Now Loading...

博多銘菓の「鶴乃子」!110年以上愛されるお菓子の食感はマシュマロ!?

更新日:2021/5/19 高橋 佑馬
博多銘菓の「鶴乃子」!110年以上愛されるお菓子の食感はマシュマロ!?

福岡ってこんなとこ

九州北部に位置する福岡県。県庁所在地の福岡市には100万人を越える方が住むと言った大都市を抱え、貿易港や韓国との定期船があるなど、アジアへ開かれた玄関口として機能している県です!また玄界灘や瀬戸内海と言った海、筑後山地と言った山を持ち、豊かな自然も魅力の1つ。食に目線を移せば、長浜ラーメンにもつ鍋、水炊きに明太子など数えきれないほどの名物があります!その中から今回はお土産としても人気の「鶴乃子」をご紹介していきます!

中州屋台福岡の観光地の1つ「中州屋台街」。2018年9月、筆者撮影。

110年の歴史を誇る「鶴乃子」

鶴乃子は、1910年に誕生した、110年以上の歴史を誇る博多銘菓です!この商品をつくるのは、1905年(明治38年)創業のお菓子屋「石村萬盛堂」さん。初代善太郎さんの、商品には「独創」、オリジナリティをと言う想いから誕生した商品とのことです!どのような商品なのでしょうか?

鶴乃子

鶴乃子は老舗の銘菓と言うことで、全国の百貨店等で販売されています。今回は日本橋三越さんで入手してきましたので、実食レポートでご紹介していきます!

鶴乃子

まるでマシュマロのよう!?

鶴乃子、外袋から出すとこんな感じで個包装されています。

鶴乃子

さらに開けて見ると、白くまあるいシルエットが!

鶴乃子

それを半分に割ると、中からは黄色の餡が!まるで卵のような見た目はかわいらしいですね!

鶴乃子

食べて見ると、ふわっとした食感に、さっと進むくちどけ。この感覚はまるでマシュマロのよう!ちょうど良い甘さでもあり、次々に食べたくなっちゃいます!鶴乃子、まさに美味な長く愛されてきたお菓子ですね。ぜひこの味わいをお試しください!

■ご紹介した商品

【商品名】鶴乃子 4個入

【価格】440円(税別)

【購入店舗】日本橋三越本店

玉せせり

鶴乃子がつくられる福岡市のお正月に欠かせないお祭り「玉せせり」。日本三大八幡の1つ「筥崎宮」のお祭りです!その内容は裸の男達が玉を取り合うと言うもので、他にはない奇祭ではないでしょうか!幸運を授かる玉を取り合う様子が、朝日新聞社さんのYoutubeで紹介されています。ぜひご覧ください!

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事