Now Loading...

21世紀の奇祭“セルフ祭”が12月19日に「セルフ祭大博覧会」を開催

21世紀の奇祭“セルフ祭”が12月19日に「セルフ祭大博覧会」を開催

コロナ渦で祭りを自粛していた「セルフ祭」が、2年ぶりにアート作品の展示を中心とした「セルフ祭大博覧会」を2021年12月19日に開催する運びとなった。
尚、「セルフ祭大博覧会」は、文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業となっている。

表現者たちのために!表現できる場を提供「セルフ祭大博覧会」

2012年から始まり10周年を迎えるセルフ祭は、新型コロナウィルスの影響もあり、開催予定だった祭りは2年連続中止。ニコニコ生放送の番組として、オンラインセルフ祭を開催し、表現をし続けることを諦めずに凌いできた。
時代がオンラインに移る中、芸術作品を通じた空気感、肌感覚、熱気などオフラインでしか生まれない直接的な表現の場がコロナの影響でなくなった。
表現の場を失い、いつまでこの状況が続くかわからず、もがいている表現者達の今。「諦めずにそういう状況の中だからこそ表現できる場としてチャレンジしてもらいたい」という想いから、「セルフ祭大博覧会」を開催することとなった。

新世界市場の活気をとりもどす

また、戦前から創業し、戦後復興も自分たちの手でした100年以上の歴史がある新世界市場。コロナ過で全国的にイベント等の自粛、閉店する商店。セルフ祭は、10年以上、表現の場を提供し続けてくれた新世界市場の活気と経済の循環としてもセルフ祭大博覧会を開催する意味は大きいと考えた。そして、新世界市場も今回の大博覧会の開催に快諾した。

《セルフ祭 コメント》
「戦中戦後の先がわからない時代を生き抜いてきた新世界市場やそこに生きる人々。現在コロナ過で世界中が答えのない時代で表現し続けている人々。
何か通ずるものがあると感じています。
そして私たちは生き抜けると信じています。」

21世紀の奇祭と呼ばれる「セルフ祭」とは?

セルフ祭の様子セルフ祭開催開始のふんどしテープカットは、新世界市場の最年長。

大阪通天閣からすぐの創業約100年『新世界市場』。約半数がシャッター街となった商店街のアーケードや空き店舗を活用し、2012年から商店街の復興や表現の場として若手アーティスト達が「セルフ祭」を開催している。
飛び入りステージや前衛的、奇抜なアート作品の展示や出店で「21世紀の奇祭」と呼ばれるようになった。また、クリエイティブアウォード関西2017年度グランプリ受賞の実績もある。

セルフ祭大博覧会 概要

【セルフ祭大博覧会】 文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
開催日:2021年 12月19日(日)
会 場:新世界市場(通天閣のすぐ近く)
時 間:12:00〜18:00
入場料:100円(新世界市場内、空き店舗会場内のみ)
アクセス:大阪市浪速区恵比須東1-22-8新世界市場
公式HP:https://self-matsuri.wixsite.com/selfmain
主 催:セルフ祭実行委員会
プログラムディレクター:山林卓
総合ディレクター:コタケマン
協 賛:新世界市場

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事