が続くのですから圧倒されてしまいます。頭上には桜の花びらが何重にも重なり合い、長い桜のトンネルに迷い込んだかのようです。南桜通りには秩父鉄道の線路沿いの区間があり、桜並木を走り抜けるSLの姿を見ることができます。

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から北に約2.5キロの桜並木を作る北桜通り

秩父鉄道長瀞駅から南に約1.5キロの桜並木を作る南桜通り

秩父鉄道の線路沿いの南桜通り

南桜通りの線路沿いの桜並木

南桜通りの桜並木を走り抜けるSL

南桜通りの桜並木を走り抜けるSL

秩父鉄道長瀞駅に停車するSL

北と南の桜通りが桜のトンネルに変身する頃には、長瀞駅の東西に育つ桜も満開となります。長瀞駅の西方には宝登山が聳えています。駅舎から山麓の宝登山神社への参道の左右も薄紅色の桜で彩られます。参道の南の野土山も桜の花で覆われます。また長瀞駅の東方には荒川が流れ、その東岸に広がる井戸地区の桜並木も見逃せないでしょう。

宝登山神社の参道

宝登山神社の参道

宝登山神社の参道

宝登山神社の参道

宝登山神社の参道

宝登山麓の桜並木

宝登山麓の桜並木

宝登山神社参道の西で桜の花に覆われる野土山

宝登山神社参道の西で桜の花に覆われる野土山

宝登山神社参道の西で桜の花に覆われる野土山

宝登山神社参道の西で桜の花に覆われる野土山

宝登山神社参道の西で桜の花に覆われる野土山

荒川の東岸に広がる井戸地区の桜並木

荒川の東岸に広がる井戸地区の桜並木

「長瀞桜まつり」の最終盤を飾る通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」の期間中で最も多くの人々が訪れるのは長瀞駅周辺が桜の園となる時期ですが、出遅れてしまった人を救ってくれるのが、宝登山麓の不動寺近くの通り抜けの桜です。このエリアのヤエザクラが、見頃となるのは例年4月中旬から下旬です。宝登山ロープウェイの山麓駅にも近く、桜の花の間をゴンドラが上下します。

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」期間中の最終盤に見頃を迎える通り抜けの桜

通り抜けの桜の間を上下する宝登山ロープウェイ

ライトアップされ夜空にファンタジックに浮かび上がる桜の花

「長瀞桜まつり」では、長期間にわたって広いエリアで桜の花を楽しむことができますが、魅力はそれに留まりません。いくつかのスポットで夜間のライトアップが行われ、夜空にファンタジックに浮かび上がる桜の花を楽しむことができるのです。2019年には、道光寺の岩田桜で3月23日~4月7日に、北桜通りで3月30日~4月14日に、通り抜けの桜で4月13日~4月28日にライトアップが行われました。

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる北桜通りの桜並木

夜間にライトアップされる通り抜けの桜

夜間にライトアップされる通り抜けの桜

夜間にライトアップされる通り抜けの桜

夜間にライトアップされる通り抜けの桜

夜間にライトアップされる通り抜けの桜

「長瀞桜まつり」は、例年3月下旬から4月下旬の1ケ月を超える日程で開催されています。長瀞の街は1ケ月を超える時間をかけてエリアを変えながら桜色に染め上がっていきます。特に長瀞駅の南北に延びる桜通りは、約4キロの桜のトンネルに変身し、その姿には圧倒されることでしょう。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事