Now Loading...

【スタートアップハナビ】コロナ禍でも開催できる花火大会を6月に岩手で開催!

更新日:2021/6/14 愛木 敬介
【スタートアップハナビ】コロナ禍でも開催できる花火大会を6月に岩手で開催!

コロナ禍が続く2021年。今年も既に花火大会の中止決定が相次いでいます。
今年も花火が見れないのか・・・。残念。しかし、ただ残念と言っている場合ではありません。
2年も収入が途絶えた花火業界は、存亡の危機が訪れています。
何でもかんでも中止というだけでなく、コロナ禍でも出来るように工夫した、ウィズコロナに対応したスタイルの花火大会を企画・発信し、日本の花火消費を推奨する本企画を告知させてください。
心が華やぐ、あの夏へ・・・

花火業界は20年よりも21年が危ない!

みなさんご存じの通り、2020年は花火大会がことごとく中止。
花火会社の売り上げは9割ダウン。みんな休業状態。花火師さん達は別の仕事に就いて生活しています。年を明けた2021年は、少しは良くなるかと思いきや・・・・2021年も、既に中止決定ラッシュ。

想像してみてください。1年の収入が9割ダウン。それが2年も続いたら・・・・
多くの花火屋さんは、休業から“廃業”になってしまいます。
花火業界には、GOTOはありません。仕事が奪われ、事実上の強制休業にもかかわらず、公的支援は乏しいのが現状です。花火屋さんがみんな潰れて、今まで毎年普通に見れていたものが、まだまだ何年も見れないとなったら寂しいですよね(泣

花火の消費機会を創り、花火を上げようという機運を盛り上げ、花火製造を少しでも続けて欲しいと願っております。その為の取り組みとして、ウィズコロナに合わせたスタイルの、小規模でも満足できる中身の濃い”花火大会”を開き、それを世間にアピールしたいのです。

何故花火大会が開けないのか?

①不特定多数の人で密になる。
②会場外の無料客の動線をコントロール出来ない。

この二つが主要因です。
どこの花火大会でも同じなのですが、有料エリアより無料エリアの方が、警備・ゴミ処理費用が膨大なのです。それが予算を圧迫し、平常時の年でも花火大会の開催を難しくしています。

ならば!花火を支援してくださる方のみを会場へお招きし、場所も支援者さんのみに開示すれば、それらの問題を解決できます。見たい人が対価を払い花火を見るようにする。
既存の大規模大会は無理、シークレットではみんなに見せられない、となれば上記の方法が花火開催の唯一の方法となります。

今この状況で、花火をタダで見せてというのは、廃業寸前の飲食店でタダ飯を食べさせて!というのと同じです。
花火師たちは、花火で生活出来てません。たくさんの花火師たちが離業し、日本の高い花火技術が失われます。それを止めたいのです。もしみなさまに、花火に対して”好き”という気持ちがあれば、支援という形にして助けて欲しいのですm(__)m

花火のチカラ

花火の力って凄いと思いませんか?!
老若男女、あらゆる身分の人が平等に、花火の前ではみんな笑顔になります。「良かった!感動した!!」と、ずっと楽しいまま心に残っています。機械は壊れるけど、楽しかった想い出は壊れずにずっと残ってるはずです。
“花火大会”は、心がワクワクするイベント。今、苦しい状況にあっても、花火を見ている時だけは忘れて楽しくなれます。体も心も活性化!花火が上がれば、そこはパワースポット!

日本の花火は世界に類を見ないほど、精巧で美しい。
いつの時代も、日本の花火はみんなに愛され続けています。決して”不要不急”では無いです!
今回の”スタートアップハナビ”を盛大に打ち上げる事により、たくさんの人が花火を待ち望んでいるんだ!と世間にアピールをし、今年は花火大会を開く!という風潮を全国に広げる事に、一緒にチャレンジ出来れば嬉しい限りです。

ひとりひとりの力が世間を変える

自分ひとりが支援したって・・・・
な~んてネガティブな思考はNGですよ( `ー´)ノ☆

ひとりひとりの力が組み合わさり、それが世間を変えるコトが出来るハズです!
年中、たくさんの人を笑顔にしている花火師。その花火師は困り果てている。なのに、笑顔にしてもらった市民は何もせず、そのまま花火屋は潰れてしまう・・・・なんて、悲し過ぎると思いません??無慈悲だと思いません???
“好き”と言う感情を、支援と言う”形”にして、花火師さんへ今までの感謝を少しでも返したいと思っています。その為には、皆様のご支援が必要です。

こうゆうスタイルの花火大会を出来るんだ!と解ってもらえれば、ウチでもやってみようと奮起する方々が出てくるかもしれません。そうすれば花火師の仕事が増え、100年以上の歴史を持つ花火技術の継承に役立つハズです。

競技会並み!豪華なラインナップ全国16業者の”芸術玉”

一業者だけでは無く、たくさんの花火業者さんを応援したい想いから、クラウドファンディングで、自分の好きな花火業者の玉をリクエストできるコースを設けました。好評で、たくさんのリクエストを頂きました!
お陰様で、九州、四国、東海、甲信越、関東、東北16業者の”芸術玉”が32発打ち上げられます!
(4号玉8発、5号玉24発)
競技会並みの内容です。普通の花火大会ではお目にかかれない、豪華な内容になっております。

フィナーレでは、大曲地域6社の玉を使用した、扇打ち(放射状に打ち上げ上空でワイドになる)スターマインを披露します。保安距離が近く、迫力満点のワイド花火を体感できます!

6月12日(土)岩手中部の某所です。

花火の打ち上げ前には、岩手の郷土芸能”鹿踊り”の披露も行います!
打ち上げ会場と時間は、支援者さんにのみ開示しています。
お一人様¥5,000で、入場権利お渡しするシステムにしており、中学生以下無料、高校生以上¥3,000にしております。

当日は、支援者様以外は会場へ入れないように、免許証による本人確認を致します。

花火に¥5,000は高いと思われるでしょう。
しかし・・・・・
お値段と言うのを一旦隅に置いといて・・・
“買う”のではなく”支援”という概念で捉えてもらいたいのです(-人-)
花火玉以外の費用は全て私個人の負担ですので、皆様のご支援は全て花火玉へと昇華します。
一発でも多く、眠ったままの花火玉を綺麗に咲かせて、人々に笑顔になってもらいたいです。どうか、ご支援をお願い致しますm(__)m

以下のメールにてお受けしております。
[email protected]
主催者kei_aikiのインスタグラム
https://www.instagram.com/kei_aiki/?hl=ja
のメッセージでもお受けしております。

花火屋さんの困窮は、世間の想像以上なのです。
助けて下さいm(__)m

 

愛木 敬介
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
花火が大好きです。みんなが笑顔になれる花火の楽しさを、伝えていきたいです!

あわせて読みたい記事