Now Loading...
マツログ

七夕の意味を子どもでも分かるよう解説&家族でオススメの七夕祭り!

七夕の意味を子どもでも分かるよう解説&家族でオススメの七夕祭り!

もうすぐ七夕。各地で七夕まつりも開催され、お祭り好きにとっても嬉しい季節。浴衣を着るのも楽しみです。ところで、皆さんは「七夕」や「短冊」の由来や意味について気になったことは ありませんか?
筆者もそうですが、「小さい頃に教わったけど、はっきりと覚えていない。」なんて人も多いの ではないでしょうか。そこで今回は七夕の由来から飾りの意味まで徹底調査!子どもから大人までみんなで楽しめるよう、分かりやすく解説します!

そもそも七夕の意味って?

情報収集に選んだのは図書館!情報の「質」にこだわるなら、やはり出版物ではないでしょうか。

情報収集に選んだ図書館

まず手始めに広辞苑を開いてみると…

五節句の一つ。天の川の両脇にある牽牛星と織女星とが年に一度相会するという、七月七日の 夜、星を祭る年中行事。中国由来の乞巧奠(きこうでん)の風習と日本の神を待つ「たなばたつ め」の信仰とが習合したものであろう。奈良時代から行われ、江戸時代には民間にも広がった。 庭前に供物をし、葉竹を立て、五色の短冊に歌や字を書いて飾りつけ、書道や裁縫の上達を祈る。 七夕祭。銀河祭。星祭
出典:広辞苑(岩波書店)

とあり、中国と日本のミックスカルチャーであること、かなり昔から親しまれていることが理解できます。
棚機女(たなばたつめ)」は日本古来の風習で、秋の豊作を願い、神様に着物を織る女性のこと。「乞巧奠(きこうでん)」はおり姫にあやかりはた織りや裁縫の上達を願う中国の風習だそう。
しかしこの説明ではまだまだ言葉が硬いですし、一般的な可愛らしいイメージも浮かんできませんね。

 

七夕の言い伝え&おり姫とひこ星

もっと分かりやすく噛み砕いたものは…ってことで、足は児童書コーナーへ。そこで発見したのが、小学生向けの百科事典「21世紀こども百科(小学館)」
開いてみると…

七夕は、昔、中国から日本に伝わった星祭りです。ひこ星と、織りひめという男女の星が、天の川をはさんで向かい合っていて、この2つの星が、1年に1度、7月7日にだけ会えるという言い伝えから、祭りが始まりました。
出典:21世紀こども百科(小学館)

おお、さすがに分かりやすい!これなら子供でも分かる良い説明ができそうだ!ということで読み進めていくと、七夕の言い伝えについても書かれていました。

全て紹介すると長いので、筆者がさらに要約したものがコチラ
“はた織りが上手な神様の娘『おり姫』と働き者の牛飼いである『ひこ星』は、神様の引き合わせで結婚し仲良く過ごしていましたが、楽しさのあまり仕事をせずに遊んでばかり。激怒した神様は天の川の両端に引き離してしまいましたが、悲しさのあまり元気をなくした2人を見かね、7月7日を年に1度だけ会える日として許しました。”

経験からでしょうか。大人になって改めて触れるこの言い伝えには奥深さを感じますね。
いつの時代も男女仲には似たようなトラブルが付きものなので、子どもにも教訓として伝えておきたい話でもあります。

さらに読み進めると、おり姫・ひこ星についての説明と7月7日の日付の由来も。

夏の夜、8時ごろに東の空を見上げると、3つの明るい星が見られる。それらの星を線で結ぶと大きな三角形ができる。これを「夏の大三角」という。(中略)ベガは織りひめ、アルタイルはひこ星にあたる。これらの星は7月7日ごろにいちばんよく見えることから、七夕の言い伝えが始まった
出典:21世紀こども百科(小学館)

夏の大三角

ロマンチックですねー。7月7日の夜には東の空をお見逃しなく!

 

七夕飾りや短冊の由来は?

だいぶ理解できてきましたが、ここまでくれば七夕まつりに欠かせない飾り短冊についても知りたいところ。ということでさらに児童書コーナーを探したところ、なんと紙しばいコーナーにて重要書類を発見!タイトルは「なぜ、七夕にささかざりをするの?(童心社)」

内容は前述の「21世紀こども百科」と似ていますが、こちらはさらに小さいこども向けなので、絵で表現されていて分かりやすい。読み進めていくと、平安時代の貴族や江戸時代の庶民を描いた絵と共に、七夕飾りについての説明が登場したので、一部を抜粋。

人々は「織りひめさまのように、はた織りやおさいほうが上手になりますように」「織りひめさまのように願い事が叶いますように」と、野菜やくだものをそなえて、おまつりをするようになりました。やがて、いつしか人々は「上手に字が書けますように」「織りひめさまのように願い事が叶いますように」と、ささや たけに五つのいろのたんざくをかざるようになりました。
出典:なぜ、七夕にささかざりをするの?(童心社)

この紙しばいでは、貴族たちが短歌を書くための短冊に願い事を書いたことが大元で、時代が流れるにつれて形を変え、江戸時代には詩歌や手習いの上達を願うようになったという感じで説明されていました。
短冊の五色は中国から伝わった陰陽五行説に由来し「青=礼」「赤=仁」「白=義」「黄=智」「紫=信」を表しているそうで、願い事の内容によって色を決めればより叶いやすくかもしれません。
に飾るのは丈夫で不思議な力を持つとされることからだそうで、それぞれにちゃんと意味があるんですね。
七夕まつりの飾りもこれらを意識して見てみるとより楽しめそうです。
時代と共に進化していった風習も、流行を取り入れた七夕飾りに繋がっているのかもしれませんね。

 

家族でオススメの七夕まつり!

みなさん七夕を楽しむための知識はこれで準備オッケーでしょうか?ここからは家族で楽しめる2つの七夕まつりをご紹介します!

子供が絶対喜ぶ【湘南ひらつか七夕まつり】はド派手な七夕飾りがライトアップ!

平塚(神奈川県)で開催されるこの七夕祭りでは、人気キャラクターなどのユニークな七夕飾りが大人気!
ポケモン、ハローキティ、新幹線やジブリに妖怪ウォッチと、子どもが大喜び間違いなしのラインナップに加え、
稀勢の里や錦織圭などの世代を超えて人気のスポーツ選手も飾られ、家族みんなで楽しめること間違いありません。
夜にはライトアップされて街を幻想的に彩りますので、非日常感を楽しめてきっとお子さんの思い出にも深く残るはず。
横浜駅まで電車で30分、東京駅や新宿駅までは約60分ですので、東京近郊であれば夜の早い時間に帰れるのも嬉しいポイントです。

湘南ひらつか七夕まつり出典:湘南ひらつか七夕まつり

【2018開催情報】
日時:2018年7月6日(金)~8日(日)
場所:JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
アクセス:JR東海道線「平塚」駅より徒歩すぐ

大きな飾りにグルメも充実の【仙台七夕まつり】は雨でも安心!

江戸時代から伝わる竹と紙で作られた七夕飾りをのんびり楽しむことができるこのお祭り。
大きな飾りの彩りが印象的で、筆者も幼い頃に行った時の様子を今でも鮮明に思い出せます。
雨が多く、時には雷雨にもなる8月に開催されますが、仙台七夕まつりのメイン会場はアーケード内ですし、
駅構内にもたくさんの七夕飾りが吊るされますので、雨の日でも濡れることなく楽しめます
ベビーカーや小さなお子さんと一緒に雨に降られると大変ですが、地下道もうまく使って回避できるのでその点は安心ですね。
お祭り広場ではご当地グルメも楽しめますし、駅でも買える「ずんだシェイク」は我が家の子供達も大好き!

仙台七夕まつり出典:仙台七夕まつり

【2018開催情報】
日時:2018年8月6日(月)〜8日(水)
場所:仙台市中心部
アクセス:JR 各線・仙台市営地下鉄「仙台」駅より徒歩すぐ

大きなものを2つご紹介しましたが、七夕の時期には地域の商店街などでも七夕祭りが開催されます。
ぜひお近くで開催されるものに足を運び、家族で短冊に願い事を書いてみてくださいね。
筆者も我が子がどんな願い事を書くのか、今から楽しみです。

written by
イケちゃん

イケちゃん

フジロックと阿波踊りが好きな2児の父親です

あわせて読みたい