ニュースリリース

『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』の 開催を支援いたしました~伝統芸能とデジタル技術の融合~

作成日:2021/2/9
更新日:2021/2/10
『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』の 開催を支援いたしました~伝統芸能とデジタル技術の融合~

この度オマツリジャパンは、杉並区を中心とする高円寺地域の観光による地域振興を目的とした高円寺観光推進協議会の構成団体として、高円寺地域で行われている郷土芸能・阿波おどりと、プロジェクションマッピング等の先進的なデジタル演出を掛け合わせた『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』の開催を支援致しました。

なお、本公演は新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、一般公開はせず報道関係者のみに公開を致します。多くの皆様にご覧いただける時機が来るまでの間、より一層完成度を高めてまいりますので、どうぞご期待ください。

プレスリリースはこちら

『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』特設ページはこちら

取組の背景

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2020年8月に開催を予定していた東京高円寺阿波おどりは中止となり、高円寺地域では年間を通じて開催している行事やイベントも相次いで中止・規模縮小を余儀なくされています。また地域の商店街においても休業・縮小営業等で大幅な売り上げ減に見舞われている店舗も多く、苦しい状況が続いています。
このような現状の中で、新しい生活様式に適合し、プロジェクションマッピング等の先進的なデジタル演出で、鑑賞体験の高付加価値化を実現した舞台公演を開催する運びとなりました。
本事業は展開することにより、東京高円寺阿波おどりに誘客を図り、誘客後には地域商店街等への送客を行うという、地域と阿波おどりが一丸となってコロナ禍に向き合いながら、それぞれの事業継続を目指しての取組です。

『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』概要

『光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+』と題し、下記2部構成にて実施予定です。
尚、チケットの一般販売は行わず、報道関係者のみに公開する都合上、公演日時は非公開とさせていただきます。

公演名: 光も踊る 東京高円寺阿波おどりplus+
場所 : 座・高円寺(杉並区立杉並芸術会館)杉並区高円寺北2-1-2
     【第一部】2階 カフェ「アンリ・ファーブル」
     【第二部】地下2階 座・高円寺2
URL  : https://www.koenji-awaodori-plus.com
主催 : 高円寺観光推進協議会
連携 : 杉並区/特定非営利活動法人東京高円寺阿波おどり振興協会/株式会社ネイキッド
株式会社オマツリジャパン/東武トップツアーズ株式会社
協力 : 高円寺商店街連合会/座・高円寺/高円寺阿波おどり連協会

第一部:座・高円寺喫茶

高円寺阿波おどりの活動本拠地であり、杉並の文化・芸術発信の拠点でもある「座・高円寺」2Fのカフェ「アンリ・ファーブル」にて、地元の味を楽しみながら阿波おどりをはじめ「杉並高円寺の人・モノ・こと」などをざっくばらんに、そして深く語る交流会です。

第二部:高円寺阿波おどり × NAKED -Groovy Waves-

クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」と阿波おどりの新しい共演。鳴り物や掛け声の“音”と光が連動したプロジェクションマッピングで、リアルとデジタルを融合した新感覚の阿波おどりをお届けするとともに、高円寺と阿波おどりの歩みなどの歴史を紹介します。
リアルとデジタル、今と昔が融合した、五感で感じる阿波おどり公演です。

高円寺観光推進協議会について

新しい生活様式に応じた形で阿波おどりの定期公演を再開すると同時に、プロジェクションマッピング等の先進的なデジタル演出を掛け合わせ、鑑賞体験の高付加価値化を実現するため、下記構成員により組織されました。
杉並区(区長:田中 良)
特定非営利活動法人東京高円寺阿波おどり振興協会(理事長:久保田 潤一、所在地:東京都杉並区)
株式会社ネイキッド(代表取締役:村松 亮太郎、所在地:東京都渋谷区)
・株式会社オマツリジャパン(代表取締役社長:加藤 優子、所在地:東京都渋谷区)
東武トップツアーズ株式会社(代表取締役 社長執行役員:坂巻 伸昭、本社:東京都墨田区)

※本事業は、観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施しています

株式会社オマツリジャパン

この記事を書いた人

株式会社オマツリジャパン

資料請求 お問合せ