Now Loading...

いくつ知ってる?「お祭り」をモチーフにしたユニークなご当地キャラ3選!

いくつ知ってる?「お祭り」をモチーフにしたユニークなご当地キャラ3選!

みなさん、5月11日が「ご当地キャラの日」であることはご存知でしたでしょうか!? その地域の特色を豊かな表現力でキャラクター化したご当地キャラは、みんなの人気者。数あるご当地キャラの中でも、今回は「お祭り」にちなんだ選りすぐりのキャラクターをご紹介したいと思います!

実は存在した! お祭りにちなんだ「ご当地キャラ」

「ご当地キャラの日」は、滋賀県彦根市に本部を置く一般社団法人日本ご当地キャラクター協会が、地域の活性化を目指し、街を元気にするご当地キャラクター(キャラ)同士の連携を深め、それぞれのローカルキャラクターを全国に発信することを目的として、5と11で「ご(5)当(10)地(1)」と読む語呂合わせから、制定したそうです。(「一般社団法人 日本記念日協会」ホームページ」より)。

ご当地キャラといえば、2000年代より活躍する「ひこにゃん」(滋賀県彦根市)、「くまモン」(熊本県)、「バリィさん」(愛媛県今治市)といったところが有名でしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

よしき(@ysk_fk8)がシェアした投稿

かわいらしくもあり、どれも個性的なご当地キャラクターの数々ですが、その造形は、地域の特産品や、歴史、ダジャレなどがモチーフになっています。もちろん、その土地のお祭りにちなんだご当地キャラクターも探してみると、けっこうたくさんいるんです! というわけで、オマツリジャパン編集部が厳選した、お祭りご当地キャラクターをお祭りの内容とともに、ご紹介したいと思います!

ハネトンと「青森ねぶた祭」

青森市観光キャラクターの「ハネトン」は、「跳人(はねと)」と「豚(とん)」が融合したご当地キャラ。公式の説明では、「青森市のPRのため、青森ねぶたのハネト姿で、「Happy花笠」をかぶり、全国各地をハネ回って」いるそうです。下の写真の左端の子が「ハネトン」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひらやま(@hirayama1122)がシェアした投稿


「跳人」というのは、花笠と浴衣をまとって、ねぶたの周囲を集団でぴょんぴょん跳ねる、青森ねぶたにはなくてはならない存在。 「〜トン」という響きが、跳人が軽やかに飛び上がる様を表しているようで、ネーミング的にもピッタリな印象です。

「ハネトン」もPRしている「青森ねぶた祭」は、青森県青森市で毎年8月2日から7日にかけて開催される、言わずと知れた青森を代表する夏祭り。市内を練り歩く何体ものど迫力なねぶたと、それを盛り上げる跳人たちの熱気に、思わず心がじゃわめぐ(心がざわめいて高揚する感情)はずです! 昨年は惜しくもコロナで中止となってしまったのですが、令和3年は新型コロナウイルス感染症対策をして開催されるとのこと。詳しい情報は、青森ねぶた祭公式ホームページからご確認ください。

「青森ねぶた祭」を紹介した記事はこちら

さっこちゃんと「盛岡さんさ踊り」

東北を代表するもう1つ祭りといえば、岩手県盛岡市の「盛岡さんさ踊り」。実はこのさんさ踊りにもご当地キャラがいたんです……! それがこちら(写真右)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tetsutabicafeがシェアした投稿


さんさ踊りの特徴である、体の前に抱えた大きな太鼓をモチーフにしたキャラクター。頭に載せる花笠も再現されていて、なんとも可愛らしいですね。さんさ踊りの「さっこらちょいわやっせ」という掛け声を彷彿とさせるネーミングですが、公式には「幸を呼び込む」という意味があるのだとか。ちなみに趣味は「うたっこ娘の人たちと「太鼓の達人」のゲームで遊ぶこと」だそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北限の羊(@northern_sheep)がシェアした投稿


「盛岡さんさ踊り」は、毎年8月1日〜4日に、盛岡市中央通にてパレード形式で行われる大規模なお祭り。さっこちゃんのモチーフになっている太鼓の他、踊り手、笛も含めた2万人の群舞に圧倒されます。「日本一の太鼓パレード」とも言われ、数多くの太鼓が盛岡の街中に鳴り響きます。令和3年は感染防止策を講じた上での開催が決まっています。詳しくは盛岡さんさ踊り公式ホームページをご確認ください。

「盛岡さんさ踊り」のフォトレポートはこちら

こにゅうどうくんと「大四日市まつり」

三重県四日市市で、毎年8月第一土日に開催される「大四日市まつり」は、諏訪太鼓・御諏訪神輿・ドリームパレード・おどりフェスタ・郷土文化財行列等の多彩な行事が繰り広げられる、四日市を代表するお祭りです。そんな大四日市まつりに関連するご当地キャラクターがこちら!

その名は「こにゅうどうくん」。市制100周年(1997年)の記念の年に生まれた四日市市のマスコットキャラクターで、大四日市まつりに登場する名物的存在、「大入道(おにゅうどう)」の子どもという設定です。年齢は「(永遠の)6さい」ですが、好物が「鍋料理」であったり、宝物が「コンビナート夜景」であったりと、子どもらしからぬ粋な嗜好性が光ります。

祭りは二日間にわたって開催され、初日は「おどりの日」として獅子舞などの「踊り」関連の芸能が披露され、二日目には「郷土の文化財と伝統芸能の日」として市内各地に伝わる民俗行事などが披露されます。令和3年の「大四日市まつり」は中止が決定してしまったようですが、来年の開催に期待したいところです。

「大四日市まつり」のお祭り情報はこちら

ぜひお祭り会場で探してみて

お祭りの会場を歩いていると、まれに今回ご紹介したようおなご当地キャラクターに出会うことができます。ご当地キャラとの触れ合いも、お祭りの楽しみの1つ。次の訪れたお祭りで、ぜひ探してみてください。

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事