Now Loading...
インタビュー

ラテン魂!極彩色のセブ島シヌログ祭り 地元旅行ブロガーにインタビュー!

ラテン魂!極彩色のセブ島シヌログ祭り 地元旅行ブロガーにインタビュー!

フィリピン セブ島といえば、今一番の人気リゾート。美しい海、のんびりした人々。英語が通じること、近さと安さから、語学留学で滞在する人も多いですよね。

そのセブ島が一変、熱狂の渦に包まれるのが、毎年1月第3日曜に行われるシヌログ祭り。国内外からも数百人が訪れるフィリピン最大のお祭りなのです。

現地に住む友人、旅行ブロガーのニックノックくんに、このお祭りについてインタビューしてみました。

1.シヌログ祭りとは?

質問:このお祭りでは何をするの?

ニックノック:シヌログは宗教的祭りと文化的祭りの入り混ざったもので、フィリピンが植民地化される前、キリスト教の伝来を祝うためのお祭りです。フェルディナンド・マゼランがサントニーニョ(幼ないキリスト)の像を贈呈し、現地人が改宗したことを祝うもの。現在ほとんどのフィリピン人は敬虔なカトリック教徒ですが、それが受け入れられたのは、セブの川の流れを表す現地の踊りという形を通してでした。ダンスのステップは、2歩前に進んで1歩下がる、という動きですが、これは祝祭のダンスの基本の動きとして取り入れられています。

この動きがよくわかるのが、こちらの映像。シヌログという言葉はセブアノ語の「Sulog」が語源。「川の流れのような動き」を意味し、身体を前後に動かすシヌログダンスを表しています。

ニックノック:このお祭りは、正式には「ノベナ」と呼ばれる9日間にわたる祈祷の最初の日に始まります。9日目か、1月の第3土曜日、セブシティの大通りや海でサントニーニョの像を祀ったパレードが執り行われ、数百人の信者が参加します。

1月の第3日曜日には、シヌロググランドパレードが開かれ、色とりどりの衣装に身を包んだ各地区のチームが路上をパレード。路上パーティも開かれます。

衣装も派手ですが、音楽もとにかく大音量。ドラムやトランペット、ゴングのリズムが町中に鳴り響きます。

2.世界中のパリピ集結!大騒ぎのシヌログ祭り。

シヌログといえば、顔も体もペンキを付け合う様子が有名。街を歩けば、秒殺でペンキまみれです。

質問:何か特別な思い出はありますか?

ニックノック:初めてシヌログ祭りに参加した2015年のが最高でした。初めて見たときは衝撃的で、それまで参加したことのある祭りでは体験できないものでした。僕ももっと若くて、パーティによく行っていたのですが、その時のシヌログはもうパーティそのものでした。

フィリピン人はパーティが大好き!現地の若者に「休みの日は何をするの?」と聞くと、「パーティに行く!」と即答。友人だけでがありません。

ファミリーを大切にするフィリピン人は、何かにつけて親戚が大集合。多くの家にカラオケマシーンがあって、ほっておくとすぐに大宴会が始まります。

リズム感抜群、アジア唯一のラテン国フィリピン人にとって、音楽、ダンス、派手な衣装、そして大騒ぎのできるシヌログは、もう最高のお祭りなのです。

3.その根底に流れるものは…

でも、実際のルーツと、そこに流れる思いは、フィリピン人の信仰心のようです。

質問:お祭りの魅力は何?

ニックノック:自分にとっての魅力は、信者の敬虔な信仰心です。ほとんどの人は9日間の祈祷期間を守り、毎日欠かさず各々の幼いキリストの像を持って踊ります。それぞれのグループが自分の部族の踊りを踊るという文化的な側面も好きです。

大航海時代以降、スペイン、アメリカ、そして日本と様々な国の支配を受けてきたフィリピン。だからこそ、民族を意味する衣装や踊り、タガログ語やビサヤ語などの現地の言葉での表現はとても大切なもの。今でこそカトリックが深く根付いていますが、国中がそれを祝うのはとても大きな意味を持ちます。とっても明るいフィリピン人ですが、日々の生活や祝祭は神様への感謝に満ち溢れています。

4.楽しむのも命がけ!シヌログ参加の注意点

質問;シヌログに行ってみたいという日本の読者の皆さんにメッセージをお願いします。

ニックノック:シヌログは日本のお祭りとは全然違うものだと思います。もともとは文化的、宗教的祭典ですが、フィリピン人はもっと現代的なテイストで、アメリカの影響の強いものになりました。例えば、お祭り騒ぎのパーティや過剰な飲酒が問題になったり。それで今では路上での飲酒は政府により禁止されています。

日本の皆さんにメッセージですね、騒がしいパーティやクレイジーな群衆が好きでないならば、あまり人混みがない場所にいることをお勧めします。セブシティの大通りにはいかないほうがいいです。でもパーティが好きならば、シヌログはあなたのためのお祭りです。

ニックノックくん 旅行ブログ https://nikdottravel.wordpress.com/

美しいビーチで撮ったアーティスティックな写真満載。写真を見るだけでもフィリピンに行きたい気持ちがむくむくと沸いてきます。

さて、シヌログに行くには、

  • 1.ドロドロ覚悟!汚れてよい服装で!(現地でシヌログTシャツを買うのがお勧め!)
  • 2.スリなどの犯罪に気を付けて!お財布の中身は最小限に
  • 3.携帯電話使用禁止ゾーンがあります。友達とははぐれないように
  • 4.路上飲酒禁止なので気を付けて!
  • 5.そして、とにかく楽しんで!

 

人気のセブ。来年はぜひタイミングを合わせ、灼熱のパレードに参加してみませんか?

 

開催概要:期間と場所

クライマックスは毎年1月第3日曜日に行われるGrand Parade (グランドパレード)

例年セブ中心街のスポーツセンターあたりからスタートします。

その前の土日2日間は以下の内容で開催

金曜日 Traslacion (サントニーニョ教会からマンダウエ市経由、ラプラプ市までパレード)
土曜日 Fluvial Parade (マクタン島海上のボートパレード)
Fluvial Procession of the Miraculous Image of the Sto. Nino(セブ市下町のパレード) 

 

シヌログ オフィシャルサイト https://sinulog.ph/

 

written by
リエコ

リエコ

阿波踊りが大好きです。
古いものが好きすぎて、日舞や歌舞伎を見て、味噌やら醤油やら作って、もう自分が何歳かわかりません。

あわせて読みたい